天女湯おれん これがはじまり (100周年書き下ろし)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (7)
  • (12)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 80
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062165662

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 火事に見舞われたおれんさんが、その後一緒に働く仲間と出会う物語。

  • 天女湯が舞台の人情話後の天女湯おれんシリーズの始まり。江戸の町を焼き尽くした大火の後、雄雄しく湯屋と裏長屋の再興に向けて奮闘するおれんと周囲の人々を描く。文政十二年、江戸の町を焼き尽くす大火によって、おれんは、義父も湯屋も失ってしまう。幕府が作ったお救い小屋で生活を始めるおれん。しかし、気風の良さで天女と慕われる彼女のもとには、ここでも次々と厄介事が持ち込まれるのだった。湯屋と裏長屋の再建のため、懸命に走るおれんを描く、爽快な人情話。 2012/10/15 図書館 読了。

  • “色事”の話が多くてちょっと好みから外れる。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/9131116.html

  • 文政十二年、神田から発した大火が江戸の町を焼き尽くす。八丁堀の「天女」と慕われるおれんが働く湯屋も、長屋も焼け、行方知れずの義父、想い人…。それでも庶民たちは、再興を目指し元気に立ち上がるが、悪事をはたらく者たちもいる。湯屋再建のため懸命に道を探るおれんの周りには、いつも人が、そして厄介事も集まってくる。

  • はなしがかんたんすぎるような気も。

  • 「天女湯おれん」から2年ほどさかのぼり,様々な「いわく」が説明される。
    養父の湯屋が焼けた落ちた大火,火事で失われた命,焼けた町とその再興,天女湯を支えることになる(それこそ「いわくつき」の)面々との出会い,そして天女湯の開業と隠し部屋を作った所以。。。
    「天女湯おれん」とどちらを先に読むべきか(つまり,物語の時系列順か,出版順か),迷うところだが,ここはやはり出版順かな。

  • L 天女湯おれん1

    お鳥見女房からみると、若いおれんのせいかなんだか剣がある感じ?初っ端からの大火事に度肝抜かされ、義父の死と想い人の死は惜しい。多彩な面々と湯屋を再開したところで終わっているので次巻に期待。ただおれんの性格上落ち着きない感じ進みそうな予感が…。もっとしっとり感があってもいいのにな。

  • 焼け出されたおれんが湯屋を再建するまでの道のりを描いたもの。

  • きっとサブタイトル通り、これから続くくのかなぁ。
    とりあえず期待ということで。
    でも、あの人、あの人が退場しちゃったのは勿体無い、というか驚き。
    あと、おれん自身が、前より若くなった印象。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

諸田玲子

静岡県生まれ。上智大学文学部英文科卒。一九九六年『眩惑』でデビュー。二〇〇三年『其の一日』で吉川英治文学新人賞、〇七年『奸婦にあらず』で新田次郎文学賞、一八年『今ひとたびの、和泉式部』で親鸞賞を受賞。著書に『お鳥見女房』『あくじゃれ瓢六』『きりきり舞い』シリーズのほか、『四十八人目の忠臣』『波止場浪漫』『帰蝶』『女だてら』『尼子姫十勇士』『しのぶ恋』など多数。

「2021年 『恋ほおずき 完全版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諸田玲子の作品

ツイートする
×