スティーブ・ジョブズ I

制作 : 井口 耕二 
  • 講談社
4.06
  • (660)
  • (742)
  • (400)
  • (61)
  • (9)
本棚登録 : 6218
レビュー : 658
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062171267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょうどアップルがマックを売り出していたころ、社内SEをしていたので、当時の状況を懐かしく思い出した。
    DOS/Vパソコンとか、DOSプロンプトとか、ベーシックとか、ユニックスのWSとか、GUIとか、WISWIGとか、ロータスとか。

    アップル社自体に興味も関心もなかったけれど、どうしてあの会社が製品はいいものを作るのに、経営がめちゃくちゃなのか?とか、windowsはマックの真似をして儲けて大丈夫なのか?とか、なぜ追放されたジョブズが歓迎されて復活し、その後はスターになったのか?等の理由がよーくわかりました。

  • 林檎好きな人にはタマラン一冊。
    教祖様って、とんでもない奴だということが
    前にもましてわかり、ウォズってやっぱ天才だったのね
    と実感した。

    下巻が楽しみでタマラン。

  • 本書は純粋に「読み物」として楽しむこともできる。あるいはビジネス書としてリーダーシップ論や戦略論の題材として使うこともできる。でもそれ以上に、本書に真剣に対峙すればするほど、読み手の価値観が根底から揺さぶられるような疑似体験が得られるように思う。
    今やスティーヴ・ジョブズという人物は伝説となり、そのイノベーションやプレゼンテーションの技法に関しては多くの分析がなされているが、本書はジョブズの人生そのものに焦点をあて、一人の人間としてのジョブズを可能な限り客観的に記録しており、虚飾なく淡々と語られる物語が、逆にジョブズの「極端な人生」を生々しく描写している。
    本書を通じて読者は、「何が善いことで何が悪なのか」「理想と現実のどこに線引きをすべきなのか」「他人からどのように見られたいのか」といったことについて、これまで自分が培ってきた基本的な価値観を正面から問われたような気分になるかもしれない。「それで本当にいいのだろうか?」と。
    本書を読めば、ジョブズという人の天才的な着眼点、あくなき好奇心と探究心、カリスマ性とともに、どれほど「常識」が無く、「拘り」が異常で、「敵」が多かったのかもわかる。彼が歩いた道程には、数え切れないほどの栄光とともに、もしかするとそれ以上の数の「屍」が横たわっていたかもしれない。でもだからこそ、安易に距離をとって、「いやー。すごい人生だったんですね」だけで終わらせたくはないと思う。

  • やっぱりいろんな意味で激烈な、海原雄山のような人だったんだなぁ、と感心。2巻のペーパーバックが出たら買おう。

  • とにかく、すごりの一言。優れたビジョン、リーダシップといった言葉が陳腐で手垢にまみれたものであると思える程である。これほど微に入り細に入り、製品開発、店舗開発に関っていた(干渉していた?)とは思わなかった。スティーブ・ウォズニアック、ジョナサン・アイブ、ジョン・ラセター達との関係はまさに奇跡であり、他に再現できるとは思われない。別の見方をすれば、ジョブズなきあとのアップルの行方はとても心配になる。(I・Ⅱ通じての感想)

  • 現実歪曲フィールド、興味深い!
    ピクサー設立したあたりでⅡに続く。

  • 平成27年2月13日読了。

  • 少し長すぎました。。

  • コメントはIIにまとめて.
    しかし,凄いとにかく凄い.

全658件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1952年生まれ。ハーヴァード大学を経て、オックスフォード大学にて学位を授与。英国『サンデータイムズ』紙、米国『TIME』誌編集長を経て、2001年にCNNのCEOに就任。ジャーナリストであり伝記作家。2003年よりアスペン研究所理事長。ベストセラー『ベンジャミン・フランクリン伝』『アインシュタイン伝』『キッシンジャー伝』などがある。

「2015年 『スティーブ・ジョブズ 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーブ・ジョブズ Iのその他の作品

スティーブ・ジョブズ 1 (講談社+α文庫) 文庫 スティーブ・ジョブズ 1 (講談社+α文庫) ウォルター・アイザックソン
ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 単行本(ソフトカバー) ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 ウォルター・アイザックソン
スティーブ・ジョブズ I Kindle版 スティーブ・ジョブズ I ウォルター・アイザックソン

ウォルター・アイザックソンの作品

ツイートする