会話のつづき ロックンローラーへの弔辞

著者 :
  • 講談社
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062170345

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あの日、あそこに行った身としては、あの日あの場所の日差しや空気やにおいや音がありありとよみがえった。

  • 静寂でも喧騒でもいいじゃないですか。

    ただこの世から気になるひとりの稀有なロック野郎が、2年前に私たちの前からいなくなったという事実に、絶叫するか沈静するかの違いで、何しろ初めからこちらは体裁なんか構っていないんです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。70年代からCMディレクターとして活躍し、一世を風靡する。『猫の水につかるカエル』で野間文芸新人賞候補。ほかに、『ムラカミのホームラン』『最後に誉めるもの』(ともに講談社)など。

「2017年 『あなたが子供だった頃、わたしはもう大人だった』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川崎徹の作品

ツイートする
×