軽井沢伝説 避暑地・軽井沢に集った名士たちとの半世紀

著者 :
  • 講談社
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062170727

作品紹介・あらすじ

白洲次郎のゴルフ倶楽部、美智子さまのテニスコート、ジョン・レノンの定宿…帝国ホテル元社長が明かす、軽井沢の歴史を彩る伝説の秘話と名士たちの素顔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 軽井沢の歴史、格式ある別荘地の名士からの昔を偲ぶメッセージ

  • 一つの昭和史の断面として読むと面白いと思います。

    確かにアマゾンのコメント欄にあるとおり、スノップな一面はありますが、別荘に来ていた人を、自分たちと引き比べてどうこう言うようなものではなくて、文化の担い手としての所謂上流階級の果たしてきた役割や、彼らが目にしてきた「よきもの」まで評価しないのは、私たちにとって、俗っぽい言い方をすれば損だと思います。

    私自身も軽井沢を愛してやみませんが、この街を愛してきた多くの人たちが、緩やかでおおらかな社交の場を持っていたことは、急ぎがちな日常にあって、素敵なこと。

    私たちが過ごす短い休暇の中でも、訪れるたびに『帰ってきた』と感じる旅行先をもつといいなあとか、取り入れられる部分だけ自分に引き寄せて考え取り入れればいいのです。

    避暑の記憶なんて、最も愛すべき個人的な記憶。

    自分たちなりに、優しさと常識を持って振舞えば、軽井沢もぐっと優しい街になりますよ。

全2件中 1 - 2件を表示

犬丸一郎の作品

ツイートする
×