がんを生きる子 ある家族と小児がんの終わりなき闘い

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062173506

作品紹介・あらすじ

二度のがん、放射線治療、そして-体に刻まれた後遺症。親は、子は、くり返される試練をどう乗り越えたのか?娘・優希の「がん」に挑み続けた家族の闘いと再生を主治医が描く渾身のノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:916||M
    資料ID:51201080

  • SLBA選定図書 2012年度 第1期 Bセットから

    2度のがん、放射線療法、そして体に刻まれた後遺症-
    娘の小児がんに挑み続けたある家族の闘いと再生を描く感動のノンフィクション。

    分類 916/マ

  • 2階闘病・体験 : QZ275/MAT : 3410153509

  • こどもの強さを学びました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

松永正訓

1961年、東京都生まれ。87年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。 日本小児外科学会・会長特別表彰など受賞歴多数。 2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。13年、『運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語』で第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『子どもの危険な病気のサインがわかる本』(講談社)、『小児がん外科医   君たちが教えてくれたこと 』(中公文庫)、『呼吸器の子』(現代書館)、『子どもの病気 常識のウソ』(中公新書ラクレ)などがある。

「2019年 『いのちは輝く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

がんを生きる子 ある家族と小児がんの終わりなき闘いのその他の作品

松永正訓の作品

ツイートする