あっこと僕らが生きた夏 17歳女子マネージャーがナインに託した、命のバトン

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (11)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 98
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062170857

作品紹介・あらすじ

大分県・楊志館高校の2年生で、同校の野球部マネージャーだった大崎耀子さんは、"あっこ"と呼ばれ、多くの部員に慕われていた。だが2007年6月に上咽頭がんが見つかり、すでに進行していると知らされる。自らはがんと闘いながらも、甲子園を目指す野球部員たちを応援する、あっこ。「絶対に、あっこを甲子園に連れていく」これがナインの合い言葉となっていた。そして、2008年の夏。あっこは、がんの治療をやめ"最後の夏"を仲間と一緒に生きることを決断する-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私の郷里にある高校が舞台。
    ひとりの野球部の女子マネージャーの、あまりに短すぎる生涯を綴ったノンフィクション。

    巻頭の、屈託なく仲間たちと笑っている写真、
    筆跡の乱れもそのままの直筆の手紙、
    郷里の方言で打ち込んでいるメールの文章、
    病気と闘う不安や、仲間から受け取る一時の勇気、どうにもならない無念さなどがあふれ出してきます。
    この世には神も仏もいないのか、と思ってしまいます。

    著者の、余計な主観を交えない、淡々として静謐な文章も素晴らしい。

    奇跡を起こせると信じ、心を一つにがんばった仲間たち。
    世の中すべてハッピーエンドにはならないけれど、あなたたちの気持ちや努力は、かけがえのない尊いものです。

    • ryoukentさん
      ああ、ここどこだぁ~。
      あ、いやごめんなさい。
      ここはたわんさんちだった。
      さっきはわたしの名古屋学への桜花じるし一個どもありがとうございま...
      ああ、ここどこだぁ~。
      あ、いやごめんなさい。
      ここはたわんさんちだった。
      さっきはわたしの名古屋学への桜花じるし一個どもありがとうございました。
      またひとつよろしくおねがいします。
      2012/12/05
  • 一生懸命に生きなければ、と思う。

  • 本人の日記やブログからの引用に本人の生きる姿が見られて、余計に泣けた。文章自体はそんなに長くないので、たんたんと進んでいるようにさえ思えるのに、短い命に凝縮された毎日がとても重たかった。

  • すごく感動します。

  • 大分県楊志館高校の2年生で、同校の野球部マネージャーだった“あっこ”。
    だが、2007年6月に上咽頭がんが見つかり、すでに進行していると知らされる。
    がんと闘いながらも甲子園を目指す野球部員たちを応援し続けたあっこと、「絶対に、あっこを甲子園に連れていく」と決めて甲子園を目指して頑張ったナインたちの物語。

    中盤から最後まで号泣。ずっと泣きました。
    間に挟まれるあっこちゃんの直筆のメモや、友人に送ったメール、そして家族たちに遺した言葉が本当に胸をうちます。
    特に自分で治療をやめると決めた後の彼女の言葉が忘れられません。
    どうして彼女がこんな目に遭わなければならないのか、と家族でもなんでもない私がこの現実の理不尽さに憤ってしまうくらい。
    でも彼女の中では家族がならなくて良かった、という思いがあるんですよね。
    もうここまで言われて泣かずにいられるわけがありませんよ…!

    もっともっと多くの人にぜひ読んで欲しい1冊です。

  • 高校二年生で上咽頭ガンと宣告された、楊志館高校野球部マネージャーのあっここと、大﨑耀子さんの話し。
    実話。

  • 2012/10/15

    916||アリ (3階日本の小説類)

    “あっこ”と呼ばれ、多くの部員に慕われていた2007年6月にがんが見つかり、がんと闘いながらも甲子園を目指す野球部員たちを応援する。
    「絶対に、あっこを甲子園に連れていく」これがナインの合い言葉となっていた。
    そして、2008年の夏にがんの治療をやめ“最後の夏”を仲間と一緒に生きることを決断する。
    がんと闘い、甲子園を目指した17歳の少女、大分県・楊志館高校の2年生、野球部マネージャーだった大﨑耀子(おおさき・あきこ)さんの生涯を綴ったノンフィクション。

  • 2012年8月23日

    ブックデザイン/市原シゲユキ(SUPER MIX)

  • NHKのドラマを見たことにより、手に取ることになりました。
    ドラマと違って時系列で流れを淡々と伝えるような内容になっていますが、それが「あっこ」をはじめとするみんなの心の内を想像させます。
    余りに短い、けれど凝縮された人生だったのではないかと、良い方に解釈したいと思います。
    時間と共に語り継がれ方も薄れていくでしょうけれど、共に時間を過ごした仲間の中に、いつまでも生き続けていく。それは間違いないでしょう。
    ――「伝説」、です。

  • 女子マネージャーとして野球部の甲子園出場に力を入れていた主人公のあっこ。

    そんな彼女に襲いかかる病。

    彼女の熱意を感じ取り、甲子園出場に向かって努力を重ねる部員。

    ドラマ化されて興味を持ち手に取ったわけですが、実話だということも重なり、読んでいるうちにすごく胸に詰まるものを感じました。

全14件中 1 - 10件を表示
ツイートする
×