贖罪の奏鳴曲

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (133)
  • (338)
  • (207)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 1545
レビュー : 288
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062173773

作品紹介・あらすじ

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった-。「このミス」大賞受賞作家による新たな傑作誕生。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 御子柴弁護士のシリーズ最初の作品、ソナタ→ノクターン→レクイエムと続いているけど2作目3作目が面白かったのでこちらも読んだ次第。いやいや やっぱり1作目は面白かった!作者の狙い通りに一気読みさせられてしまった 笑。どんでん返しの帝王の異名が遺憾無く発揮されていて内容的には相変わらず辛く暗いけど運びの巧みさに引き込まれてしまいました。

  • 贖罪とは…。
    罪とは償いきれるものなのか…。
    また考えさせられました。

    始まりのシーンで、まず驚かされ、
    どんでん返しのお話だと聞いていたはずなのに、結末にあ然…。

    人生におけるさまざまな巡り合わせ、
    それをどう受け止め、どう生かせるかは、
    本当にその人次第なんだなぁ、とつくづく感じました。

    取り返しのつかない過ちを犯したとしても、
    それをただ後悔するだけでは、何も変わらない。

    自分の罪を忘れることなく、
    なにかを救うことで、いつか自らも救われる日がくるのかもしれない。
    一方的に奪われた命は、決して戻りはしないけれど…。

    それが彼の選んだ贖罪の道。

    弁護士・御子柴礼司。
    また、忘れられない主人公に出会えました。

    • けいたんさん
      こんにちは(^-^)/

      まずは、「葉桜」の事からこちらで書かせてね。
      先生と女の子の書道で書く和歌のやり取りは、和歌が好きな人には...
      こんにちは(^-^)/

      まずは、「葉桜」の事からこちらで書かせてね。
      先生と女の子の書道で書く和歌のやり取りは、和歌が好きな人にはドキドキすると思うよ。
      私は実はよく意味が掴めなかったんだけど。
      自分流で解釈したわ、旦那ちゃん大好きだからね(笑)

      「丹生都比売」読んでくれてるんだ!
      草壁皇子可愛いよね〜♪
      手をキュッと握ってあげたい。

      そして、この本はまた考えさせられそうだね。
      どんでん返し好きや〜(笑)
      この本はシリーズ化されてるよね?違ったかな?
      人気のある作品だよね。
      私もチャレンジしてみたい。

      では、またね(^-^)/
      2016/04/14
    • 杜のうさこさん
      けいちゃん、ごめんね~。
      あわててここも消しちゃってた。(>_<)
      あいかわらず、ドジです。
      昨日のは、もう読んでくれてたかな?
      一...
      けいちゃん、ごめんね~。
      あわててここも消しちゃってた。(>_<)
      あいかわらず、ドジです。
      昨日のは、もう読んでくれてたかな?
      一応書き直すね。

      この本、フォローさせていただいてる方が紹介してくれたの。
      贖罪の内容が重いから、面白かった~って言っちゃいけないのかもだけど、
      主人公も何とも言えず、味があるというか、クセがあるというか…。
      二転三転してすごく読み応えあったよ。
      私もどんでん返し、大好物だから!

      そう、シリーズ化されてるみたい。
      早くも次の作品読みたくてウズウズしてる。

      それでね、中山七里さんの作品って、
      登場人物がリンクしていることが多いらしいの。
      私、この本で2作品めなんだけど、どちらもわからなくて残念だったんだ。
      これはもう、順番に全作品読みなさいってことなんだね。(笑)

      では、またね~(^^)/
      2016/04/15
    • hongoh-遊民さん
      「忘れられない主人公に出会えました」!
      御子柴弁護士シリーズ、気に入ってもらえたようですね。
      推薦した甲斐がありました(笑)
      このシリ...
      「忘れられない主人公に出会えました」!
      御子柴弁護士シリーズ、気に入ってもらえたようですね。
      推薦した甲斐がありました(笑)
      このシリーズ、新作が出たようなので、さっそく読まなきゃ。
      2016/04/15
  • いきなり「死体」という言葉から始まる、1ページ目の生々しい描写に
    2段落目で早くもギブアップしそうになる心を叱咤激励して読み進める私。

    「死体配達人」として世間を騒がせた御子柴の心を解いた
    ベートーヴェンのピアノソナタ『熱情』に沿って
    前半の殺人事件の部分は第一楽章の冒頭のように重々しく始まり
    中盤の医療少年院での人生を変える出会いの部分は
    第二楽章の穏やかな変奏のように丁寧に描かれ、
    息詰まるような法廷シーンとどんでん返しの終盤は
    旋律が奔流のように加速する第三楽章そのままに波乱の展開を見せる、
    その構成に唸らされます。

    でも。。。
    この事件での脳性麻痺の少年幹也とその母の関係性が
    『おやすみラフマニノフ』の初音と祖父、という図式とあまりにも似ている上に
    これから先、人間をどうやって信じていったらいいの?
    と呟いてしまうほどの、なんともいえぬ後味の悪さ。

    御子柴の贖罪の方法も、なんだか上滑りで、「結局はお金なの?」と思ってしまって。
    そういう形で償うのなら、いじめの加害者少年を汚い手を使って無罪にすることで
    無駄な反感をかって、その母親を復讐の鬼にし、新たな犯罪者を生むというような
    そんな仕事のしかたをしちゃだめでしょう?!
    と、思わず問いかけたくなる。

    中山七里さんとは相性がいいのか悪いのか、
    なぜか必ず犯人が序盤でわかってしまったり
    心に響き渡るような音楽描写は大好きなのに
    ラストではいつも後味の悪さにどーんと落ち込んだりで
    追いかけたいけどちょっと戸惑ってしまう作家さんだなぁと思う、今日この頃。

  • どこかで「リーガル・ハイ」っぽいという感想を読んで、借りてみた作品。
    御子柴礼司、かっっっこいい!法廷でのやりとりはリーガルハイっぽいけど、感情ではなく論理で崩しているから違うかなと言う印象。
    主人公がヴィラン(悪役)なの?と思いながら読み進めていたけど、なるほどダークヒーロー。ブラックジャックの弁護士版というか。読み始めたときの印象と最後の印象が全然違う。ひんまがっているけど、真面目に、そして孤独に「生きている」人。
    事件が二転三転していくなかで御子柴の心中にもグングン迫っていって、すごいスピード感だった。
    ストーリーとはちょっとずれるけど印象に残ったのは、最初のほうで裁判員裁判について御子柴が依頼人に話しているシーン。あんまり考えたことのない視点での説明に衝撃を受けた。
    そんでもってドラマは三上博史が御子柴をやってるというね。気になる!早く続き読みたい!

  •  読んで良かった。まだまとまらない。過去の話で泣いてしまった。
     指導員も、嘘つきも、無口も、ピアノも、いろんな繋がりが人に与える
     良い部分が記述されていて、不思議な所感となった。結末は、色々
     ひっくり返されて、騙されたーってなるんだけど、そんなのは、どうでも
     良くって、誠意と言うか覚悟のようなものが、というか強靭さを印象づけた。

  • 深いテーマ、魅力的なキャラクター、巧みな構成と、完成度が高く、強い感銘を与えてくれます。14歳で猟奇殺人を犯した「少年A」が生に目覚め、贖罪の道を歩みますが、それは彼にしかできない弁護士という道でした。「カエル男」の渡瀬と古手川も登場し、ある保険金殺人を巡りさまざまな思惑が錯綜します。御子柴が更生するきっかけとなったベートーヴェンのピアノソナタ「熱情」の演奏シーンが美しくドラマチックで、さすがは作者とうなりました。罪とは何か、償いとはどういうことか、考えさせられる内容でした。ラストはとても鮮烈でしたね。

    • bugnebuly@(o^^o)さん
      フリちゃんこんにちは、すごく読みたいレビュー(o^^o)登録させてもらいまーす!
      フリちゃんこんにちは、すごく読みたいレビュー(o^^o)登録させてもらいまーす!
      2013/09/05
    • フリスビーさん
      ありがとうございます。コメントの仕方これでいいのかな? まだよく解らない。
      ありがとうございます。コメントの仕方これでいいのかな? まだよく解らない。
      2013/09/06
  • 2018.2.4

  • 面白かった。続編を先に読んでしまったので、御子柴の過去の事件、弁護士になるきっかけなどわかって、納得した。これからもずっとシリーズ化で読みたい。

  • 谷原章介氏がテレビで紹介していたので読みました。ちょっと読み進めるのに時間がかかってしまったのですが(この手の物語はすぐ疲れて休憩を挟んでしまう…集中が続かなくなってしまったんだなぁ)シリーズ物という事なので続編も手に取りたい。ザラリとした嫌な感覚が常につきまとうが、主人公に惹きつけられました。

  • 御子柴礼二シリーズ1作目であり、渡瀬&古手川コンビも登場する作品。光崎先生の名前も出てきます。

    冒頭部分から、むむむ?と思いながら、ちょっと胸気持ち悪い印象で読み始め、うーんどうかなと思っていたのが、半分くらい進んだ頃には、すっかり虜に。

    法曹界が舞台の作品には今まで縁もなく、せいぜい検事側のことを映像作品で知っていたぐらいで、なかなか専門用語が頭に入らないかなと思っていたけど、裁判員やその他の方にもわかりやすく、という弁護士らしい表現の置き換えや話術で、ほぐしてくれて、すっかり自分も傍聴席の一人のような気分でお終いまで読みきりました。でもって、御子柴礼二という人間を少年院時代の話を通して見直していくことで、渡瀬さんが御子柴という人間を見つめていったとさように、読み手の私も、いい気がしなかった御子柴さんに、人間味を感じて少なからず好意的な印象を与える効果は抜群。

    渡瀬さんと御子柴の立場は違えど2人がとても似た視点・思考のもとに動いているという描写もあり、こりゃ今後の2人の関係にもますます気になるところ!どこか、この先の作品で、また交わるであろう展開に期待しつつ、次の中山作品に手を伸ばすとします!

  • 2011年12月21日初版 書き下ろし

    中山七里氏を勝手に30代後半女性、と思い込んでいたのだけれど、男性と知り驚愕。“さようならドビュッシー” とか “いつまでもショパン” とかの甘党なタイトルは避けて とりあえず これを読みました。

    冒頭、御子柴弁護士の死体遺棄シーン。辣腕コンビの渡部&古手川 両刑事が登場し、別の案件、木材工場を営む東條彰一殺人裁判が出て来る。
    御子柴に目をつける渡部、そこから御子柴の過去が語られていく.....

    残忍な描写が多く、ベートーベンの“熱情”の捩じ込みにも無理があり、最後の呼吸器の件も、いやそれ、いくらなんでも警察調べるでしょ?で、いささか派手さが鼻につく。 上告文とか判決理由を読まされるのも眠い〜

    ところで、自分は、作家が主人公に強い愛着を抱いている作品に惹かれるのだが、冒頭、中山氏は御子柴をテキトーにベンリに作り出しただけではないのか?という印象であった。

    それは、読み進めるに連れ変化していく。

    サレジオ事件の犯人をモデルにした御子柴にさまざまなものが詰まっている。中山氏は執筆にあたり資料もたいして読まないらしいが、この作品には一冊だけ参考文献があげられている。資料読みは確実に作品の深さに影響するということかと思った。

    いずれにせよ、すべての家庭が豊穣な精神がやどる場であってほしいと祈りたくなる。

    ※本書とは関係ないけれど、中山氏が男性だと知ったサイト。中身も面白かったのでリンク張っとく↓
    http://ebookstore.sony.jp/stc/special/author/nakayama/

  • 続編の「追憶の夜想曲」を読んで読み返したくなり再読。
    やはり中山七里は何度読んでもその筆力に唸らされる。
    2度目でも途中で読みやめることができないとは恐るべし。

    このシリーズ、後味は決してよくないのに鳥肌が立つほどのこの読後の高揚感!
    まだの方はぜひとも二作品を続けて読んでいただきたい。

  • 帯のあらすじとか見ると地味なよくあるミステリっぽい印象をうけますが・・・面白かったです。
    なんというか、既存の作家ではあんまりこういう話にはもっていかないだろうなあ・・っていう展開が目新しいというか。
    過去に享楽的な殺人の犯罪歴があって、という人物が疑われて・・・という展開で「実は改心していた」っていうのは案外なかなかないように思う。具体例をあげるのもあれですが、東野圭吾あたりだったら過去にそういう犯罪歴にある人物はうまく隠して日常を送ってはいるけど実はやっぱり・・・とかなりそうな。
    文章も読みやすく疲れないのでさらっと読むのにいい感じの一冊・・・だと思う。

  • どんでん返し。
    面白かった!
    御子柴弁護士が魅力的。少年院での話がとても印象的。重くて切なくなるけど、良かった!

  • "「きっと自分が救われたかったんだろう」"

  • 期待して読んだら完全に期待外れ。期待してなくても外れやった感もあり。とにかく、関係のない登場人物が多すぎる。その人物が何かしらあとで絡んでくるのかと思いきやそのままほったらかし。一体少年院で起きた出来事はなんの振りやったん⁈ピアノの少女がもっと関わってくるのかと思いきやそれもなし。逆恨みした母親の意味もなんとなく宙ぶらりん。だらだらと盛り上がりにもかける、残念な作品でした。

  •  まあ、はじめから多分あれだとうと予想しながら読んでいたのですが、作者はあくまで「怪しさ」をちらつかせたいようですし、それにしては医療少年院の記述が長すぎて、いったいどうしたいのかなあと思っているうちにページは残りわずか。ラストでそこまでやっちゃいますか!ちょっと飛躍がすぎるんじゃありませんかね。

  • あと味の悪い、嫌な事件。って感じ。
    主人公、御子柴弁護士の最後がハッキリしないままなのも中途半端で嫌な感じ。

  • 二転三転する結末には、ミステリー作家としての力を感じさせる。

    冒頭の意外な出だし(弁護士御子柴が死体を川に捨てにいく)にも、驚かされた。

    なお、御子柴のキャラクターには実在のモデルがいる。
    「心にナイフをしのばせて」というノンフィクションがあり、御子柴のような
    経歴の弁護士が現実にいることに驚く。



    この作品で残念なのは、リサーチをしているはずなのに、この作品には大きな間違いがあること。

    1つは、ヤマ場の一つである法廷シーンだが、証人尋問などの取り調べは高裁までで、最高裁では新たな証拠の取調べはしない。
    なので、あのような展開は残念ながらありえない。

    2つ目は、御子柴の冒頭の行為は、立派な死体遺棄罪。
    逮捕・起訴が通常であり、弁護士がこのような犯罪を犯したとなると実刑の可能性が強く、弁護士資格は無くなる。
    この点がミステリーとして未処理なのは残念。

  • ミステリー、エンターテイメントとして見事な作品でありながら、主人公の目を通して描かれる、犯罪加害者の矯正と贖罪というテーマが全編をつらぬき、読み応えあり。
    小説の中でなくても、日々ニュースで凶悪犯罪を耳にするこのごろだから、そういう犯罪者の心理をあえてフィクションで扱う際は、怖いもの見たさの野次馬根性をそそるように、その狂気を殊更刺激的で幻想的に表現しがち。というか、あらゆる娯楽にそういう嗜虐的な表現がはびこっていて、うんざりなのです。
    でもこの作品は犯罪者の心理に真摯に向き合いながら、わずかな光をさがす、そういう作者の姿勢が素晴らしいなと思いました。

  • てっきり『殺人の汚名を着せられた過去のある正義漢』かと思いきや、本当に殺人を犯したことがある主人公とは。そこにまずびっくりしました。
    中山さんの小説はとてつもなく読みやすいのに、深く考えさせられる。今回も色々と考えました。正義とは。お金とは。自分の思い込みや偏見について。

    今回はシリーズ第1弾なので自己紹介的な部分も多かったと思うので、次回以降もとても楽しみです。

  • 御子柴礼司シリーズの第1弾。
    先に読んでしまった作品もそうだけど、勝利を勝ち取ってから実は…っていう展開がかなりブラックミステリ。

  • ストーリーテリングが巧み

  • 金は人を狂気に

  • いや久しぶりに新しい面白シリーズに出会えた。続編があるようなので楽しみすぎる。

    中山七里さんを知らなかったなんて、これまでどれだけもったいないことをしたかと思いつつ読み進めていると、主人公が若い頃入っていた少年院で心に突き刺さる同じく少年院の少女のピアノを聴くといったあたりで?となる。

    しかもベートーベン?どこかでこんな話しなかったけ。しかもその少女の担当医の御前崎という名前に聞き覚えが・・・。あれ刑事の二人のキャラもどっかでとなってから気づく。

    そうカエル男。

    カエル男1と2。面白くない訳ない。いや~うっかりしてた。でもこんな面白い作家さんの読んでない本がごっそりあるなんて本当にラッキー。

    贖罪の次は何かな?

  • きっと……犯人は、この人なんだろうなぁ~と分かりつつも、御子柴の裁判戦略や最後のシーンには夢中になり読了感は満足です。ただ、、あの~冒頭シーンは御子柴が死体遺棄なんでしょうか?

  • 御子柴礼司シリーズの第一弾
    実は第二弾の追憶のノクターンを先に読んでいたのですが、取りあえず後先になっても理解出来たかな。
    御子柴礼司の心の変遷が少しだけ分かった・・・かな。

    贖罪・・・殺人の贖罪って・・・
    少年法で守られた殺人犯の贖罪って・・・
    ちょっと考えされられた。

    事件の展開に関しては、信じあえない家族は悲しい・・・
    家族を殺した罪の贖罪は・・・そんな事出来るのか・・・

  • <あらすじ>
    弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聞く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった――。

    ちょっと評判になっていたので。
    「どんでん返し」と言うほどでもないが、かなり面白かった。

  • 依頼人から法外な報酬をふんだくる悪徳弁護士、御子柴。
    彼は子供の頃、殺人を犯した過去を持つ。

    そんな彼が、金にもならないある事件の弁護をすることに…

    いやーラスト数十ページ、めくる手を止められないほどの衝撃。
    さすがのどんでん返しが気持ちいい。

  • スゴイ。猟奇ものと思いきや、少年犯罪とその後の人生、について気づかされ、法廷ものに変貌し、最後はまさかの障害者への偏見と思い込みへとつながって行く様が見事。
    公判からのドライブ感半端ない。
    読んで良かった。中山七里バンザイと言いたくなりました。

全288件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

中山 七里 (なかやま しちり)
1961年生まれ、岐阜県出身。男性。幼少の頃から読書が趣味で、高校時代から執筆を開始。花園大学文学部国文学科在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあった。
就職後は執筆から離れていたが、島田荘司を生で見た体験から執筆活動を再開。2009年、第8回『このミステリーがすごい!』大賞で『さよならドビュッシー』と『災厄の季節』の2作が最終選考にダブルエントリーされ、前者で大賞を獲得して48歳で小説家デビュー。後者も、「読みたい!」との声が続出したため、『連続殺人鬼カエル男』と改題し、2011年に文庫本として出版される事となった。
代表作に『さよならドビュッシー』などの「岬洋介シリーズ」、『贖罪の奏鳴曲』にはじまる「御子柴礼司シリーズ」。多くの作品が映画・テレビドラマ化されている。

中山七里の作品

贖罪の奏鳴曲を本棚に登録しているひと

ツイートする