ミッドナイト・ラン! (100周年書き下ろし)

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (3)
  • (22)
  • (17)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062166959

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画「バニシングポイント」を思い出した。ジェットコースタームービーさながら、楽しく読めました。

  • 樋口明雄作品。今回は山と犬には全く関係ない、純粋な娯楽小説。ハチャメチャで主要登場人物みんな何かいかれてる。
    映画にするならアクションコメディーといった作品。

    ネットで集まった5人。彼らは年齢も性別もバラバラ。集まった目的はただひとつ…心中である。山の中、車で一酸化炭素自殺を結構しようとする矢先、一人の少女が助けを求めてきた。その少女はヤクザに追われていた。成り行きで助けた5人は、今度は未成年者誘拐未遂の罪で指名手配されていた。ヤクザ、悪徳警官、そして彼らの背後にいる謎の人物。
    そして4日目、ヤクザ、警察、FMラジオ局、一夜限りの祭りが始まる。

  • 主人公たちもヤクザも被害者も悪徳警官もFMパイレーツの面々もハチャメチャだけど、独特の疾走感があって、一気に読ませる。映像化向きの内容。
    ガンマニアで、トリガーハッピーの三下ヤクザの加藤だとか、元暴走族で空色のタクシーで宙を舞う運転手鴨下だとか、組員の頭を金属バットでかち割る覚醒剤と麻薬でいかれてしまった組長の田辺だとか、ユニークな人物が次々に登場。内容は暴力的だが、どことなくユーモラスで、深刻な感じがしないで、楽しく読める。

  • ハチャメチャ。
    たまにこのような小説を読むのも良いな。

  • 集団自殺サイトで、知り合った男女が少女を助けた事でヤクザ、警察から終われる事に…
    2011.11.16

  • ネット心中で集まった5人が,少女を助けると,
    どういうわけかヤクザと警察から追われることになる。

    将来のない主人公が後先考えずに大暴れするという,
    分かりやすいストーリー。
    ヤクザと警察がまんがっぽくてリアリティがない。

  • ネット集団自殺で集まった何のつながりもない5人・・・。
    練炭自殺をするために山奥へ入りいざ実行へ。

    が!!
    突然ヤクザから逃亡中の少女が現れやむなく中断。
    少女を助けるはめになり、ヤクザからも警察からも追われる身に。

    集団自殺を呼び掛けた圭太、アルコール依存症の松井、鬱病の
    沙希、仕事の失敗から借金をした原、脳腫瘍を抱える入江・・・。


    最初の方は面白かったですが、途中からありえないくらいめちゃくちゃになってしまってついていけなかったかも。
    でも、面白いです。

    人間死ぬ気になれば何かできるさ。
    やっぱり人生からは逃げられないですね。
    だったら前向いて走ろ。

  • まさにミッドナイトラン!走り抜けるように読み切った。
    突っ込みどころは多々あれどそんなことお構いなしに読んじゃえ。

    ネットで集まった自殺集団たちがやくざに追われた子を助けるっていう出だしから引き込まれる。
    ラストもすっきりしてるしさらっと何かを読みたいときにオススメ♪

  • 集団自殺を試みた集団が、ヤクザに追われる女性を救った事から繰り広げられるドタバタストーリー。FMラジオのパーソナリティが、ヤクザと警察から逃げる彼らを助けるあたりは、沢田研二(ジュリ〜)が主演した映画「太陽を盗んだ男」を彷彿とさせて、わくわくします。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年山口県生まれ。明治学院大学卒業。雑誌記者を経て、87年に小説家デビュー。2008年『約束の地』で、第27回日本冒険小説協会大賞、第12回大藪春彦賞をダブル受賞。2013年刊行には『ミッドナイト・ラン!』で第2回エキナカ大賞を受賞。主な著作に『狼は瞑らない』『光の山脈』『武装酒場』『酔いどれ犬』『ドッグテールズ』『竜虎』など。有害鳥獣対策犬ハンドラー資格取得。山梨県自然監視員。

「2018年 『クリムゾンの疾走』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミッドナイト・ラン! (100周年書き下ろし)のその他の作品

樋口明雄の作品

ツイートする