みんなで泣いちゃいそうだよ!-泣いちゃいそうだよファンブック- (青い鳥おもしろランド)

  • 講談社
4.70
  • (8)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062170529

作品紹介・あらすじ

130万人の読者が待っていた! 究極のファンブック、ついに登場!!

「泣いちゃい」の魅力がこの1冊に!
書き下ろし小説(2本)+描き下ろしマンガ(16P)

●キャラ図鑑
●作品年表
●人物相関図
●星占い
●お悩み相談室
●性格診断チャート
●お料理レシピ
●テーマソング楽譜
●4コママンガ
などなど

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『泣いちゃいそうだよ』シリーズをある程度読んだ後でないと、分からない部分が多々あると思われるので、まだ読んでいない人にオススメするなら、ある程度ハマってからが良さそう。
    北斗と七星の双子の話がまだ未読だったけれど、概ね内容は分かった。

    とにかく、シリーズのファンにはたまらない1冊。
    本を開いて直ぐと逆側には、凛ちゃんたちの住む街のMAPが出てて、これがまた良い。
    登場人物全員の説明と関係図、シリーズ1冊ずつの解説、名言集、絵描き歌、4コマ、この本だけの超短編集数本、誕生秘話、制作にあたって関係者の方々の一言、シーンの再現漫画などなど、これでもか!という程、ぎゅっと詰まった内容。

    泣いちゃいシリーズのキッカケになった方が、読者だった人が大人になり、ベネッセの編集者になって、小林先生へ仕事を依頼したのがはじまり…と知り、夢を叶えて、子供の頃から憧れの人と仕事出来るって凄いなって思います。
    私はそのような機会はありませんが、同じように少女時代からの読者の方のお陰で、今も小林先生の本を手に取れるのが嬉しいです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

3月10日生まれ。魚座のA型。埼玉県出身。武蔵野美術大学卒業。青い鳥文庫、YA! ENTERTAINMENT(いずれも講談社)などに著書があり、10代の少女の人気を集める。エッセー集『児童文学キッチン』、童話『白鳥の湖』のほか漫画原作も多数手がけ、『キッチンのお姫さま』(「なかよし」掲載)で、第30回講談社漫画賞を受賞。

「2021年 『作家になりたい!(11) 漢字で読みとく恋の謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林深雪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×