珍獣病院 ちっぽけだけど同じ命

著者 :
  • 講談社
4.24
  • (18)
  • (16)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 121
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062167789

作品紹介・あらすじ

珍獣の不思議な病気と驚きの治療法の数々。力強く、そしてはかないペットの感動ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 診察する生き物に対して、珍しいから小さいからなどにかかわらず、どうしたら命を救うことができるのかを考え取り組む姿勢に心を打たれた。
    飼い主さんに対しての動物と生活する中での注意点、ペットとの別れの準備など、どれも心に響く内容だった。

  • 珍獣病院ってなに?
    まず題名に惹かれました。
    動物病院=命 重たい内容なのだろうかと思いながらも、読み進めていくとどんどん先生の世界に引き込まれ面白くてあっという間に読んでしまいました。
    獣医師という肩書きを持ちながらも、少年の心を持った先生の書かれた本はなんだか冒険誌のようでもあり、とても読んでいてワクワクしました。
    先生の動物の命に対する思いや考え方がとても優しく、患者側の立場として世の中こんな獣医さんばかりだと良いのに。
    我が家の猫たちの幸せは私たち人間にかかっている、そう肝に銘じて日々過ごしていきたいと思います。

  • 動物病院は小さな総合病院、わかります。そして獣医の世界では、犬猫以外の動物(人間と関係のないところで暮らしている)は珍獣扱い、なるほどです。イグアナを治療したくて獣医になり、2.8gのアマガエルの手術に成功した田向健一さんの「珍獣病院」2011.7発行です。動物への優しいまなざしが温かいです。動物を飼うとは「命を預かる」こと。動物が明日も生きている確率は50%。自分の飼っている動物を見る時、右目には愛情を、左目には客観性を持って欲しい。どちらがなくても動物は幸せにはならない。動物のことを知って飼って欲しい

  • 昔ラジオで作者が出てたのを思い出して借りました。
    驚きの連発。答えなき世界を突き進む田向先生は開拓者。2グラム程度アマガエルの開腹手術とか一滴の出血が致命的になる小動物とか、どうやって決断していったんだろうか。
    血肉となっている基本を拡張して、それこそ勘と経験で実行していったんだろうね。是非それぞれの症例や対応事例をこのような本に残して、僕らの家族でもあるペットのいのちを1つでも救えるように社会をリードしてもらいたいですね。代謝の悪いトカゲは麻酔で48時間くらい眠り続けるとか
    しかし、ペットショップで並んでいる仔犬たちを売っている業者もある程度の悪ではあるけど、並んでいる仔犬たちから買う、という行動を買う側も改めないといけないですね。

  • いい話、かつ、面白い。アマガエルの手術とか、真剣なんだろうけどなんとなくとぼけた感じがいい。
    こういう獣医さんがいることは、なんだかほっとするね。

  • えらい面白い。うまいんだな書き方。

  • 資料番号:020229456
    請求記号:649タ

  • 図書館で見つけて読み始めた。大人向けの内容だが、ふりがな付のところを見ると、親子で読む内容とも思える。筆者の獣医師としての探究心と、患畜と飼い主に対する真摯な態度は一貫している。後で知ったことだが、テレビ番組の「情熱大陸」でも取り上げられた人物だったとのこと。サービス業としての資質が問われ、何でも屋にならざるを得ないまちの獣医師の労働環境を垣間見れた一冊だった。私は、自宅療養させているカメのことを知りたくてこの本を手に取ったのだが、それ以上の収穫があった。

  • 表紙のちっぽけだけど同じ命 の言葉に惹かれて読んでみた。
    動物が好きで飼育している人、飼育したい人に読んでもらいたい一冊。
    私もカエルが好きなアマゾン派です。家にはアフリカツメガエルしかいませんが…

  • 家庭では、犬や猫から、カエルや金魚、ハムスター、オウム、はてはイグアナや蛇まで、様々な動物がペットとして飼われています。これらの治療を一手に引き受けるのが獣医です。著者は、そんな動物たちの様々な状態を見極め、ペットの幸せと飼い主の幸せを考えながら命と日々向き合っています。実は、カエル用の手術キットも自作したんですって!

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

田園調布動物病院院長・獣医学博士。
麻布大学獣医学部卒業。
犬猫から小動物、爬虫類までを診療対象としている。
獣医師向けの書籍、一般向けの飼育書など多数執筆。
メディアにも多数出演。

「2021年 『ネザーランドドワーフ 飼育バイブル 長く元気に暮らす50のポイント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田向健一の作品

ツイートする
×