マイル 極貧からCAへ芸能界へ、階段をのぼる私

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 38
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062170673

作品紹介・あらすじ

極貧の生活、児童養護施設での日々。進学率10%から大学に進み、JALのCAとして大空を翔け、グラビアタレントとして芸能界に飛び込む-。どんなに転んでも、起き上がり続けた著者の20年。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まあまあかな。

    今度は、コラムニストから、塾設立のあたりを書いてほしい。

  • 一気に読んでしまった。
    合コンアナリストとしてなんとなーく知っているくらいだったけど、この人ここまで這いあがってきたんだな。
    親に捨てられた養護施設で、周りの影響やいじめを耐え抜き、国際線ファーストクラスのCAまで登りつめた人。
    合コンの経験を生かして、アナリストやコラムニストになったけど、その背景にはこんな噛みしめるような苦労があっただなんて。
    両親に海外旅行をプレゼントする章は泣きそうになった。
    ほんとにダメダメな両親だけど、知枝さんは親孝行するくらいまでになったところが尊敬できる!

  • 「難関という事は百も承知だけど、やるならとことんやって負けた方がいい。」
    「自分の置かれた環境に甘んじてはならない。一見、失敗だと思えるようなことも、回り道だと思えるようなことも、結果的にそれが良かったりもする。」
    「坂道を登るのはしんどいし疲れるけど、一旦登り切ってしまえば、眺めのいい景色を拝むことができる。」

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1980年生まれ。合コン総研アナリスト。株式会社インプレシャス代表取締役。貧しい家に生まれ育ち、養護児童施設で過ごすも、逆境にめげず大学進学後、日本航空に入社しファーストクラスを中心に乗務。現在は500社以上累計3000人以上の男性と合コンしてきた経験を生かし合コン・婚活アナリストとして活躍中。自分らしく輝きたい女性のためのコミュニティ「Precious美女倶楽部」を運営。

「2013年 『最高の自分で最高の相手をつかまえる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松尾知枝の作品

ツイートする
×