スティーブ・ジョブズ I

制作 : 井口 耕二 
  • 講談社
4.06
  • (660)
  • (742)
  • (399)
  • (61)
  • (9)
本棚登録 : 6218
レビュー : 658
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062171267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アップルの製品はまあまあだけど、ジョブスは嫌なやつだね。

  • 禅を始め東洋思想にかぶれたヒッピーまがいの青年が、出会いによって成功と挫折を味会う物語。前編はAppleの設立と追放、そしてピクサーとの出会いまでだった。ビルゲイツと違ってプログラムも出来ないジョブズがマッキントッシュを作りピクサーアニメを作る、つまりプロデューサーまたは創造者としての能力が優れていたんだろうなあ。生き方が織田信長に似ているような。

  • スティーブ・ジョブズの伝記。
    Ⅰは、生い立ちからアップルを創設、追放。
    後、ネクスト、ピクサーでの活躍までが描かれている。
    強烈な個性、「現実歪曲フィールド」と言われる、自分勝手な思い込みを持ち、他人へ強く主張する。
    一緒に仕事をしたくない、と思わせる性格だが、この強烈な個性が、世界を変える力だったのだ。
    製品開発にかける情熱はすごい。

  • iMac、iPhone、MacBook Air…。
    とびっきりの発明品とも言えるマシンを生みだしたスティーブ・ジョブズ。
    恵まれない生い立ち。
    破天荒な生き様。
    自己愛性人格障害。
    カリスマではなく、人間くさい自伝に、教育の在り方を考えさせられました。

  • まずは1を読破。一般的に言われてるのとは違い、感情的で不安定、自制が出来ない精神的に幼い男性のイメージ。本文中では、同一人物は呼び名を統一して欲しかった。ファーストネームだったりラストネームだったりして分かりづらい。

  •  著者は有名な伝記作家で,キッシンジャーやアインシュタインの評伝を書いて成功している。その彼に書いてもらいたいというジョブズ本人の希望でできた本。
     話題になったのはジョブズが死んだ去年だが,ようやく読んだ。ジョブズ自体にはそれほど興味もなかったのだが,著者の『アインシュタイン』を読んでとても良かったので,期待して読む。http://d.hatena.ne.jp/Polyhedron+diary/20120213/1329142942
     内容はさすが。魅力的なエピソードもあり,ぶ厚いけど読みやすい。
     勿論,本書が魅力的なのは,ジョブズの人生が波瀾万丈だったからには違いない。ヒッピー的感性にもかかわらず,若くして経済的に大成功。立ち上げた会社には暴君のように君臨するが,権力争いに敗れて経営権を奪われ,追放の憂き目に。上巻は,その後ピクサーで『トイ・ストーリー』を成功させるまで。
     上巻で気に入った名場面は,アップルが初めて成功させたウインドウ,アイコン,マウスといったPC用のGUIを,ビル・ゲイツがウィンドウズに採用したことで,ジョブズが激怒する話かな。皮肉なことにそのGUIのアイデアは,ゼロックスの子会社からジョブズが「盗んできた」ものだったわけ。
     あと,ミッテラン大統領夫人がアップルに来訪した時の話にはウケた。ジョブズは製品や技術について熱っぽく語るのに,夫人があんまり労務環境のことばかり質問してくる(ミッテランは社会党系)ので,「社員の福祉にそれほど興味があるなら、いつでも働きに来ていい。」と切り返すシーン。
     ジョブズをとりまく家族模様に関して,一章があてられている(第20章)。実の両親が親(母方祖父)の反対で結婚できなかったため,ジョブズは生後すぐ養子に出されるんだけど,その祖父はまもなく死亡。二人は晴れて結婚できて,女の子を授かる。つまりジョブズには実の妹がいた。
     その実妹の存在は,ジョブズが実母を探し当ててから判明。以後ジョブズはこの母子と良好な関係を保つが,妹5歳で家を出ていった実父とは,生涯会おうとしなかった。ちなみに,この実母探しを,ジョブズは養母が亡くなった後に始めている。別にそういう心配りができない人ではなかった。

     その他メモ。
    ・「フルータリアンは臭くならない」って信じてて(本にそう書いてあったらしい),一週間もシャワー浴びなかったとか。一緒に働いてた人はかわいそ。
    ・アタリ時代以前のジョブズは,かなりカウンターカルチャー尽くしって感じ。菜食主義,禅宗,瞑想,LSD,ロック…。これらは彼の通ったリードカレッジで特に流行ってたみたいで,いろんな妙な友人とかもできる。
    ・ジョブズはもともとは,エレクトロニクスのギークなんだよね。父親(養父)は機械系だったけど,そっちにはさっぱり食指が動かなかった。父に旋盤なんかを習ってたら,それはそれで面白かったかも,なんて後年しんみりしてる。
    ・ジョブズの養父は二次大戦時に沿岸警備隊所属で,戦争終わって除隊になるとき仲間と「二週間で結婚相手を見つける」と賭けをして,それで勝ったんだって。でも九年子宝に恵まれず,養子を迎えた。
    ・ジョブズには娘のリサが生まれるけど,名前をつけただけ。リサはヒッピーのコミューンで産まれて,その後は母子で生活保護を受給する生活。生活保護を支給してた郡がジョブズを訴えて認知と養育費を求める。ジョブズは当初全面的に争う構えで,リサの母はさすがにショックだったらしい。
    ・「現実歪曲フィールド」というのはスタートレックに出てくる表現で,ジョブズのむちゃくちゃぶりを形容するのに最適な語らしい。彼の周りでは現実が柔軟性をもってて,誰が相手でも,彼は目的のためなら現実をねじ曲げてしまう。周囲は迷惑だけど,それが実際に効果を発揮してしまう。

  • あくの強い人物だという評判は知っていたものの、これほどまでとは思わなかった!でもこれほどのカリスマ性を持つ人はなかなかいないだろう。
    アップル設立前のこと、設立に関わった人々のことなどとても興味深いです。

    早くII巻も読みたい!!でもまだ貸し出し中。。。

    • christyさん
      reader93さんのレビューを読んで、早速図書館で予約をしてみました。ナント、200人以上待ちです(笑)。首を長くして待っていようと思いま...
      reader93さんのレビューを読んで、早速図書館で予約をしてみました。ナント、200人以上待ちです(笑)。首を長くして待っていようと思います。
      2012/09/10
    • reader93さん
      christyさん
      200人以上待ちとはすごいですね!!
      スティーブジョブズが育ち、アップルを作ったこのベイエリアに自分もいると思うだけで興...
      christyさん
      200人以上待ちとはすごいですね!!
      スティーブジョブズが育ち、アップルを作ったこのベイエリアに自分もいると思うだけで興奮します。ジョブズに関わった人物たちのことももっと知りたくなってきてしまいました。
      2012/09/11
  • 彼の生き方はすごすぎてとてもじゃないけどまねできないけど、この本を読んだ後にまねする必要もないなと思った。なぜなら、この本にこめられているSteve Jobsのメッセージはすごく単純なものだと思うから。好きな事をやれっていう。

  • 自分の娘は認知しない、LSDを常用、菜食主義を徹底し。ろくに風呂にも入らない…とにかく強烈な個性。
    自我を通し旧友も平気で切る。 ここまで書くと究極の嫌な奴なのですが、自己の美的感覚とインスピレーションを信じて妥協無き製品開発に邁進し偉大なる製品群を開発した。
    とにかくこの伝記は、主人公を一切虚飾することがなく、そのことが逆に他の伝記にはないリアリティを感じる。
    ジョブスの毒気に当てられっぱなしであったが、その強烈な個性と生き様にグイグイと引き込まれ読み応えがありました。
    晩年の彼がどう変わるのか、また、いかにしてiPodやiPhoneを開発したのか、下巻も楽しみです。

  • めちゃめちゃいい本だった。
    起業しようと思った。

全658件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1952年生まれ。ハーヴァード大学を経て、オックスフォード大学にて学位を授与。英国『サンデータイムズ』紙、米国『TIME』誌編集長を経て、2001年にCNNのCEOに就任。ジャーナリストであり伝記作家。2003年よりアスペン研究所理事長。ベストセラー『ベンジャミン・フランクリン伝』『アインシュタイン伝』『キッシンジャー伝』などがある。

「2015年 『スティーブ・ジョブズ 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーブ・ジョブズ Iのその他の作品

スティーブ・ジョブズ 1 (講談社+α文庫) 文庫 スティーブ・ジョブズ 1 (講談社+α文庫) ウォルター・アイザックソン
ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 単行本(ソフトカバー) ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 ウォルター・アイザックソン
スティーブ・ジョブズ I Kindle版 スティーブ・ジョブズ I ウォルター・アイザックソン

ウォルター・アイザックソンの作品

ツイートする