言わずに死ねるか!日本車への遺言

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062165297

作品紹介・あらすじ

愛するがゆえ日本のクルマに喝!
日本の世界戦略車を育てたい/小型ディーゼルエンジンの可能性/いま乗ってみたい小型車/軽自動車の健全な進化を提案する/若者のクルマ離れをくい止める/日本の自動車産業を牽引した先人に学べ!/世界に誇る日本のサプライヤーの技術力/止まらない下請けの海外流出を憂う/先進国並みの交通警察を実現してほしい!……ほか

第1章 大転換期を迎えたいま…… 日本のクルマはどこへ行く?
第2章 これでいいのか国産車! 自動車メーカーへの苦言・提言
第3章 メーカー各社の デザイン戦略とヒットカーづくり
第4章 いまも忘れられない クルマ業界の異能・鬼才・傑物たち
第5章 クルマづくりを支える サプライヤーの比類なき底力
第6章 交通行政にもの申す! 豊かなクルマ社会づくりへの遺言
【巻末付録】 いま買うべき日本車は? 三本和彦のぶしつけ批評

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ほぼエッセイですが、いい提言も結構あります。徳大寺有恒氏に関するエピソードが、本人談と微妙に異なるような。過去話が多めなのは、歳のせいなのでしょうか。

全2件中 1 - 2件を表示

三本和彦の作品

ツイートする
×