美人伝心 15人のアンチエイジングアライアンス宣言

制作 : 植島 啓司  講談社 
  • 講談社 (2011年11月11日発売)
3.88
  • (4)
  • (14)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 66人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062172622

作品紹介

女性の美しさを追求した初めてのバイブル。

美人伝心 15人のアンチエイジングアライアンス宣言の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書店でなんとなく気になって手に取ってみた。
    帯に載っている人たちの名前が気になる人、好きな人が多かったから。いつもはこういう有名人の生き方・考え方みたいなものはあまり読まないんだけど…。
    読んでみてすごく良かった。「こんな風になりたい」と思える女性が身近にあまりいなくて、年を取るのが嫌で仕方なくなってきていたところで。これを読んでこんなに素敵な人たちがたくさんいるんだと思った。自分も少しでも実りある毎日を送ろう、素敵に年を重ねていこうと思えた。

  • 植島啓司 監修「美人伝心」、2011.11発行、有吉玉青、小川洋子、兼高かおる、柴門ふみ、夏木マリさんなど15人の輝いてる女性の生き方・哲学が紹介されています。夏木マリさんの「自分の生き方に自信がもてた時、年齢はただの記号になる」、なるほどなと思いました。監修の植島氏のまとめのなかから2つ。ひとつは、人生の後半を楽しく生きるためには、何をするにも「だれとするか」がポイント。もうひとつは、「フラート」という男女の関係、互いの好意に包まれたゆるやかで、軽やかな男女の結びつきをいうそうです(^-^)

  • 様々な業界で活躍する、女性にスポットを当てています

    あとがきに、頷ける部分が多かったです

  • 281

  • 15人のアンチエイジングについてまとめられている一冊。
    知っていたのは5人でしたが、そのほかの皆さん、とても豊かな時間を過ごしていてとても参考になります。
    女性はやっぱりがんばってる人がキレイ。

  • 15人の女性の、「美」についての考え方、取り組み方がインタビュー形式で紹介されてる本。

    一般人ではなくて、それぞれの分野で実績ある人たちなので、そのストイックさ、頑張りっぷり、折れない根性など、凡人が同じだけできるものではないけど(これだけできる人たちだから、世に出てるわけですね)、言いたいことはわかる。

    できる範囲でもやっていけば、ふんわりと年を重ねていけるんだろうねぇ。

    最後、「あとがき」的に書かれた、植島啓司さんの文章がいちばん心に落ちました

  • すみませんですがエッセイ集はまず単行本の形態の場合よほどでないと
    買うことはないのですが(実際今までだと坂本真綾さんのを買ったくらい)
    この本は読める機会があったので読んでみました。

    他の方の感想でも書かれてますが、アンチエイジングの本と思っては
    読まないほうが良いです。
    多方面の女性の生き方(というよりか考え方)に触れられる本ですね。
    何せタイトル通り15人の女性のエッセイが載っているので、
    どの方もだらだらせずとても簡潔で読みやすく、賢い女性ってこういうもの
    なんだなぁと唸ります。

    こうすれば輝けるというものではなく、何故この人が輝いているかが
    解る、て感じでした。

  • 各方面で活躍している女性を取り上げて,彼女たちの生活の本音を述べさせている.小川洋子さんのが秀逸だと思った.

  • 新聞広告でみつけて、なんとなく美容系の本かと思って読み始めたら違ってた(笑)

    色々な分野で活躍されている15人の女性の心得がまとめられた本です。。
    美しさとは生き方。経験や知性を積み重ねて上手に歳をとりなさい、それがアンチエイジングですよ、って話です。

    15人の方の中には今まで知らなかった人物もいて、そういう方に限ってエネルギーに溢れたいい話をしてくれたので、よい出会いになりました。
    自己啓発本よりももう少しユルい、女性の生き方、とか、こういうジャンルを読むのもたまにはいいかも♪刺激になりました。

  • 2012.3.9
    15人の女性それぞれの美人、うつくしさ。様々な考え方があって面白い。

全12件中 1 - 10件を表示

美人伝心 15人のアンチエイジングアライアンス宣言はこんな本です

ツイートする