人生は冗談の連続である。

著者 :
  • 講談社
3.27
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 64
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062167598

作品紹介・あらすじ

柴田錬三郎「キミはやれ、俺がやらせる」、今東光「極道辻説法」、開高健「風に訊け」-出版史上に燦然と輝く三大人生相談。その編集担当だったシマジが、いまこの時代ならではの男と女の悩み、仕事の悩み、人生の悩みにおごそかかつパワフルに答えます。これを読めば、何だか知らないうちに、ラクになれること請け合い。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • p2

    実人生は悩み苦しまないと成長しないし磨かれない。どんなに苦しくてもこれはきっと冗談だぞ、と思うと、少しは楽になる。反対に嬉しいことがあったとき、これは冗談だと思うと、有頂天にならないですむ。人生はとにかく冗談の連続である。だから、人生なんてそんなに悩むことはない、とわたしは強調したい。


    今東光僧正の「人生は冥土までの暇潰し」という言葉も引きながら、お洒落に、快楽的に、悩み相談に答える本。
    こんなに快楽的に生きてもいいのか……と思うけれど、自分には到底出来ない。しかしながら、世の中こんな話もあるんだなあと知れるし、逸話がおもしろい。

  • けっこうおもしろかった。
    おすすめの映画「ペテン師と詐欺師」(わたしの大好きな映画)
    おすすめの洋服店が『ピッコログランデ』というのがとても良い。

    紅茶と猫とシングルモルトとシガーと良書をおすすめしているあたりがかっこいい。

    レオンよりもメンズプレシャスを押している。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

青山学院大学卒業後、集英社に入社。
「週刊プレイボーイ」に配属され、1983年に同誌編集長に就任、100万部雑誌に育て上げる。
その後、「PLAYBOY 日本版」「Bart」の編集長を歴任し、取締役を経て、集英社インターナショナルの代表取締役に。
2008 年に退任後、作家・エッセイストに転向。

「2019年 『そして怪物たちは旅立った。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島地勝彦の作品

ツイートする
×