女の覚悟 -ひとり悩むあなたへ贈る言葉

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062170963

作品紹介・あらすじ

心をすーっと軽くしたいとき、この一冊。孤独、不倫、失恋、不妊、老い、介護、身内の死…TVで話題の癒し系僧侶が教える、苦しみ、悲しみから抜け出すヒント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 尼僧さんのお話しなので、宗教色が強いが、
    人にアドバイスをする時のニュアンスを学んだ。
    自分が欲しかった事への答えは見つからなかったけれど、
    半眼、「生老病死」の四苦の考え方は為になった。

  • 愛される妻とは。油断してはだめ

  • 女性向けの本だが、良書である。スッと入る言葉が多い。

    人生は、自分の道。人の道に乗ってはいけない。人生の(自分の)現在地に目覚めれば道は開ける。
    私たちは、私たちの中にある「考え」や「価値観」で相手のことを考えていないか。思いは、重い。
    「お香」のいい香りがする人は、その香りが身体の中から湧き上がってくる。
    「執着」というガラクタを捨てれば、そこにまた新しい何かが入ってくる。
    怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息むことがない。
    「愚者になりて往生す」バカな自分を自覚してこそ救われる。私が世話してやっているという気持ちになるとイライラもくる。
    自分が以下れば相手も怒る。自分が笑えば相手も笑う。
    相手の顔を決めるのは、いつもこちらの顔つきだ。
    あなたが救われる道は、今の状況を恨むのではなく、時間をかけて受け止め、そこから自分に何が出来るのかを学ぶ。
    生が偶然。死は必然。
    「自分はこの世の主人公」だと思っていませんか。「自分はできない人間」と宣言してください。
    心を柔らかくする。怨むから、心が頑なになってしまうのです。
    すべて見開いた状態で見ると見たそのままを指摘する。半分見過ごすことも大切(半眼)。つまりバカになる。
    言っている側は、ただ言いたい。だからまず「そうですね。」と言葉の最後に◯をつける。
    「信心決定」大切なのは、自ずと決まってくる。計画ではない。自分の力を信じるのではなく、他力の救いを信じることができたとき支えられる。
    「覚悟」とは、人生の節目。もう一度スタート地点に返るのだ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

川村妙慶(かわむら・みょうけい)
 1964年、福岡県生まれ。真宗大谷派僧侶、番組パーソナリティ、華道家。2000年から始めたブログ「川村妙慶の日替わり法話」は一日約2万アクセス。また1日100通ものお悩みメールが届き、仕毎週土曜日の朝KBS京都ラジオ「川村妙慶の心が笑顔になるラジオ」放送中。著書に『心の荷物をおろす108の智恵』(講談社)、『こころを読む 縁をいきる 〜執着から自由になるために』(NHK出版)、『あした元気になあれ 寝る前5分のホッとする法話』(海竜社)ほか多数。

「2021年 『しあわせを呼ぶ108の智恵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川村妙慶の作品

ツイートする
×