闇の喇叭

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (16)
  • (37)
  • (48)
  • (13)
  • (0)
  • 本棚登録 :343
  • レビュー :48
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062172097

作品紹介・あらすじ

大東亜戦争後、日本は南北に分断され、北海道は"日ノ本共和国"として独立。日本国内では北のスパイが暗躍し、政府は警戒を強めていた。-そして平世21年。私的探偵行為を禁止する法律が成立し、探偵狩りが行われている現代。少女・空閑純は、かつて名探偵として名を馳せた両親に育てられたが、母親はある事件を追う最中に行方不明となっていた…。母の出身地である奥多岐野に父とともに移住し、帰りを待っていた純だったが、そこで発見された身元不明の他殺死体が、父子の日常を破壊する!存在意義を否定された探偵に謎が牙を剥くとき、新たな物語が動き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ありえなかった歴史の中のミステリー
    ソラとその父、行方不明の母親。
    私立探偵というだけで父は拘束されてしまい、友人からのメール(とは言わない?)も届かない…続きがどうしても気になる。

    トリックを暴く、驚きの犯人という有栖川さんの一ものミステリーではありますが、これはまた新シリーズ?

    理論社版の方から気になっていた本。

  • 「もう一つの日本」を舞台にしたシリーズの1冊目。
    2冊目の『真夜中の探偵』を先に読んでしまっていたので最後に何が起こるかは分かっていたけれど、それでもかなりドキドキした。
    分かっていたからこそ怖くて、やめてやめてと念じながら読み進めることになったのかも。
    効果はゼロだけど。

    舞台になっているパラレルワールドの日本は出来ることなら住みたくない場所だ。
    そんな日本で生きる女子高生のソラが、禁止されている「探偵」を目指すようになるまでの物語。

    最後にガンジスが書く優しいメッセージがシリーズの最後までにはソラに届きますようにと願う。

  • 舞台設定がSF?ファンタジー?とか消化しきれないまま読み続けていたら、しっかり最後は新本格なところに落ち着いてすげえと思った。
    すごい壮大なシリーズの前日譚のよう。続きが気になるね。

  • パラレルワールド・ミステリ。
    独特の舞台設定が特徴的。あまり好みではないけど…。
    探偵行為の禁止、方言ダメ、外国語ダメ、性別に関しても厳しい目で見られる、そんな世界は生きにくそう。何事も制限しすぎると、世の中は良くないのでは。
    読後感はほろ苦い青春、みたいな感じで悪くないです。

  • 装丁にひかれて。
    中身はさほどついていけない…

  • 平世21年の日本を舞台にした、歴史SF推理小説。非現実感があって面白い。

  • 行方不明になった母を、母の故郷でじっと待つ親子。
    そこで起きた、殺人事件。

    私立探偵が悪しき職業になり、警察が…というより
    権力が幅を利かせている日本?
    政治の話と、警察と、自分達の平和やもしれない日常。
    殺人事件が起こった事によって、それがひっくり返ります。

    事件そのものよりも、その生活の方が大変。
    けれど娘は『友人の母親のため』と首を突っ込み
    それに付き合ったのか、分かってやったのか、な父。
    結局最後は、一石二鳥、な状態で
    事件も添え物っぽい感じです。

  • パラレルワールド…というか、もう一つの日本を舞台とする、空閑純(そらしず・じゅん「ソラ」)のシリーズ、第一弾。

    第二次世界大戦末期の、アメリカでの原子爆弾実験の場面から始まる。
    あら?硬派な展開、戦争モノ?
    しかし、登場する政治家の名前が変えられているし、日付が変!
    9月6日に広島、9月18日に長崎…ひと月ずれている。
    それにもう一カ所落ちているし…
    そして、北海道はソ連に統治されたのち独立。
    日本は現実の朝鮮半島のような状態になっているのだ。
    SFか?

    とにかく、そういう設定の上で物語が展開される。
    主人公のソラはこの時点で17歳。
    「元」探偵の父親・誠との二人暮らし。

    読み慣れた火村シリーズとは違った重々しい雰囲気に戸惑いつつもページをめくったが、どんどんしり上がりに面白くなる。
    今回もあっと驚く謎解きだった。
    読み返すと、いろいろ伏線があったのだった
    最後は仰天の…なのだが、次を読むのが楽しみでならない。

    喇叭の夢が、誰の夢なのか最後の方まで分からなくて、なんとなくリリカルな謎だったが、合唱部の課題曲に「怒りの日」が出てくるのを考えると、“裁きの日”が近づいてくる、という意味だったのかもしれない。
    最後の審判の時には、喇叭が鳴らされるというから。

  • 良かった。
    作者の他のシリーズとは雰囲気も全然違っていた。

    設定も面白かったしキャラクタもいい。
    続編も読みます。

全48件中 1 - 10件を表示

闇の喇叭のその他の作品

闇の喇叭 (講談社文庫) 文庫 闇の喇叭 (講談社文庫) 有栖川有栖
闇の喇叭 (ミステリーYA!) 単行本 闇の喇叭 (ミステリーYA!) 有栖川有栖

有栖川有栖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

闇の喇叭を本棚に登録しているひと

ツイートする