春色恋ぐるい 天女湯おれん

著者 :
  • 講談社
3.37
  • (3)
  • (9)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 79
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062168021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新しい恋が始まれば、また相手は身分違いのお武家様。
    しかし、最後の最後に!!

  • 2014年9月西宮図書館

  • 天女湯おれんシリーズ3巻。前作1.2巻で「天女湯」で働く者の、一筋縄ではいかない面々の紹介が終わっており、今作はおれんの恋のお話を軸にほのぼのとしたストーリーが展開されて、読みやすかった。

  • 「天女湯おれん」シリーズ,まだ続くらしい(作者の公式ウェッブサイトによる)。
    楽しみ。

  • L 天女湯おれん3

    同じ名前の単行本と文庫…間違えて第三弾を先に読んじゃったじゃないかよ。
    おれん、ねぇ。女流作家だからかあけすけ。

  • 天女湯おれん、これで、終わりかな? ちょっと残念。

  • 9/25/11図書館

  • 隠し部屋を持ち裏稼業も営む湯屋「天女湯」で起こる様々な厄介ごとを、女将のおれんが解決していく。おれんの恋愛もこれからどうなるのか楽しみ~

  • わけアリの人ばかりが集う江戸時代の湯屋。女主人のおれんは元武家の娘で、湯屋の隠し部屋には秘密があれこれ・・・。孤閨をかこつ後家やお城の女中に色を売る弥助が好きだった。役者とみまごうばかりの湯屋の三助なんて出来すぎだけど。(#^.^#)おれんの矜持、また、恋の行方がとても面白い。小説現代に三カ月にいっぺん、連載されていたものだけれど、一冊の本になってしまうとちゃんと始めと終わりのあるひとつの物語になっているのも嬉しいし。江戸の季節の陽射しや風、草木の匂いなどが感じられるのもよかった。これはシリーズものの第三弾らしい、ということを読み始めてから知った。前の二冊もぜひ読みたい。(#^.^#)

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

諸田玲子

静岡県生まれ。上智大学文学部英文科卒。一九九六年『眩惑』でデビュー。二〇〇三年『其の一日』で吉川英治文学新人賞、〇七年『奸婦にあらず』で新田次郎文学賞、一八年『今ひとたびの、和泉式部』で親鸞賞を受賞。著書に『お鳥見女房』『あくじゃれ瓢六』『きりきり舞い』シリーズのほか、『四十八人目の忠臣』『波止場浪漫』『帰蝶』『女だてら』『尼子姫十勇士』『しのぶ恋』など多数。

「2021年 『恋ほおずき 完全版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諸田玲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
諸田 玲子
西條 奈加
宮部 みゆき
三浦 しをん
諸田 玲子
宇江佐 真理
畠中 恵
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×