抱影 (100周年書き下ろし)

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (5)
  • (18)
  • (26)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 138
感想 : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062165358

作品紹介・あらすじ

赤レンガ倉庫。関内のバー。運河に映るハーモニカハウス。外国人娼婦たち。港町の裏表を見つめてきた硲冬樹は、人妻、響子から死期が近いことを聞かされる。硲は、彼女の裸身に、だれも目にすることはない作品を刻みつけることを決意する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白くて一気に読んだ。文体が自分にあってるような気がした。ストーリーに出てくるシチューや肉じゃがの料理、葉巻やウイスキーの水割りなど、読んでいて追体験したくなる。これは優れた小説には必要な要素でないかと思う。内容は我々が生活している”日常”に対して”非日常”の裏社会が描かれているが、間違いなくファンタジー的な非日常でなく今我々が生活しているそばで営まれている”非日常”にとてもリアリティーを感じた。最後は主人公の望む完璧なラストシーンだが我々”日常”の側の人間には理解できない世界だと思う。

  • 抱影とは響子の思いをずっといだいて、絵を描き続けたということか。
    この小説の落とし所、結末はどうなると思いながら読んだが、刺青までは良かったと思う。
    結末は少し寂しい。

  • 横浜で酒場を経営し抽象画を描く主人公。画、酒、女、友情…。設定が変わっているが、こだわりと矜持は共通している。やっぱり北方ワールド。生きることに執着がない(なくなった)主人公、最後はやはり破滅に向かう…。

  • 北方はこんなにつまらん物語を書くようになったのかと落胆した。歴史物とエッセイは面白いのだがね。ネタが余りにも安直過ぎるよな。こんなんが続くようだったらハードボイルドは引退した方がいいよな。

  • なんとなくハードボイルドな気分で読んだ
    気分と酒があってたのか心地よい気分。
    北方作品は、あつく何処までもまっすぐだ
    だから心に染み入るのか?
    p316-317が気に入った。

  • 初めて読んだハードボイルド。生と性と暴力、死、絵画。

  • しぶいなあ…
    私には全然接点のない世界、生き方の主人公なんだけど、何か共感できる部分もあるという…面白かった!

  • 北方久しぶりのハードボイルド。横浜で酒場を4軒経営する主人公。彼は画家でもある。最後は女体へ刺青を残すとともに破滅へ向かう。

  • ラジオ版学問のノススメで知った。自分の住む日常の世界とは違う世界をつかの間旅することができた。

  • 男による男の為の作品、という感じでたまにこういうのを読むのも興味深くていいけど、まあ、あくまでその程度の感想と印象、という内容。

    主人公の生活を見ておおこれが男なら心の中で憧れるような生活かぁ、と。他人の評価を求めて描いているわけではないのに画家として高評を得、だからお金も潤い、そして収入源として経営している飲み屋はどれもこれも繁盛し、「仕事」と言えばそれらの店の巡回。50過ぎているのに自分に惚れ込んでいる38歳の女を好きな時に好きなように相手し、それでも「唯一の綺麗なもの」なんて若い頃から大切にしているプラトニック愛(しかも女性も同感っぽい)まで抱いている・・あり得ますか?(笑)

    いや、小説はもちろん現時的でなくてもいい。そして、女性の私だって、大沢や白川が書くようなしびれるようなセリフを吐く主人公がいるハードボイルド小説が好きだ。でも、これはさすがにないよね・・と本作品は思ってしまった。

    もっとケチをつけると、想いを昇華させる方法が入れ墨ですか??!!と幻滅。美しかったはずのプラトニックが、一気に俗っぽいヤクザ作品になった気が。そんな事で満足して死んで行く女は、いません絶対。

    想像か、本当かは別として抽象画家の抽象画を書く過程を描いている所はとても面白かった。自身が画家じゃないのに、よくこんな事描写できたなー、と。

    信司の事はストーリー上特に要らないと思ったが、まあ、アクションとヤクザと、主人公の結末の為に必要だったんだろうな、と。主人公の最後が予想外だったが、物語を完璧に完結させた、という点ではこれで良かったかも。

    と、ケチをつける事にかなりの楽しみを得られる作品、という点では読んでよかったし、なんだかんだ言って話の行方は気になったのでどんどん読めた。☆3つでも良かったが、肝心な所がなんかいまいちだったので2つに。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北方謙三

一九四七年、佐賀県唐津市に生まれる。七三年、中央大学法学部を卒業。八一年、ハードボイルド小説『弔鐘はるかなり』で注目を集め、八三年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞、八五年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。八九年『武王の門』で歴史小説にも進出、九一年に『破軍の星』で柴田錬三郎賞、二〇〇四年に『楊家将』で吉川英治文学賞など数々の受賞を誇る。一三年に紫綬褒章受章、一六年に「大水滸伝」シリーズ(全五十一巻)で菊池寛賞を受賞した。二〇年、旭日小綬章受章。『絶海にあらず』『魂の沃野』など著書多数。

「2021年 『道誉なり(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×