のりもの つみき (講談社の幼児えほん)

  • 講談社
3.96
  • (9)
  • (8)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (26ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062168885

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2:0 積み木が積まれている…ページをめくると乗り物が浮かび上がってうれしい!

  • 10か月

    穴があいているので、触ったり、ページをめくったりして遊んでいる。実際、その積み木の形でのりものができていることを認識しているかどうかはまだまだ先だろうか、色もカラフルなので見ている。

  • 2017.1

  • 5ヶ月の息子に。図書館。やっぱりよねづ作品は息子にヒットするらしい。他の絵本と比べても圧倒的にカラフルだし、食い付きがすごい。買うか迷ってて、お試しで借りたのでやっぱり買ってもいいかも。海外デビューの作者なのね。対象年齢1歳から…息子はすでに大好き!

  • 穴あき本。長方形にならんだ積み木からのりものがあらわれる。
    C8771

  • 穴が開いている構造と、カラフルな色の組み合わせで乗り物を自分ではっきり意識することができます。

  • 271
    2y3m
    さらっと読んで

  • たたくとぽん

  • 仕掛け絵本。
    つみきでなにつくろ!

  • ページをめくると、積み木に隠れてた乗り物が現れる絵本です。カラフルでかわいく、子供たちも最初は穴に腕を通して別の方法で楽しんでいましたが笑、最近はちゃんとわかるようになってきて、次は○○になるんだよ!って楽しそうにめくってます♪

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1982年東京生まれ。東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程卒業。2005年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展への入選をきっかけに絵本作家として活動を始める。2007年に初の絵本『Bye-Bye Binky』(minedition)を出版。以後、多くの絵本を創作し、ヨーロッパ各国、ロシア、アジア、アメリカなど、世界中で出版されている。日本では『のりものつみき』『にじいろカメレオン』『たべもの だーれ?』『くだもの だーれ?』『おかし だーれ?』『おはな だーれ?』『りんごはいくつ?』『もぐ もぐ もぐ』『えーん えん!』『ぴたっ!』『おやすみ のらちゃん』『まる まる まんまる』『さん さん さんかく』『かく かく しかく』『だーれのおしり?』(すべて講談社)など、しかけ絵本がつぎつぎと出版され、そのデザイン性、クオリティの高さで人気を博している。文字の絵本『あいうえお』『アイウエオ』(ともに講談社)では、イラストとともに温かみのある手書き文字が好評を得ている。また様々なステーショナリーグッズ、ファブリックを展開するなど、イラストレーターとしても活躍の場を広げている。

「2016年 『だれかな だれかな?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よねづゆうすけの作品

ツイートする