スティーブ・ジョブズ I

制作 : 井口 耕二 
  • 講談社
4.06
  • (660)
  • (744)
  • (400)
  • (62)
  • (9)
本棚登録 : 6225
レビュー : 658
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062171267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者は有名な伝記作家。とりあげる人物をできるだけリアルに検証しようとする姿勢が好感をもてます。大げさな表現をしなくても、主人公は充分面白い個性の持ち主なのだから。

    九州大学:φ

  • 今さらといわれるかもしれませんが、発売から2年遅れで読み始めました。まず第一巻。生い立ちから、アップル創業、マッキントッシュ発売。そしてアップルを追われてネクストの立ち上げ失敗とピクシーでの成功までが描かれます。
    とにかくジョブズの我儘さ、性格の破たんぶりと、アーティストとしての凄さをあらためて実感できます。こんな上司がいたら、とてもじゃないけどついていけない。やはり、アップルは働く会社ではなく、その素晴らしい製品を利用させてもらう会社ですね。

    ビジネス書としても良し、ジョブズの性格を生い立ちから心理学的に追うのも良し。後半も楽しみです。

  • 成し遂げたことからして天才だけど、人柄はまあ変わっていて、とても興味深かった。とくに現実を歪曲してしまう性格はショッキングでした。

  • ジョブスは予想通りのクレイジーであることがわかった。彼は芸術性を極めつつ、多くの人に影響を与える製品を世に送り出したという意味でいだいだ。ビジネスマンとしても10、20代とは思えぬ行動力で自ら道を切り開いている。一度でいいからこんな人達と一緒に仕事をしてみたい。ジョブスの凄み、異常さには腰がひける思いで、同じビジネスマンとしてコンプレックスを感じる。自分だって、れっきとしたビジネスマンである。なのに、この本を読んで感じる圧倒的な劣等感はなんだろう。自分は負けたのか?刺激的な、最も勉強になるビジネスをしてみたい。自分には何が足りないのだ??

  • 今読むべき本を読んだ。

  • ご存知アップルやピクサーを作り上げ、コンピューター業界のみならず様々な分野で革新を起こしながらも若くして他界したスティーブジョブズの伝記の前半

    とりあえず変わり者 と言うかすごく優秀な社会不適合者ですな 何らかの障害を抱えていたかもしれないねと思えてしまうほどやることなすことおかしい

    が、けんいをものともしない、既成のルールや習慣には捕らわれない、そんなトンチンカンさが世界を変えたんだろう こういう飛び抜けた奇抜な天才が、世界を変えるんだなとか思いながら読んだ

    まぁ大枠は結構有名なはなしでその際にジョブズ本人がどう思ったとか、ジョブズ以外の事件の当事者のコメントが読めるのは興味深いと思えた

    あと外人ってこんなに仕事で泣くの?あと随分と怒るなぁこの人たち でも思ったことを表に出さずにへらへら過ごすのを由とする日本人も、少しは見習った方がいいかな?とかも思えたので明日から怒りは多少外に出すようにします

  • スティーブ・ジョブズの生まれた時の複雑な状況から始まり、Appleを追放された後、ピクサーでふたたび成功するところまでが一冊目に収録されています。

    予想以上に波乱万丈、激しい青年時代を過ごした人だと知り、驚きました。
    成功と同じ分だけ激しい不幸も経験していますね。

  • あまりにも有名な(公私ともに)方の伝記でしたので、出版された直後に読むのは下手なフィルターがかかる可能性もあり避けていました。当初の熱の冷めた今なら冷静に読めると思います。
    しかしながら、その人生はあまりにも情熱的に書かれていて、影響を受けずにはいられないものです。本書を読まれた方が、会社もしくは私生活で突っ走らないことを祈ります。ほとんどの人は、ジョブズさんのように貫く信念を持っていなく、また常識人だろうと思いますので。
    上巻は、アップルを創業してから、いくつかの製品を作った話、アップルを追い出され、その間にやったことが書かれています。生い立ちについては最初に少し書かれている程度です。

  • やっと読み終わりました。

  • 自分の成し遂げたいことに形振り構わず突き進む行動力、とても素晴らしいです。

全658件中 121 - 130件を表示

著者プロフィール

1952年生まれ。ハーヴァード大学を経て、オックスフォード大学にて学位を授与。英国『サンデータイムズ』紙、米国『TIME』誌編集長を経て、2001年にCNNのCEOに就任。ジャーナリストであり伝記作家。2003年よりアスペン研究所理事長。ベストセラー『ベンジャミン・フランクリン伝』『アインシュタイン伝』『キッシンジャー伝』などがある。

「2015年 『スティーブ・ジョブズ 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーブ・ジョブズ Iのその他の作品

スティーブ・ジョブズ 1 (講談社+α文庫) 文庫 スティーブ・ジョブズ 1 (講談社+α文庫) ウォルター・アイザックソン
ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 単行本(ソフトカバー) ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 ウォルター・アイザックソン
スティーブ・ジョブズ I Kindle版 スティーブ・ジョブズ I ウォルター・アイザックソン

ウォルター・アイザックソンの作品

ツイートする