口ベタでもうまくいく! ほめ方の極意

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (5)
  • (9)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062168175

作品紹介・あらすじ

相談+「勉強になります」は上司ぼめの最強タッグ。「キミに任せる」のひとことで部下が飛躍的に伸びる。相手のやる気を引き出すには「教えてください」。「キミも知っていると思うが」は相手の自尊心をくすぐる。「お会いできてうれしいです」で初対面の好感度アップ。「あなただから特別に」は顧客満足度を上げる殺し文句。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目新しいことはないけどとても分かりやすくて良かった。

    上司へのほめ方が参考になる。

  • 陰口や悪口に同調せずして言ってる人にも不快な思いをさせないってのは、多くの人が参考に出来そうだ。

  • iメッセージ・・ちょっと新鮮な言葉だった。「相手をほめる」のが「目上目線になりがちの場合」・・あるあると思い・・「自分の気持ちをいう」のがiメッセージ。「私もそうなりたいな」「私にはまねできないな」と「主語を私」にしてみること・・・なるほど・・。

  • 読了。そんなに目新しい情報はなかったような…。

  • き(気候)、ど(道楽、趣味)、に(ニュース)、た(旅)、け(健康)、し(仕事) 衣食住

    間接ワザ
    ティーアップ法
    質問話法
    iメッセージ
    レッテル効果
    つぶやき戦法
    シーソー戦法
    サンドイッチ話法 (ほめを挟む)
    未来ぼめ
    そのまま承認法

  • 「大人のほめ方」七つの極意
    1 間接ワザ-ほめ言葉の真実味が倍増
    2 ティーアップ法-身近な人をさりげなくほめる
    3 質問話法-気難しい相手にも使える
    4 iメッセージ-誰にでも素直に受け止めてもらえる

  • お客さんとのコミュニケーションや上司部下との関わり方など、相手を認める事で関係性が良くなる。褒めたり気を使ったりするのは抵抗があったけど、認める事なら簡単に出来そうだ。
    バイブルとして購入しておきたい本。

  • 仕事に慣れてくるとなかなか褒めるっていう行為が少なくなってきて、一緒に働くスタッフのモチベーションもなかなか上がらない。この本は相手を褒める事でモチベーションを上げる事に活用できます。

    ただ褒めるのではなく相手に響くように伝わるように褒めてあげる。間接技やティーアップ法、iメッセージなどすぐにでも実践できることが沢山詰まってます。

    とにもかくにもとりあえず実践してみて自分で効果を体感するのもいいかもしれないです。

  • 同じことを伝える場合でも言い方ひとつで相手の受け取り方は大きく異なる。
    皆に気分良く動いてもらうような話し方が大切。
    「ほめる」って言うとなんとなくいやらしい感じがしてしまうが、照れずに上手いやり方でほめるのは仕事にもすごく役立つ。

    ・レッテル効果 (あなたは○○だよねッ!)
    ・iメッセージ (あなたの行動で私はこう感じたよ)
    ・間接ワザ (○○さんってスゴイよね or ○○さんがあなたのことスゴイって言ってたよ)

    何よりも、普段からまわりの人の良いところを探す努力をすることが大事かな。
    照れながらも意識的にほめるようにして、自然にほめ言葉を連発できるようになりたい。

  • ほめる=承認。あなたの存在が素晴らしい。ほめ上手になるには、ほめられ上手になること!ほめられて嬉しい、ほめられたことを上手に受け取ることができると、相手も喜ぶ。この感覚をつかむと、ほめることへ勇気の一歩が踏み出せる。謙遜するのでなく、上手に受け取って、その次の一歩へ行きたい。

全12件中 1 - 10件を表示

谷口祥子の作品

口ベタでもうまくいく! ほめ方の極意を本棚に登録しているひと

ツイートする