絵本マボロシの鳥

  • 講談社
4.04
  • (27)
  • (29)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 233
感想 : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062169561

作品紹介・あらすじ

いつの時代か、どこの国のことかはわからない。町外れのオリオン劇場には、あふれかえるほどの観客がつめかけていた。魔人チカブーの芸、「マボロシの鳥」を見るために…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「図書館のキリギリス」で登場人物がこの本の紹介をしてて、
    凄く気になってたので借りてみた。

    太田さんの本より、絵本で見たかった(笑)
    だって影絵作家の藤城清治さんの作品での絵本だし。

    絵本って子供だけの物じゃないなって実感。
    この本は大人向けですね。深いかも。

  • もともとは太田光の小説があるものの絵本版。
    藤城さんの影絵「あんまり好きじゃない」と
    思い込んでいた私がアホちんでした(笑)
    大きな黒い目をしたマボロシの鳥
    その名前の通り不思議と心を掴んでくる鳥の絵。

    「手放すこと」の意味と意義。
    形のないもの。物として残らない「芸」をつくって人へ
    あげることを、「出た!!!」と思ったら瞬時に消えてしまう
    「笑い」を追いかける仕事をしている太田光さんだから
    このお話つくることができたんではないかと思いました。

    【教える などと いいだすヤツが教えるほどの芸を
    持っているわけがない。あったら自分でやっている。
    他人になんて教えてるヒマなんかあるもんか!】本文より

  • 以前から藤城清治さんの影絵が好きだったので、読んでみた。不思議な話と、藤城さんの幻想的な影絵が良く合っていて、素敵な絵本だった。やはり「この世界は、きっとどこかとつながっている」という所が印象的。yom yom19の太田さんの「『マボロシの鳥』を出して」とあわせて読むと、より分かりやすくなると思う。

  • 「世界は、どこかでつながっている」そんなメッセージを、太田光さんの社会に対する抑えきれない程にたっぷりの熱量を持った文章と、藤城清治さんのあったかくて、とにかく“綺麗”な画にした一冊。将来、ちょっと大人になった子どもにチャレンジしてほしい一冊。

  • 〈マボロシの鳥〉が藤城さんの絵本になると聞いたとき、絶対に合うと思ったけど、想像以上に良かった。絵本になって、より幻想的な世界になった。「言葉というものは、なんて不便なんだろう。」とあるように言い表しにくい世界観になっている。

    『マボロシの鳥』を全部絵本にして欲しい。〈荊の姫〉とかも合いそう。藤城さんが「僕ほど、適した人はいない」と言っている通り、この光と影のコントラストが合っている。

    「世界はきっとどこかでつながっている」というところが、なるほどって思った。

  • 藤城清治 自宅アトリエ展にて購入。
    かなり大人向きの絵本(値段も大人向きw)
    とにかく藤城氏の影絵が素晴らしくて
    実際生で見て
    この本は買うしかない!と思い。
    絵本の物語は爆笑問題の太田氏が書いてるんだけど
    文章にハッと気付かされることが多かった。
    「この世で一番幸福なことは、だれかに必要とされることだ」

  • 文字が多いし、内容も難しい(考えさせられる)から子ども向けではないと思うけど、小学校高学年〜中学生、高校生にも読みやすくなってる気がする。

  • 長年読みたいと思っていただけに、ハードルを上げすぎていたかも。

    藤城清治の影絵は素晴らしい。
    ページをめくる度に、惹き込まれていく。
    チカブーの造形、オリオン座の細やかさ、壮麗な山脈・・・。
    お気に入りはオリオン座でのマボロシの鳥のシーンと、落ちぶれたチカブー。

    これだけの枚数を見ることが出来るという点では、かなりのお得感。
    でも、どうも物語がなあ。タンガタの章との繋がりがイマイチ。原作はもうちょっと違うのだろうか・・・。

  • 太田光の「マボロシの鳥」が原作なので、内容は絵本ではない。

    マボロシの鳥を逃してしまった芸人と、別世界で鳥を手に入れ王になった2つの話が交互に展開する。
    5年ほど前に読んだことがあったが内容は忘れていた。藤城氏が挿絵をしているので手にとってみたが、忘れてたおかげで新鮮さがあり、挿絵の美しさもあり小説版よりとても良かった。

    藤城清治氏の絵がとにかく綺麗。

  • 話はイマイチでも、絵が素晴らしい!

    絵の素人でもいいなーと感じるほど、素晴らしい影絵です。

    綺麗な色と黒の対比が、何とも言えない雰囲気を醸し出してますね。

    反面、お話の方はこんなもんかなと。
    太田節もわかるけど、この絵にはもっと上品な文章が良かったですね。

    とりあえず、絵を見る為の本です。

    立ち読みでもいいから、ひと目見るべし。

    かなりオススメです。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1924年 東京生まれ。慶応義塾大学経済学部を卒業後、「暮しの手帖」に影絵を連載。影絵劇、人形劇の舞台公演など多方面で活躍。
  1983年 影絵本『銀河鉄道の夜』がBIB国際絵本原画展で金のリンゴ賞を受賞。
  1989年 紫綬褒章を受賞。2016年、21年の歳月をかけた『アッシジの聖フランシスコ』完成
  1995年 勲四等旭日小綬章を綬章。
  著書に『藤原清治影絵画集』『イエス』『天地創造』『ヨーロッパの教会』『アッシジの聖フランシスコ』などがある。

「2019年 『風の交響楽(シンフォニー)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤城清治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×