プランツ・ウォーク 東京道草ガイド

  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062173643

作品紹介・あらすじ

緑を探して街を歩けば知らない東京が見えてくる。園芸の達人2がガイドする「見るだけガーデニング」の楽しみ方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 街を歩く時の視点が変わる本。できればいとうさん達がプランツ・ウォークしているところを映像で観たかったな。ブラタモリのような面白さがあると思う。ディズニーランドでアトラクションやショーには目もくれず、植物を観てまわる回は痛快だった。

  • ディズニーのプランツウォーク、してみたくなった。

  • 植物を愛でながら街を歩くお二人の会話が、写真でその風景をあまり細かく解説されずに活字化されているので、まるでラジオを聞いているような、映像のない会話だけ流されているテレビを観るような、逆に想像力をかき立てられました。

    街に植えられている植物から、その街の歴史文化まで垣間見えるようで、視点が面白いです。個人的には牧野富太郎植物博士の変わり者っぷりに興味をそそられました。

  • 都民じゃないので実感が湧かない(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1961年生まれ。出版社の編集者を経て、音楽や舞台、テレビなどでも活躍。88年『ノーライフキング』でデビュー。99年『ボタニカル・ライフ』で講談社エッセイ賞、13年『想像ラジオ』で野間文芸新人賞受賞。

「2021年 『福島モノローグ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうせいこうの作品

ツイートする
×