子どもを医学部に合格させる父親はこうやっている――親が医者でもわからない今どきの受験事情

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062166324

作品紹介・あらすじ

お父さんが受験生の頃とは違います。プロ直伝、我が子を人生の勝者にする「戦略編」「哲学編」「実践編」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私立大学の医学部が難易度でみてイメージ以上に難関であることを再認識した。
    内容としては、ひとつひとつの記述にハッとする点が見られたが、全体的にテーマが分散しているように感じられた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

岐阜県下呂市生まれ。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)英語学科卒業。医系予備校「進学塾ビッグバン」主宰歴18年、河合塾英語科講師歴32年。教え子の数は延べ8万人以上にのぼる。1979年に『京都よ、わが情念のはるかな飛翔を支えよ』(集英社)で第3回すばる文学賞受賞。2010年より神奈川歯科大学客員教授。『年収600万、子どもの偏差値40以上なら、医学部に入れなさい』『子どもを医学部に合格させる父親はこうやっている』(ともに講談社)のほか参考書、問題集、小説など多数の著作がある。

「2014年 『逆算式勉強法なら偏差値40でも医学部に入れます』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松原好之の作品

ツイートする
×