にじいろカメレオン (講談社の幼児えほん)

  • 講談社
4.54
  • (9)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (14ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062173438

作品紹介・あらすじ

つぎはなにいろになろうかな?カメレオンの色を変えて楽しむ、しかけ絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こどもたちも色の変化や、しかけに何度も「読んで」とリクエストがでます。色使いも綺麗。

  • 0歳8ヶ月
    カラフルで可愛い仕掛け絵本
    引っ張ったり、回転させたりでカメレオンらしくカモフラージュ。
    ベビーちゃんは、あまり興味を示さず。
    もう少し月齢あがってから、また試したい。

  • カラフルでとっても楽しい仕掛け絵本。

  • カメレオンののレオンは色んな模様に変身!
    アメリちゃんと会えるかな・・・

  •  カメレオンのレオンは、
     お友達のアメリちゃんとかくれんぼ。
     アメリちゃんはどこに隠れたのかな?

    フラップを引いたり、ディスクを回すと、
    色々な動物が現れたり、レオンの色が変わります。

    タイトルの「にじいろ」の通り、
    とても色がきれいでお話も楽しい仕掛け絵本です。

  • りんかさんのブログで知り、買ってみました♪
    様々な仕掛けがページをめくるたびにあり、子供たちも楽しそうです。
    くるくる回すと色が変わっていくカメレオンたちがかわいい絵本でした♪

  • 3ヶ月の息子に読み聞かせ。
    もう少し大きくなって、自分で飛び出す絵本をいじれるようになったら
    また読みたいな。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1982年東京生まれ。東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程卒業。2005年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展への入選をきっかけに絵本作家として活動を始める。2007年に初の絵本『Bye-Bye Binky』(minedition)を出版。以後、多くの絵本を創作し、ヨーロッパ各国、ロシア、アジア、アメリカなど、世界中で出版されている。日本では『のりものつみき』『にじいろカメレオン』『たべもの だーれ?』『くだもの だーれ?』『おかし だーれ?』『おはな だーれ?』『りんごはいくつ?』『もぐ もぐ もぐ』『えーん えん!』『ぴたっ!』『おやすみ のらちゃん』『まる まる まんまる』『さん さん さんかく』『かく かく しかく』『だーれのおしり?』『だれかな だれかな?』(すべて講談社)など、しかけ絵本がつぎつぎと出版され、そのデザイン性、クオリティの高さで人気を博している。文字の絵本『あいうえお』『アイウエオ』(ともに講談社)では、クレヨン画のタッチが好評を得ている。また様々なステーショナリーグッズ、ファブリックを展開するなど、イラストレーターとしても活躍の場を広げている。

「2019年 『かずのえほん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よねづゆうすけの作品

にじいろカメレオン (講談社の幼児えほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×