文学2011 (文学選集)

制作 : 日本文藝家協会 
  • 講談社
3.22
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062169301

作品紹介・あらすじ

2010年刊行の文芸誌発表作品から精選した、20篇の小説集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 途中で挫折。
    日本文藝家協会編の、現代の作家たちによる短編文学作品集。

    やっぱり私には文学をかみくだいて味わう力がない……
    というかもちょっと気軽に楽しみたい。
    疲れた。

  • 好きな作家さんである川上弘美、高橋源一郎、舞城王太郎の作品を読みました。舞城さんの「ほにゃららサラダ」は圧倒的。是非単行本で出版してほしい!

  • いまこの時期に文学について語ることは、正直なところ、辛い。大地震と津波、そして原発事故といった一連の惨事の後の混乱のまっただなか「文学どころじゃない」という絶望的な気分に駆り立てられるのはむしろ自然なことではないだろうか。本書に収められた作品は、すべて2010年に文芸雑誌などに掲載された作品であって、大震災の前に書かれている。だから、もちろん、この大震災を扱ったものは一つもない。しかし、いまこういう形で世に出ることによって、これらの作品がその力を試されるのは避けられないことだーーこういう途方もない惨事が起こっても、それに対抗して自分の存在価値を主張できるだけの力があるだろうか。それとも「平和ぼけ」してしまった日本の日常の中で生まれた作品は、異常事態を前にして色褪せてしまうのだろうか。

  • 作家の好みというのは誰にでもあるわけで、月刊誌でも買わない限り、興味のない作家の作品に触れることはないだろう。20人の作家の短編が収められているわけだが、やはり作家の個性というのはそれぞれで、読みやすいのも読みにくいのもある。興味をもったのは松浦寿輝。上手いと思ったのは青山七恵。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

阿川佐和子 井上荒野 奥田英朗 柿村将彦 片瀬二郎 北原真理 今野敏 桜木紫乃 佐々木愛 佐々木譲 瀧羽麻子 田中兆子 馳星周 村田沙耶香 柚木麻子

「2020年 『短篇ベストコレクション 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×