いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略

  • 31人登録
  • 4.33評価
    • (5)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 鳥塚亮
  • 講談社 (2011年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062168281

いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 千葉県の房総半島を走るいすみ鉄道の公募社長の物語。
    鳥塚氏がいすみ鉄道の公募社長に転進したのは2009年6月。
    鳥塚氏が49歳の時。
    当時鳥塚氏は、英国航空の日本支社旅客運行部長。
    鳥塚氏によると、公募社長への転進により、年収は1100万円から700万円にダウン。
    それでも、転進を決意したのは、鳥塚氏が根っからの鉄道ファンであったから。
    鳥塚氏は、このローカル線存続のため、
    「ムーミン列車の運行」「訓練費用自己負担運転士の募集」「キハ52車両の導入」「房総のけむり饅頭の開発・販売」と、氏の知識とアイデア、人脈、行動力を総動員して様々な施策を実行している。
    本書の中では、社長就任後9ヵ月後の最初の決算では未だ赤字とのことだが、収支は大幅に改善しつつあるとのこと。
    氏のチャレンジにこれからも期待したい。

  • いつの日か必ず乗車したい鉄道。

  • いすみ鉄道社長である著者の、鉄道愛がはんぱない。鉄ちゃんを通り超えたものを感じる。いすみ鉄道、乗ってみたくなるじゃないかあ~

  • 公募で社長になった赤字ローカル線いすみ鉄道の鳥塚亮社長の著作。ムーミン列車、700万円訓練費用自己負担運転士、キハ52の導入など独自のアイデアを次々に展開。その行動力はさることながら、社長は長年サラリーマンを経験した鉄道マニアそのもの。相次ぐローカル線の廃止を見据え、時刻表から自分のたちの町が消えてしまう危惧を訴える。鉄道マニアそのものの視点や語り口がユニークな一方、経営者としてニーズを的確にとらえて実行していく姿勢に圧倒される。これは面白い!

  • とても興味深く読めました。社長のいすみ鉄道に対する思いと熱意が伝わり、いすみ鉄道に乗ってみたくなりました。

全6件中 1 - 6件を表示

鳥塚亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
池井戸 潤
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略はこんな本です

ツイートする