アメリカ秘密公電漏洩事件 ウィキリークスという対日最終戦争

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062172707

作品紹介・あらすじ

陰謀国家アメリカが日本の国富纂奪に牙を剥く。アメリカ人が「対米論調で最も危険な日本人の一人」と名前を挙げる元外交官が、いま世界の中枢で密やかに進行する大転換を見破る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012/11/20:読了
    色々勉強になる本。
      1)公電の読み取り方全般。
      2)アメリカが、公電を、ウィキリークスにより、
        意図的に公開することで、外交官を圧迫したり、
        つぶしたりする方法
      3)フェイスブックなどを使ったデモの作り方。
    などが書いてある。
    昔のデモの組織化は、全共闘などを使って手間暇のかかる
    ものだった。
    最近の対ロシア包囲網のための諸革命も、その国に入って
    やっているので、結構面倒くさい感じ。
    それに比べると、最近のデモは、きっかけが作りやすくなって
    いるんだなぁと感心。

  • じっくりと時間をかけて実体経済の回復を待つ

    国外で戦争を誘発し、軍需という名の需要を急増させて景気回復を図る

    大量の富を「国富」として抱えている国から合法的にこれを簒奪する

    国内で騒乱・騒擾を引き起こすか、あるいは災害を惹起することで「国土安全保障」という意味での需要を喚起し、景気回復を図る

  • 2012/02/20 津市津図書館---安濃図書館。

    2012/03/04 継続---再読。

  • 来年、再来年。世界と日本がこの本に書いてある通りになるのだとしたら、自分が成すべきことは何なのだろうかと考えさせられる。

全5件中 1 - 5件を表示

原田武夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
村上 春樹
古賀 茂明
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする