ガンでもくじけない ―誰かのために生きること―

著者 : 都啓一
  • 講談社 (2011年9月1日発売)
4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062171854

ガンでもくじけない ―誰かのために生きること―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても読みやすく、あっという間に読み終わった。
    病気になった本人のことだけでなく、家族や友達などとの関わり、それぞれの思い、みんな闘ってるんだってことが伝わってきた。
    そして同じような病気を抱える身として、共感できることも多かったし、改めて励まされたり勇気をもらえた。
    治療中で辛い人、治療は終わったけど不安を抱えている人に読んでもらいたいと思う。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:916||M
    資料ID:51200998

  • 都くんが、どうやって闘ってきたのか知る事が出来ました。

    家族や充くんとの絆。
    そして都くんの前向きな生き様。

    心が熱くなりました。


    毎日、色んな事があるけど、
    どれも生きているからこそ。
    今という時間を大切に生きて行きたいって思いました。

  • みやこ・・・!!!!

  • なんて言えばいいのかわからないけど、すさまじかった。

    みやちゃんは闘病中でも明るくて前向きで
    twitterとか見ててもこっちが逆に励まされて、
    末期ガンだとわかっていても、でも、大丈夫だと勝手に思っていた。
    けれど、あたしたちが知らないところですさまじい戦いがあったんだと知った。

    自分が同じ立場ならみやちゃんのように、久宝留理子のように強くあれるのか。
    もっと強くなりたいと思った。
    松岡だって、あたしが想像する以上に闘っていたんだね。
    今改めてWの意味を感じたよ。
    だからこそ、武道館での松岡のあのはしゃぎっぷりが今ならわかる。


    病気とか怪我したからってすぐタレントが著書にするのって好きじゃなかった。
    この本だって本自体はすっごい軽いものだよ。
    だから、一人でも多くの人に読んでほしいとは思わない。
    でも、あの日武道館にいた人、SOPHIAが復活したって聞いて嬉しかった人、
    SOPHIAに人生支えられたなぁと思ったことがある人にはぜひ読んでほしいと思う。
    その人たちだけでいい。
    読んだらさ、あたしたちが信じたものは間違いじゃなかったってきっとわかるよ。
    We Believe SOPHIA...

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ガンでもくじけない ―誰かのために生きること―はこんな本です

ツイートする