THE WAR 異聞 太平洋戦記

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (2)
  • (15)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062167222

作品紹介・あらすじ

太平洋戦争は今なお謎に満ちている!東京大空襲にも真珠湾攻撃にも、史実ならざる"真相"があった!『下山事件 最後の証言』以来、歴史の裏に隠された真実を追い続けてきた著者が、長年の取材に基づき「あの戦争の闇」を照射する。驚愕のノンフィクション・ノベル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 太平洋戦争の裏側を暴いたノンフィクション風短編集。
    トンデモと思うか楽しめるか賛否が別れるところだろうが,
    楽しんだほうが得ではないだろうか。
    「鬼の棲む山−異聞 久米島事件」はちょっと重い話。

  • 日本軍による真珠湾攻撃には疑問の点が多い。対日最後通牒いわゆる「ハルノート」が日本側に提示される前日に帝国海軍連合艦隊機動部隊が単冠湾からハワイに向けて出航したのか。そもそもハルノートはコーデル・ハルが書いたものではない。また無線封鎖指令が通達されている中、南雲司令長官からのどうでも良い内容の無線が頻繁に発信されているのはなぜか。アメリカの議会証言の中にも政府や軍高官からの発言でルーズベルト大統領は事前に真珠湾奇襲攻撃を知っていたことを示唆する証言は多い。その他ホノルル放送から日本の同じ歌謡曲が2回流れた事など、不思議な事象がたくさんある。真実は明らかになるのだろうか?

  • 2013/10/30
    移動中

  •  5本の短編からなるルポルタージュ風の戦争小説だ。とても面白かった。
     
     今日は真珠湾奇襲の日なので、真珠湾攻撃を題材にした『目ン無い千鳥の群れ』という短編だけネタばれで書いてみる。
     
     真珠湾攻撃は奇襲だったのか。

     ルーズベルトは欧州でのナチスドイツとの戦争に参加するために、反対が多数を占めた世論をひっくり返す必要があった。大統領は日本の連合艦隊が真珠湾を奇襲するという情報をあらかじめ得ていたが、世論を参戦へと誘導するために、敢えてこれを看過した。そしてアメリカは「リメンバー・パールハーバー」を合言葉に国を挙げての戦争へ突入する。

     ここまではアメリカでは通説らしい(日本ではトンデモ説扱いだけど)
     
     この作品ではもう一歩踏み込んでいる。
     アメリカと日本の間に密約があったというのだ。

     その証拠として、
     
     ?奇襲成功のためには敵に攻撃部隊の位置を発見されないことが肝心なのに、傍受される危険性を考慮していないかのように、山本長官の戦艦長門と南雲中将の空母赤城の間で頻繁に無線で通信をする。(もともとこんな長い航路を艦隊が発見されずに目的地に辿りつけること自体、考えにくいらしい)
     
     ?太平洋艦隊の戦力を無力化するには空母を破壊しなければいけない。しかし真珠湾内には通常ならいるはずの空母3隻が1隻もいなかった。

     ?航空部隊はほとんど無傷といって良いほどの被害で戦果を挙げた。しかし燃料備蓄タンク、艦船の修理ドッグなどの施設を破壊しなかった。

     一見すると日本側の戦果大のようだが、真珠湾で沈められた戦艦は廃艦間近の老朽船、まだ現役で使える艦は浅瀬の湾からサルベージ船で引き揚げられ、わずか一年で現役に復帰した。修理ドッグ、備蓄燃料タンクを破壊しなかったことがそれらを容易にした。

     要するに、ルーズベルトとの間で、空母を沈めない、修理ドッグを破壊しない、燃料タンクを破壊しない、という密約あった、ということだ。
     
     本当か、これは!? と思えるけれど、指揮官の南雲中将の愚昧に帰すよりも説得力がある気がする。 
     でも仮に密約があったとして、双方がどこで矛をおさめるつもりだったのか不明だ。ミッドウェイで終わってたら確かに傷み分けだったけど…

     この他にも、
     
     真珠湾同様に東京大空襲も日米で密約があったという『超空の要塞』
     
     山本五十六長官の死が撃墜によるものではなかったという『ブーゲンビル日記』
     
     ノモンハン事件でなぜ不毛の荒野での国境の線引きを争ったかという『草原に咲く一輪の花』

     などがある。

     本の冒頭に「事実を基にしたフィクションである」と著者が書いている。ノモンハン事件は先日読んだばかりだから、ほとんど事実であることはわかった。ただ線引きをめぐる根拠としてある遺跡の存在(一輪の花)を登場させている。これは誰が読んでも作者の創作だとわかる。これだけはトンデモ説と言っていいかもしれない。だからフィクションとして楽しめばいい。

     あと『鬼の棲む山』という久米島事件を扱った話もある(初めて聞く事件なので、自分には定説となにが違うのかわからない)

     ある程度、戦史に詳しくないと面白くないと思うので、戦史読み物好きな人におすすめしたい。


     
     
     

     

  • GEQ、下山事件に続く真実を暴く推理小説か?
    と思ったがそこまでは及ばず。
    短編集になっているのだが、始めの太平洋戦争の話がとても興味深かったのでもっとそこをつきつめて長編にしてほしかった。

  • 満州をめぐる攻防の真相は興味深い。物事は歴史的なスケールで観ていかないだいけない。

  • 史実なのか小説なのか?!
    タイムマシン欲しい...

  • 「この物語はすべて事実に基づいたフィクションである。作者」
    という出だしではありますが…、

    「この物語はすべて都市伝説に基づいた駄作である。私」
    というのが、感想です…。

    太平洋戦争の真実を題材としたルポルタージュという形式での
    短編小説ですが…、

    都市伝説レベルの情報をつなぎ合わせた程度の内容ですし、
    ルポルタージュの限界を逆手にとって、真相に踏み込んでいなぃ…。

    そぅ言えば…、「GEQ」もそぅだったなぁ…。
    でも…、「GEQ」は、それでも、小説としてギリギリ及第点でしたが…。

    最後の…、チンギス・ハーンは源義経だった。という結論は…、
    一際興ざめで…、それまでの物語を、すべて胡散臭くしてしまった…。

  • ■普段はめったに読むことのない戦争もの。ノンフィクションなんだけど状況証拠?から構成されているだけあって、リアリティがあるから思っていたよりも遥かに面白く読めた。

    ■何が真実かなんて今となってはわからないんだろうけど、こうやって有名な史実が色んな切り口で描くことができるのは面白いなぁ。まさに「異聞」だね。

  • 東京大空襲、真珠湾攻撃、海軍甲事件、久米島事件、ノモンハン事件…歴史の定説を覆す「異聞」

    久米島事件はあまりに酷過ぎるストーリーに涙がでました。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1957年、東京都出身。日本大学芸術学部写真学科中退。フリーのカメラマンから作家に転身し、現在はフィクションとノンフィクションの両分野で広く活躍する。パリ〜ダカールラリーにプライベートで2回出場し、1990年にはドライバーとして完走。1991年『KAPPA』で小説家デビュー。2006年、『下山事件 最後の証言』で第59回「日本推理作家協会賞・評論その他の部門」と第24回日本冒険小説協会大賞(実録賞)をダブル受賞。2007年、『TENGU』で第9回大藪春彦賞を受賞し、ベストセラー作家となった。他の著書に『DANCER』『GEQ』『デッドエンド』『WOLF』『下山事件 暗殺者たちの夏』『クズリ』『野守虫』『五十六 ISOROKU異聞・真珠湾攻撃』『ミッドナイト』『幕末紀』など、多数ある。

「2021年 『ジミー・ハワードのジッポー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田哲孝の作品

ツイートする
×