シンプルな暮らしの設計図 (講談社の実用BOOK)

著者 :
  • 講談社
2.91
  • (1)
  • (6)
  • (33)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 162
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062173780

作品紹介・あらすじ

「捨てる」から始めない。物に振り回されない、新しい片づけの考え方。エッセイスト、整理収納アドバイザーの著者が提案する、「物が大好きな人」のための収納法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容は良いのですが、文字がもう少し大きいと良かった・・・。
    装丁が残念だったのでそこが気になって文章があまり頭に入ってこなかった。

    片付け自体が苦手、という人にはおすすめだと思います。

  • 暮らし

  • 物を減らすには、捨てる技術よりも購入時のハードルを上げる。
    耳が痛い一節です。

  • 食器コーデ、コーデ手帖。

  • 写真もっと見たかった。

  • 思ったより文章が多めでした。衝動買いしたくなったら食べ物を買うというのは実践したいです。

  • 2013年4月14日読了。

  • 人気エッセイストの本。
    シンプルに暮らすには、最初の設計が大事、とのこと。
    そうだなぁと思いつつ、なかなか現実は難しかったり。。

    あっという間に読める本です。
    個人的には、こういう片づけとか暮らしのに関わるものは雑誌の方が参考になるかなぁと思いました。

  • 表紙でどんなものをお気に入りにしているのかという感じの印象を受けたが、物欲をどうやって押さえているのかとかも書いてあってそこが参考になる。
    物欲リストとクローゼットダイアリーが特に。

    3つのもの
    ・耐久消費財(使用頻度を考える、壊れるまで使うもの)
    ・消耗品(無くなったら買うもの、洋服もここ)
    ・愛着のあるもの
    という分類は参考になった。

  • 書かれていることができると、物を大切にして楽しむ暮らしに近づける気がします。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エッセイスト、整理収納アドバイザー。1975年、東京都生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。確かなもの選びの眼に定評があり、フェリシモで商品開発なども手がける。
暮らしや台湾にまつわる著書は30冊以上にも及ぶ。近刊に『これからの暮らし計画』(大和書房)、『大人の旅じたく』(マイナビ文庫)がある。


「2021年 『すっきり暮らすためのもの選びのコツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳沢小実の作品

ツイートする
×