知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062173285

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“コンクラーベ”で登場。
    http://harajukubookcafe.com/archives/718

    下北沢B&B 黒川安莉さんがMEGUMIさんにプレゼンした1冊。
    『旦那様はロマンティックな方ですか?やはり男性はロマンティックなところがあったほうがいいなと思い、選んでみました。』(下北沢B&B 黒川安莉さん)

    残念ながら、結果は惜敗!MEGUMIさんの今読みたい本には選ばれませんでした。。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • いいね。ダンディズム。
    表紙がかっこいいな〜と思ったら横尾忠則。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1941年東京生まれ。エッセイスト。「週刊プレイボーイ」「PLAYBOY日本版」の編集長として、数々のヒット企画、連載を手掛けた。主な著書に『お洒落極道』(小学館)、『えこひいきされる技術』『甘い生活』『神々にえこひいきされた男たち』(講談社)、『バーカウンターは人生の勉強机である』(CCCメディアハウス)など。現在、「MEN’S Precious」「Pen」などで雑誌連載を持ち、「現代ビジネス」(講談社)ほかのWebマガジンでも執筆中。伊勢丹新宿店メンズ館でシガーバーを併設したセレクトショップ「サロン・ド・シマジ」のプロデューサー・バーマンでもある。

「2018年 『知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島地勝彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
佐々木 圭一
島地 勝彦
シーナ・アイエン...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者を本棚に登録しているひと

ツイートする