恋活 40’s LOVE

著者 :
  • 講談社
1.40
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (4)
本棚登録 : 11
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062169271

作品紹介・あらすじ

20年ぶりの同窓会で再会した、ほんとうの恋をしらない女と男。ほほえみに想いを秘めて、一歩を踏みだすのか?ふたりをとりまく甘い罠と不穏な影。東京、パリを舞台に、アラフォーの青春40代からの恋活を描くラブサスペンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • めっちゃよかった。
    展開色々あってめっちゃ読み出したら早かった!

  • 恵まれた人たちが、好き勝手なことぱかり言っているような感じで、ちょっとうっとおしい感じでした。

  • タイトルとカバーデザインから、
    アラフォー世代のピュアなラブストーリーを期待しましたが、
    あまりにも、本編とミスマッチ杉…。

    アラフォー世代の同窓会をきっかけとした
    焼けぼっくいに火がつくパターンって、ちと在り来りだけど、
    描き方によっては、ピュアなラブストーリーにもなると思ぅ…。

    でもね…、

    本作は、帯にあるラブサスペンスとしても、チープ杉…。
    キャラも×、お話も×、クライマックスで低俗、レベル低杉…。
    何より、文章力がなさ杉…。

    なんかね、アラフォー世代と一括りに言われるけど、
    バブル経験組(40代前半)と未経験組(30代後半)とでは、
    価値観やら、経験やら、何もかもがまったく違ぅんだよねぇ…。

    あぁ~、な~んか悶々とした気分…。初の★1つでしたよ…。

  • タイトルに惹かれましたが、全然面白くなかったです。最後まで読みましたが、登場人物の設定も無理やりで、ラストに明かされる黒幕二人も現実離れしすぎていてありえないなっていう感じ。ファンタジーではなく現実的な恋愛の本を読みたかったのでがっかり。つまらない本を買ってしまいました。

  • びっくりするぐらい退屈だった。

    同級生との不倫…ばれた時のリスクがありすぎるし、個人的に共感できない。

    昔の作品でのダメ男キャラが薄くなっているように思えた。

    しょーもない作品も好きなんですけど、コレはチョット…。

  • ■ 1181.
    <読破期間>
    H23/9/8~H23/9/10

全6件中 1 - 6件を表示

内山安雄の作品

ツイートする
×