ハーバード流 企画実現力

  • 講談社
3.69
  • (7)
  • (23)
  • (14)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 171
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062167826

作品紹介・あらすじ

なぜ、優れたアイデアが葬り去られるのか?あなたの優れた企画がつぶされることなく、むしろその実現に向けて人々の熱烈な支持が得られるようにするための24の処方箋。『企業変革力』などで有名な、ハーバード・ビジネススクールの人気教授による実践的講義。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表紙に惹かれてなんとなく手にとった自分に感謝してます。
    プレゼンのときに、よく出てくる批判や反論、質問などを物語形式で書いてくれていて、しかもその対応方法をまとめてくれています。
    この批判には、この対応!と見ていくうちに、これは人前で行うプレゼンだけでなく、普段ひとと話す中でも使えるテクだと思ったし、さらには自分の中に生まれる自分への批判の声にも使えると思いました。
    「どうせ、お金がないからできないよ。」「経験もないのに、どうやってやるの?」だれもが自分で自分の足を引っ張るときに使う言葉もこうやって言い返せば、前に進むしかないよな~と感じました。これは、いろんな応用ができる一冊だなと感激しました!

  • 企画を考えるためのアイデア出し、企画書の作成方法、企画のプレゼンテーション方法をテーマにした書籍は多くあります。
    本書は、企画を実現させるまでをテーマにした類書のない書籍です。
    いざ企画を実現させようとすると、反対意見などの様々な障害が発生します。
    本書では、そんなあらゆる攻撃から企画を守り、周囲の賛同を得て、企画を実現するノウハウを学ぶことができます。

    著者のジョン・P・コッター氏は、最年少の33歳でハーバード・ビジネススクール終身教職権を取得した、リーダーシップ論や企業変革の研究で有名な人物です。

    本書は、二部構成となっています。
    第一部「センターヴィルでの出来事」では、企画を実現する際の障害と、その対処法を物語仕立てで学ぶことができます。
    アメリカの小さな町を舞台に、図書館にパソコンを導入する企画の実現を目指す主人公の物語です。
    主人公は、町の聴衆(75人ほど)に向かって、実現のために企画をプレゼンテーションし、同意を得ようとしますが、10人ほどの一部の人間からの恐ろしい攻撃により、企画がつぶされる危機に直面します。
    しかし、対処法を心得ている義兄の協力により、聴衆を納得させることに成功します。

    第二部「メソッド編」では、第一部の物語を振り返りながら、優れたアイデア・企画をつぶす4つの基本戦略、アイデア・企画を守るための5つの原則、企画に対する24の攻撃と24の処方箋を学ぶことができます。
    優れたアイデア・企画をつぶす4つの基本戦略を下記と説明しています。
    ①遅延による消滅を狙う
    結論や実行を引き延ばしたり、話を脱線させることにより、当初の勢いをそぐ。
    ②混乱に陥れる
    聞き手の注意を散漫にさせるような情報をたくさん示し、提案の信頼性を損ねる。
    ③不安をあおる
    理不尽な不安や恐れを利用する。
    ④誹謗中傷
    アイデアの考案者の評判や信頼を貶める。

    第一部の物語のなかで主人公は、下記のような攻撃を受けてしまいます。
    「これまでうまくやってきたのに、どうして変える必要があるのか?」
    「資金がないのが問題なのでは?」
    「この提案には、何か隠された意図があるのでは?」
    「実現には甚大な労力が必要だ」
    「かつてそのアイデアを試したことがあったが、うまくいかなかった」etc...。

    アイデア・企画を守るための5つの原則として、下記を説明しています。
    ①攻撃してくる相手を議論に呼びいれ、あなたを攻撃させる。
    ②簡潔明瞭で、良識あふれる回答を心がける。
    ③常に敬意を示す。闘ったり、相手をやり込めたり、防衛的になったりしないこと。
    ④聴衆全体に注意を払う。自分を中傷する人物に気を散らされないこと。
    ⑤避けられない攻撃に備える。利害関係が大きいほど、準備は一層万端にしなくてはならない。

    第一部の物語のなかでは、義兄が上記の5つの原則を心得ていたため、あらゆる攻撃から企画を守り、聴衆を納得させています。
    24の攻撃と24の処方箋は、代表的な24の攻撃に対する対処法を学ぶことができます。

    アイデア・企画を守る5つの原則と、24の攻撃に対する処方箋は実用的な内容となっています。
    本書で説明される企画への攻撃は、決して大げさではなく、実際に起こりうることです。
    アイデア・企画がどんなに優れていようが、新しい試みは賛同を得るのは難しいです。
    自身の手で企画を実現させていきたい人にとって、本書のメソッドを学ぶことは有用です。

    本書を読んで、アイデア・企画を守るメソッドを学び、準備をしていれば攻撃を恐れることなく、企画実現に向かうことができるのではないでしょうか。

  • 仕事で企画する仕事をすることを事が増えたので、企画を作るために勉強になればと思い読んだ。
    しかし本の内容は、企画をつくるのではなく、作った企画に反対する発言をグループ分けして対処方法を紹介していた。
    そういう面では自分が求めている内容とは違ったが、内容は素晴らしかったのでよかった。

  • うーん・・

  • ハーバードの人たちはこうして企画を実現しているのか~!
    どれどれ!という本

    プラン(企画)が葬られる時をまず定義
    ・混乱
    ・遅延による消滅
    ・不安を煽る
    ・嘲りや誹謗中傷

    その上で、それに屈せずいかに実現するか

    5つの原則
    ・相手も議論に参加させる
    =攻撃の矛先をこちらに向けさせる
    ・攻撃をやりこめようとしない
    ・静かな自信
    ・意地悪な主張にフォーカスしない
    ・やっつけ仕事をしない

    プロセス(もちろん企画実現力の!)
    1.連携チームを作る
    2.的確なビジョン
    3.自発的行動を促す
    4.変革を起こす
    5.さらなる変革を起こす
    6.変革の定着

    ん~なかなか戦略的です~

    プランが葬られないように参道を勝ち取る術は
    日常生活で普通にしていることと共通
    ・恐れない
    ・わかりやすさ
    ・率直(縦割り行政ではこれが難しい…)
    ・素直
    ・敬意
    ・目配り
    ・攻撃予測
    ・事前準備(予測される攻撃に対して)

    ここでも感じたのですが
    「外的コントロール」では決して賛同を得られない
    企画が実現しないということでした

  • リーダーシップの権威、ジョン・P・コッターの本。
    企画書を書くときだけでなく、日常でも使えそうな対処法が書かれてあり、たまに読み返したい本。

  • 提案した企画をいかに潰されないようにするか。相手の反論に対してどのように対処するか。反論のパターンを4種に分けて対応策を伝授。自分を振り返ってみると、この本を読んでいたら、もっとうまく対応できたであろうこともあるし、このパターンの反論をしていることもある。ちょっと反省。プレゼンをして、質疑応答にする人とか、会議のファシリテーターなどにいいのではないだろうか。

  • 「すぐれたアイデアが潰されないようにどう対処すべきか?」について24の処方箋を提示している。

    「これまでうまくやってきたのにどうして変える必要があるのだ?」「両立は不可能だ」「今はその時期ではない」「かつて試したがうまくいかなかった」「ここではうまくいかない」「やるべきことが多過ぎる」「私たちにはその資質がない」・・・などなど

    こんな状況経験したことありませんか?そんな方は是非ご一読を。

  • 企画を創ることではなく、
    企画を実現させるためには?に注力した本。

    プレゼンの際の想定質問と想定批判には、
    こうやって対応すると良いよ、といった事例込みで、
    頷ける部分も多々。

    内容は企画のプレゼンに関わらず、
    日常生活でも使えそう。

    簡潔明瞭で良識溢れる回答を心掛ける。
    敬意を示す。
    全体に注意を払う。

    はい、気を付けます。

  • 新しいアイデアを持ち込む際、周囲をいかにそのアイディアへ引き込むか、というテクニックに注力した本書。企画立案のhowtoではなく、説得のhowtoである。
    一つ一つのテクニックは納得の面が多いが、本のタイトルから想像したアイディアを思いつくプロセス、は全く触れられていないので、ちょっとアテが外れた。

全20件中 1 - 10件を表示

庭田よう子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
シーナ・アイエン...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×