クラウド「超」仕事法 スマートフォンを制する者が、未来を制する

著者 :
  • 講談社
3.13
  • (19)
  • (69)
  • (101)
  • (48)
  • (13)
本棚登録 : 886
感想 : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062172899

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Gmail Googleカレンダーを使いこなして、クラウドに仕事をする方法。著者の開発した手帳の宣伝が多いのが玉にきず。

  • フォトリーディング
    クラウド

  • クラウドの仕組みを理解するには良い一冊です。
    PC、スマートフェンの使い分け、使い方では様々ヒントをもらえます。
    なるほどなー。。ときがつかされる1冊です。

  • 【クラウド思考】
    クラウドの使い方が記載されていますが、考え方の部分が多く読んでいておもしろいです。

    最近「クラウド」という文字が頻繁に出てきますが、考えたとしては昔からあるように思います。
    銀行もお金のクラウドと考えられます。大事な大事なお金を、家ではなく外に預けてしまっているのです。ATMがあればどこからでも引き出し、入金ができます。まさにクラウドです。ただ銀行の場合はお金に限っており、自由度がありません。しかし、クラウドはありとあらゆるものを入れてしまえるので、自由度が大きいです。
    重要なものを外においてしまって大丈夫かと考えますが、大事なお金は家のタンスではなく、すでに外においているのです。しかし、これには高度な信頼がなければできません。銀行がお客様から預かったお金を着服していることがあれば、このクラウドは完成しません。

    えらそうなことを言いましたが、個人情報とかはクラウドにおくことを、現段階ではためらってしまいます。(←おまえは考え方が古い!)

  • 名前だけで買いました。

    BOOKOFF行き。

  • 過去、「『超』整理法」シリーズとして、1993年の「『超』整理法」、1995年の「続『超』整理法・時間編」、1999年の「『超』整理法3」の後、2003年の5/7/9/11月にそれらの文庫版が「『超』整理法1」~「『超』整理法4」として再整理のうえ出版されています(この際に若干加筆)。

    その後、2006年10月の「『超』手帳法」にて、手帳によるタイムマネジメントについて最初に書かれた「続『超』整理法・時間編」で主張したことを中心に、他の「超」整理法シリーズで主張してきたことが、とりわけIT関連機器の進化を考慮して最新化されています。

    さらに、2008年10月に出版された「ジェネラルパーパス・テクノロジー―日本の停滞を打破する究極手段」において「新しい情報通信技術であるITは、GPT(general-purpose technology:一般目的技術または汎用技術)であるために組織や社会の構造と密接な関係があり、社会組織の大きな変革がないとIT導入の効果が発揮できない」とし、日本(とりわけ政府)のIT活用が如何に遅れているか鋭角的に論じられています。

    今回の「クラウド『超』仕事法」は、これまで上記の書籍によってなされた主張と完全に整合しており、1993年から2011年までの18年間で、仕事の生産性を高めるために如何に最新のIT技術を工夫して取り込み、野口先生が自己の仕事のスタイルを如何に変化させてきたか俯瞰することができ、非常に勉強になります。

    とりわけ、iPhone、iPadを端末(ユーザーが使うデバイス)として活用できるようになってからの情報一元化や検索性の向上による「作業にかける時間の削減」によって生じる「考えるための時間の増加」を最大限に意識したいと感じました。

    如何にITが進化しようとも、もっとも素早く的確に気づきを書き留められるのは紙のメモであること、また、ある程度の長さ以上の文章は紙に出力しないと鳥瞰できないこともこれまで同様に一貫して主張されており、単に「ITが進展したからすべてペーパーレスに」と現場の仕事をイメージせずに机上の空論を述べるアナリストとは一線を画し、実務をこなしてきた実績から語られる仕事法は非常に説得力があると思います。

    一方で「クラウドは小企業に有利に働き、恐竜型大企業を駆逐する」という主張には違和感を覚えました。

    大企業の情報システムは、競争領域において他社と差別化を図るために他社とのシステム共通化を避けているのであり、ほぼ同一業務仕様のシステムを小規模の複数法人でシェアして活用する小規模クラウド型システムの形態とは違う種類のものであると考えます(もちろん、メールシステムなど非競争領域の共通化は推進すべきであり、実際に実現されています)。

    例えば、クラウド型システムの形態として、3000万件を超えるようなデータベースを夜間バッチで毎日メンテナンスしなくてはならない情報システムを、同業の複数法人が同一システム仕様でシェアすることは極めて困難で、どうしても大企業固有のシステム化要件を満たすために、オンプレミス(自社保有システム)として構築するしかない場合が多いと考えます。

    加えて、そのシステムをサービスイン後に継続的に運用管理できるか否か、初期投資と経常経費を踏まえて投資判断を行ったうえでオンプレミスのシステムを構築するため、クラウド型のシステム形態を選ばないからといって投資効果が低いというわけではなく、システム化要件に沿ってクラウド型とオンプレミスを並存させるということが合理的と考えますので、クラウドが恐竜型大企業を駆逐するという文章はややいきすぎではないかと考えます(もちろん、本文に書かれていたとおり大企業が意思決定プロセスの遅さによって滅びるということは事実と思います)。

    この点以外はすべて合意できる内容であり(大企業にはもちろん「クラウドフォビア」は存在する)、非常に興味を持って読むことができました。特に、ニューヨーク・タイムズの電子版では1851年から1922年までと、1987年から現在までの記事検索ができることや(中間の年次については、記事の概要が表示されるのみで、記事内容は有料とのこと)、日本橋コレドビルにある早稲田大学大学院ファイナンス研究科の講義がネットにあがっていることを知り、クラウド下においてPCやiPhoneがさらに魅力を増すことを十分に感じています。

    野口先生はこの本で「一生時計」(一周が80歳=12時間となっている時計)において既に22時半ごろを指しており、残された時間を有効に使うために、毎日この時計を見たいと書いておられます。

    野口先生の本は非常に勉強になるため、今後とも健康を維持してこれからもずっと執筆して頂きたいと切に願います。

  • 筆者の使い方の紹介と、「超」整理手帳の紹介本だった。情報が古く、あまり役に立たず、残念。

  • クラウドを生かした仕事術、というより、著者がクラウドをどのように用いているかを説明した本。
    目次を見ていると興味をそそられるのだが、実際に読んでみると著者のやり方が紹介されているか問題提起だけで終わっているかという項目が多く、期待を裏切られた。(この本を手に取る人のうち、今更「YouTubeは大きな可能性を持っている」などと聞いて感心する人がいったいどれだけいるだろうか?)
    以前、この著者の別の著作を読んだときと同じで、実際に使えると思った箇所はわずかであった。氏のファンなら、あるいは超整理手帳のユーザーであれば、楽しく読めるのだろう。
    学んだ点:スマートフォンはPCを代替しない。PC、スマートフォン、タブレット端末、紙はそれぞれ得手不得手があるので、使い分ければよい。将来的に便利になること(技術が進歩したら解決されること)は覚える必要はない。

  • 11/12/7
    丸善講演


  • ○一生時計
    人生80年を円グラフで表す。これいいかも!

    グーグルカレンダーなどのクラウドサービスとスマホを
    連携すると良いよ。とのお話。

全109件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
1940年、東京生まれ。1963年、東京大学工学部卒業。1964年、大蔵省入省。1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、一橋大学名誉教授。専門は日本経済論。
著書に『情報の経済理論』(日経経済図書文化賞)、『1940年体制―さらば戦時経済』、『財政危機の構造』(サントリー学芸賞)(以上、東洋経済新報社)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)、『「超」整理法』(中公新書)、『仮想通貨革命』(ダイヤモンド社)、『ブロックチェーン革命』(日本経済新聞出版社:大川出版賞)など。近著に『中国が世界を攪乱する』(東洋経済新報社)、『経験なき経済危機』(ダイヤモンド社)、『書くことについて』(角川新書)、『リープフロッグ逆転勝ちの経済学』(文春新書)、『「超」英語独学法』(NHK出版)などがある。

「2021年 『入門 米中経済戦争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野口悠紀雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
ウォルター・アイ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×