竜が最後に帰る場所

著者 :
制作 : くまおり 純 
  • 講談社
3.63
  • (64)
  • (156)
  • (153)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 925
レビュー : 177
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062165105

作品紹介・あらすじ

闇の中から一歩、また一歩と光射す方へ誘われる、「夜市」の著者の新たな到達点にして最高傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 5話収録の短編集。

    「風を放つ」
    短めの一話目。
    ちょっとした悪戯心からしたことに、手痛いしっぺ返しを食らうんじゃないかとドキドキひやひやしたけれど、さらりと終了。ほっとするやら気が抜けるやら。

    「迷走のオルネラ」
    現実の狂気に満ちた事件から、虚実入り混じった物語へ。
    救いを与えるふりをした救いのないお話。

    お話自体に関係ないけれど、
    並行読みしていた「経眼窩式」とかぶる設定があって混乱。
    オルネラという文字になんとなく「ねこひきのオルオラネ」を思い出した。あちらはお爺さんだけど。

    「夜行の冬」
    怖くて幻想的な夜行の光景に、一行に加わりたいと誘惑される。
    結末は好きではないけれど。
    飲み込む闇より、闇に飲み込まれた心が怖い。
    自分が同じ立場でも、同じことをするだろうなと思うのも怖い。

    「鸚鵡幻想曲」
    一番好きなお話。展開に驚いた。
    意外な「偽装集合体」を「解放」したところで終わらず、さらに鸚鵡目線でお話が続く。
    解放者への復讐と、おとぎ話で王子様が呪いを解かれるような結末。
    50ページ強でこれだけ練りこんで、散漫にもならず過不足もない。すごい。

    「ゴロンド」
    竜の半生記ともいえるファンタジー色の濃い一篇。
    彼らが最後に帰った場所はどこだろう。
    広げた想像の翼が起こす風が彼らのもとにも届いたら、
    いつかまた毛無し猿の末裔に会いに来てほしい。

    • まっきーさん
      九月猫ちゃんへ

      私もね…
      「夜行の冬」の一行に加わりたいと思ったんです。
      でもラストがおぼろげにしか覚えていないので、いつか再読し...
      九月猫ちゃんへ

      私もね…
      「夜行の冬」の一行に加わりたいと思ったんです。
      でもラストがおぼろげにしか覚えていないので、いつか再読してみようかな♪と思ってます。

      恒川推しで布教していたので、ファンが増えて、とってもうれしいです(o^∀^)
      では、またね~☆

      2014/07/01
    • 九月猫さん
      まっき~♪ちゃん、こちらにもコメントありがとー!
      お返事はそちらの本棚にφ(・ェ・o)~行くね☆
      まっき~♪ちゃん、こちらにもコメントありがとー!
      お返事はそちらの本棚にφ(・ェ・o)~行くね☆
      2014/07/02
  • 本屋さんで「素敵な表紙の本だなぁ…」と手に取ったら、恒川光太郎さんの新刊でした!
    そのままレジへ。

    今回も幻想的な美しさを纏った短編集でした。
    「夜行の冬」は恒川さんらしいホラー…ページから冬の風が吹いてきたようにぞくり。
    「鸚鵡幻想曲」が一番好みでした。
    終わり方が救われるから、でしょうか。

    気付けば恒川さんの本は全部読んでるなー…。
    ホラーなのに読めちゃうのは、お盆に飾る回り提灯のような世界の美しさに酔ってしまうから。

  • 人間のドロドロとした部分を描いた作品が多かったように思います。
    恒川光太郎さんは、人間の欲とか悪意を容赦なく描き出すから読んでいて気分が悪くなることも…
    それに恒川ワールドが加わるとなんとも不思議な世界観になるんだけど。
    最初の三編はドロドロで、最後の二編は幻想的で不思議な気持ちになりました。

  • 表紙…どうよ?今までと雰囲気が…違う。

    だが、内容は好きなタイプで一日で読破。軽くて読みやすい。
    『風を放つ』はイマイチ。『迷走のオルネラ』現実的なストーリーで珍しい…と思ったが、途中から奇妙な方向へ反れっていった。
    『夜行の冬』は完全なる恒川ワールド全開。こういう話を書かせるとピカイチで、私はこういう恒川さんが好き。だが尻すぼみに失速感、ラストをもうすぐ捻ってほしかった。
    『鸚鵡幻想曲』これが一番好きです。「偽装集合体」「解放」…少し恋愛も入っていて、楽しめた。
    『ゴロンド』進化の記憶、前世の記憶、太古の記憶、私たちの中にもこの記憶があるから、懐かしく思う。

    前作よりずっと楽しめた。

    • まっきーさん
      九月猫ちゃんへ

      こんにちは。
      おぉ~!読み終えましたか!(は、早い!)

      「鸚鵡幻想曲」面白かったの記憶に残ってます。
      「夜行...
      九月猫ちゃんへ

      こんにちは。
      おぉ~!読み終えましたか!(は、早い!)

      「鸚鵡幻想曲」面白かったの記憶に残ってます。
      「夜行の冬」も鳥肌立ったけど、今はもうどういう最後だったのか…
      ぼんやりとしか覚えていません。
      九月猫ちゃんと話したら、また再読してみようかな~と思っちゃいました。

      「雷の季節~」はしっかりした世界観で描かれているから
      じわじわと来ますよ♪確かに「新世界より」の里の雰囲気に似ているかも。

      「夜市」や「草祭」「秋の牢獄」もなかなかいいですよ~(o^∇^o)
      恒川さんハズレなしですよ。(私は2冊途中で挫折したことがありますが・汗)

      恒川さん大好きです♪恒川ワールド楽しんでね(o^∀^)
      2014/07/01
    • 九月猫さん
      それがねー、雑用に追われ、眼精疲労に苛まれ・・・で、お話はおもしろいのに
      集中できなくて時間かかっちゃったのよー(^^;)
      (現在も続い...
      それがねー、雑用に追われ、眼精疲労に苛まれ・・・で、お話はおもしろいのに
      集中できなくて時間かかっちゃったのよー(^^;)
      (現在も続いて同じ状態で「雷の季節・・・」が進まない~っ!)

      まきちゃんも「夜行」に加わりたいと思ったんだね。(こちらにお返事まとめるね)
      怖いけれど、次の町の新しい生活って魅力的だなぁって思っちゃうよね。
      現実には「次の町」に行けないから、いろんな人生を覗いたり味わったりできる
      読書という行為が好きなのかもしれない・・・なーんて。

      「夜市」の他にもおススメありがとう♪
      「秋の牢獄」はかなり気になっていたので、ぜひ読みます!

      恒川ワールドに招いてくれて、ありがとう~♪
      2014/07/02
    • まっきーさん
      九月猫ちゃん。

      そっかー。忙しさと眼精疲労大変ですね…。
      「雷の~」は何気にページ数多いから、他の作品よりも時間かかった記憶がありま...
      九月猫ちゃん。

      そっかー。忙しさと眼精疲労大変ですね…。
      「雷の~」は何気にページ数多いから、他の作品よりも時間かかった記憶があります。

      眼精疲労やドライアイつらいよね(ノДT)
      読書ますます進まなくなりますよね。目お大事になさってください。


      >現実には「次の町」に行けないから、いろんな人生を覗いたり味わったりできる
      読書という行為が好きなのかもしれない・・・なーんて。
      いやいや、本当に九月猫ちゃんの言うとおりだと思います!
      物語の中で旅をしたり疑似体験出来たりするので、読書って本当に癒し入ってるな~と思います♪

      私もね、九月猫ちゃんの本棚から刺激をただいているので、いつもありがとうね~って思ってますよ(o^∀^)
      2014/07/03
  • 随分前に読んだものを久し振りに再読、あらためて感動。
    とくに表題作は秀逸。
    5歳の生き物好きの子供に読み聞かせたい。

  • 面白かった!
    これってジャンルはなんなんだろう?ホラー?ダークファンタジー?
    「風を放つ」特に何も起こらなかったな…とちょい不満。高尾さんが主人公の陰口叩いてたのガッカリしたけど、人間とはそういうものかもしれん。
    「迷走のオルネラ」暴力シーンに苦しくなりながら、マスター・ヴラフの選択に唸りました。ただ殺したりする復讐よりも、怖い。
    「夜行の冬」超おっかない。おっ、ちょっと楽しげな雰囲気来たな、と思った直後の暗転すごい。私も同じことをしてしまうと思う。
    「鸚鵡幻想曲」アサノの手つきがなんだかエロティック。面白い発想ですね。一番好きだったかもしれない。ラストがなんだかファンタジーな感じで良い。
    「ゴロンド」ゴロンド可愛いよキュワワ可愛いよ。彼らが到達した場所に行きたい。

  • 読みやすく、それぞれ毛色の違う作品を収めた恒川光太郎の短編集。共通するテーマは「解放」だと思うのですが、「解放」のニュアンスが作品によって違っています。

    「風を放つ」と「迷走のオルネラ」はリアリズムの手法で描かれ、幻想は現実の裏に仄めかされる形で提示されています。

    「夜行の冬」は「秋の牢獄」を彷彿とさせる物語で、初期からの読者には懐かしさを覚える方も多いのでは。

    「鸚鵡幻想曲」はシュールレアリスム的な表現と奇想が光る話。

    「ゴロンド」で描かれるのは、人間とは別種の生き物の生と帰巣。ル・グィン好きの私はアースシー世界をちょっと思い出してしまいました。

  • 恒川光太郎初読み。5編の中短編から成る幻想的な作品集。とっても面白かった!5編全部外れなし。「迷走のオルネラ」「鸚鵡幻想曲」が好き。「鸚鵡幻想曲」はヒッチコックの映画『鳥』が何故か脳裏によぎった。タイトルの意味は最後まで読んだらわかるけど、胸の奥がきゅんとなった。文庫になったら買おうと思った。いい本に出会えた。2011/558

  • 鸚鵡の話が一番好きです。
    不思議で、でもどこか冷たい感じが良い。

  • 独立した短編集5編
    迷走のオルネラは途中で展開が分かってしまい残念でした。話はダークですが童話の教訓話のようで面白かったです。
    5編のなかでは鸚鵡幻想曲が一番好きです。これで終わりかな?とおもったあとにも続きがあり単調だったお話が二重構造になり最終的に丸く収まる感じが読んでいてとてもスッキリしました。この人の話はダークなものが多いのでたまにはこんなハッピーエンドもいいなと思いました。

  • 読み終わった直後はうまく言葉にできなかったけど、こういう作品、好きです。

    「なんでこうなる?」「これはなにを伝えたいのか?」なんて論理的に読み解く作品も大好きでよく読みますが、この作品は楽しみ方が全く違うと思う。

    目の前の絵画を、出自や主張なんて能書きは気にせず、ただその色彩やモチーフを味わう。
    そんな読み方をしたい作品です。

    時間が経てば経つほど、じわじわ好きになる。

  • 「夜行の冬」が特に最高でした。
    やはり恒川さんは夜の闇に潜む得たいのしれない、だけどどこか心惹かれるものを書かせたら天才だと思いました。

  •  「風を放つ」
     学生時代、アルバイトで印刷会社で働いていたぼくは、高尾さんという先輩と親しくなるが、事情があり印刷会社を解雇されてしまう。数日後、マミーと名乗る見ず知らずの女性から電話が……。高尾さんのケータイにあった番号を、高尾さんの彼女が浮気と疑ったためだった。
     なんとなく、会話がはずみ、マミーから会おうと持ちかけられる。悩みに悩んだ末、高尾さんに打ち明けることにしたぼくだったが……。
    「迷走のオルネラ」
     クニミツが10歳のとき、母が家に連れてきた男性宗岡。ドイツ製の車を運転し、おしゃれで、人目でクニミツのことも気に入ってくれた様子だったが、やがて暴言や暴力が目立ち始め、母と子の2人の生活に危機が訪れる。
     ある日、別れ話を切り出した母に、宗岡は豹変。クニミツは鍵のかかる自室にこもり、母は110番通報をするが……。
    「夜行の冬」
     少年時代、夜中に鈴の音や、人の話し声を聞いたぼくに、祖母は「あれは、夜行様の行進で、外に出てはいけない」と語ったものだった。
     大人になり、祖母も両親も失ったぼくは、11月の真夜中に再び鈴の音を聞くことに。音の正体を確かめたくなったぼくが、祖母の忠告も無視して外に飛び出すと、そこには真っ赤なコートを着た、骸骨のような女性と、彼女にぞろぞろついていく人たちがいた。いつしか、自分もその中の一人となって歩き出したぼくを待っていたのは……
    「鸚鵡幻想曲」
     デパートで電子ピアノを手に入れた宏に、どこかで見ていたように声をかけてきた男。彼はアサノと名乗り、カルチャースクールのピアノレッスンへ宏を勧誘しようとしたが、断ると、ごちそうするから一緒にお昼を食べようと、巧みに宏を誘い出した。また会おうという誘いにも、怪しさを感じて、今度こそ断ろうと出かけた先で、宏がアサノから聞きだしたこととは……
    「ゴロンド」
     五千匹の仲間とともに、池の中の半透明の膜の中で生まれたゴロンドは、やがて水の中に泳ぎだした。大きな魚に追いかけられたり、鷺にくわえられそうになったり、少し大きくなれば、仲間と共食いし合ったり……次々危険な目にあいながら、逃げ、隠れを繰り返したいたゴロンドはぐんぐん大きくなっていく。やがて、身体も大きくなり、足がはえ、水かきができてきて……
     恒川ワールドをたっぷり楽しめる5編


     ホラーというよりは、怪しくて不思議な物語。「夜行の冬」は、いかにも恒川さんという感じだが、あとは……う~ん、うまくコメントがかけません。
     やっぱり好きなのは「夜市」と「草祭」かなぁ~。もちろん、異世界を味わいたい人にはおすすめです。

    • まっきーさん
      はじめまして。
      こんにちは。

      最近恒川さんちょっと変化してますよね。
      夜市、草祭や秋の牢獄あたりが、好きでした。

      これからど...
      はじめまして。
      こんにちは。

      最近恒川さんちょっと変化してますよね。
      夜市、草祭や秋の牢獄あたりが、好きでした。

      これからどうなるのか楽しみな恒川ワールドですね。


      なぎさんの本棚は素敵だな…と思いました。
      フォローさせてください。
      2012/07/24
    • なぎさん
      まっき~♪さん、フォローありがとうございます。
      本棚ほめてくださってありがとうございます。
      軽めの本多いし、表紙で読んでるようなとこもあり、...
      まっき~♪さん、フォローありがとうございます。
      本棚ほめてくださってありがとうございます。
      軽めの本多いし、表紙で読んでるようなとこもあり、お恥ずかしいのですが…。

      恒川さん、私も初期の頃が好きです。
      最近は絵本も手掛けられたみたいですね。
      子ども版「夜市」という書評を読んで気になっています。

      今後ともよろしくお願いします。
      2012/07/24
  • この人の文章はそこそこ。第一作、夜市の「風の古道」が好きな自分としては(多いと思うけど)、パラレルワールドというか、現実からずれた異世界に迷い込んでしまうという仕組みの物語が秀逸な作家だと思う。
    奇譚に近いのは「夜行の冬」だけれど、今回はハッピーエンド(のような)鸚鵡幻想曲が好き。

  • ミステリアスな短編5篇。
    さらっと読める不思議ちゃん系。ホラー?ともミステリー?ともファンタジー?ともいえるような。

    「風を放つ」
    バイト先で知り合った社員の彼女から電話がかかってくる。
    甘えた感じの、生意気な女。
    彼女は人を殺せる魔法の小瓶を持っているのだという。
    彼女と待ち合わせをしてすっぽかし、その後数年してから彼女のことを思い出す。

    「迷走のオルネラ」
    なんというか、けっこういかれた話。
    DV男に母を殺される。男の狂気がかなり怖い。逃げる少年が見た、男の手の血にぬれた包丁。
    男の娘の描いた漫画を読む。刑務所から出てきた男を洗脳する。
    つながりがよくわからなかった。

    「夜行の冬」
    これ、面白かった。
    冬の夜に、真っ赤なコートに、赤い帽子をかぶり、長く黒い髪の夜行さんが行く。彼女についていけば、別の世界に行くことができる。ただし、遅れると闇に食われる。
    奇想天外な設定だけど、妙な説得力がある。
    最後には余韻がある。しかしどう解釈してよいのやら。

    「鸚鵡幻想曲」
    かなりヨイ。これがよかったので、★4つ。
    「偽装集合体」を「拡散」できるという男に出会った私は、男に拡散され、鸚鵡20匹になってしまう。なんとまぁ、自分で書いてみてもおかしな話なんだけど(笑)
    南の島にわたり、ヒトから見えぬ者として、暗躍する。そして、女に恋をする。

    「ゴロント」
    水中から陸へ。そして大空へ羽ばたいて。
    最初、蛙になるんだと思ってた。
    最後の話だけ、他の4編と違ってだいぶファンタジー。

  • ん、この本なんだかとても不思議に面白いよう。なんだろ、このへんてこりな読書感。ちょっとファンダジっぽい雰囲気が漂うのが、わたしと合っているのかなあ。とにかく、とっても不思議でむずむずと面白い感覚。ふーむ。この作者、他にはどんな本があるのかなあ。興味が湧いてきた。ここのところ、新しい作家さんへの興味なんて全然湧かなかったので、こりゃ良いことだ。たぶん。すまんこってす。

  • 風を放つ ★★★★迷走のオルネラ ★★★★★夜行の夜 ★★★★★鸚鵡(オウム)幻想曲 ★★★★★ゴロンゴ ★★★

  • 現代の中の幻想短編集。やっぱり鸚鵡が印象深いかなあ……あー、でも夜行も捨てがたい。現代でいきるわたしたちの隣にある不思議でちょっと怖い感じがとてもシビレル。乙一のファンタジー路線が好きな人は面白いかもしれません。おすすめ。

  • 90:収録されている五つの物語は、バラバラなようでいてどこか根っこでつながっているような気もします。日常とはほんの少しだけ違うところにいる、人にあらざるものと人との物語は、まさに恒川節。シゲ君の物語で始まり、日常と非日常の境が揺らいでいく感覚に酔っているうち、いつしか視点が大きく変化していることに気づきます。俯瞰というか、主観から客観というか、すごく心地のいい浮遊感で、けれど物語は最終的に、ひとりの少年の視点に戻ります。読後に残る切なさや後ろ髪を引かれる思いが、物語にどれだけ浸っていたかを示す証のようで、ふと現実にかえったときの覚束なさに「してやられた!」と嬉しい悔しさを感じるのです。

  • 短編集。鸚鵡の集合体、発想がすごい。

    2018.6再読。

  • 夢か現か幻か…。五つの不思議なお話が収録された短編集です。
    母を殺めた男への復讐譚「迷走のオルネラ」と、集合体の解放と旅立ち「鸚鵡幻想曲」が印象的。 
    幻想的で美しい描写や、ファンタジーとも言える世界観が素敵だなぁと思います。
    アクの強さやクセもないので、不思議なお話をすんなりと素直に読むことができました。

  • 全体的にあまり印象に残らず。
    短編でさくさく読み終えられるかと思いきやずるずる引き伸ばして3日位かかってしまった。この世界観はあまり楽しめなかった。

  • 全て名作。
    あえて決めるなら夜行が好き。恐ろしいのに、体験したくなる不思議なお話。

  • 後半3つが比較的面白かった。
    でも、なんやかんやで読み終わるまで2ヶ月もかかった。なんか手につかなかったんだろうなぁ。
    Kindleで読んどけど、本は買わないかな。暇な人は夜行の冬から読むのがオススメ。

  • 2017年11月8日に紹介されました!

  • うーむ。
    やっぱり長編でじっくり読みたい。
    恒川ワールドは、ちょっと薄め。

  • 短編集。
    恒川ワールド全開で、あっさり読める。
    鸚鵡の話と竜の話が印象に残った。
    日常にさりげなく混ざった不思議な出来事や、違う時間軸、
    ありえそうだなと思える世界観が癖になる。

    おたまじゃくしだと思っていたら、まさか竜だったとは。笑

  • ファンタジーっぽい短編集。

    ・バイトの先輩の彼女と電話越しにやり取りする話。ガラスのビンに閉じ込められた妖精は果たして本当に実在するのか。
    ・幼いころ自分の母親を殺したDV男に復讐する話。復讐の方法が有る意味ありがちである意味斬新。
    ・夜に来る不思議な行列に混ざる話。混ざっていく先には別の人生がある。
    ・擬装集合体の話。鸚鵡は南の島に行く。
    ・竜に似た生き物の話。棲家を求めて行く先。

  • この不思議感良い

  • 5つの短編集。
    わたしの知ってる恒川さんの作品とは趣の異なっているものもあって、それはそれで良かった。「夜行の冬」が1番「らしい」感じがした。怖いからかしら?
    「迷走のオルネラ」の復讐の方法が独創的で凄い!こう来たかって唸った。
    「鸚鵡幻想曲」アサノの拡散の手つきが官能的だなあと思ってしまった。仕返し?的な展開も少し痛快でした。割と読み終わったあと寂寥感があるのですが、この作品はちょっと暖かい気持だった。

全177件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竜が最後に帰る場所のその他の作品

恒川光太郎の作品

竜が最後に帰る場所を本棚に登録しているひと

ツイートする