体を整える ツキを呼ぶカラダづかい

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (11)
  • (19)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 126
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062173841

作品紹介・あらすじ

強い人は、美しくしなやかである。それはカラダまでも-無敗の雀鬼、初公開のカラダ論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本は難しく考えずに感じるままに読む方がいい

    「力を抜く」「掴むのではなく触れる」「自然体」…感覚的な話が続くがこういう類いの本は皆無なので希少なのではないかと
    要点といえるものはなく気付きのままに書き綴った印象もありますが伝えたい事はしっかりしています
    頭でっかちな現代人には野生を取り戻すような新鮮味…手にした効率や仕組みから失った大切な何かに気付くかもしれません

    伸び悩んでいるアスリートや頭脳労働で身体のバランスが崩れた人にとってタメになる教えやヒントが見つかるかもしれません

  • 著者の経歴にも興味を持った。動物的な感覚を失ってはいけないんだな・・。しぐさって大切。表情も含めた人間(動物)の動きは、全て理にかなってるってこと。心に繋がってるってこと。気を付けながら生きたい。

  • 面白かった。
    読み終えたばかりなので未実践。
    仕事柄ほとんどの時間、PCに向き合っているだけなのでまずは肩凝りを治す体操と歩くときはやや上向き遠くを見ることからやっていきたい。

  • 「体を整える」桜井章一著、読了。
    40歳代の人にお勧め。健康であるためには、精神面は勿論のこと肉体面においても、柔らかさが大切。でも特別なトレーニングをするのではなく、遊び心を持ちながら柔らかさを身につけるのがポイント。
    肩の力を抜いて、柳のようにしなやかに。

  • 「自然界は壮大な循環のシステムでできている。水、土、空気、風、太陽の光、そして生物の連鎖…、全てが循環という流れの中でつながっている。いうまでもなく人もその中の一つである。外の循環と同調するように体も心も循環させることが、生物としての人の本来の在り方である。」

    本質を突いていると思う。

  • 2014以降

    力まずそっと触れる感覚

    力を入れるのではなく抜く(体の動き)

  • ホンモノ。

  • さらっと読み終わりました。大事なことがわかりやすく書いてあります。でもこれは桜井章一が言っているからこそ説得力があるんだろうなぁという本です。

  • ホンモノ、、、かぁ。
    会ってみたいな。
    陽炎打ちも見てみたい。

    ストーリー
    無敗の雀鬼、初公開のカラダ論
    強い人は、美しくしなやかである。それはカラダまでも――

    かつて棲んでいた「感覚の世界」を取り戻そう

    桜井章一の流儀はこうだ!
    変化に合わせて生きていけば動きは柔らかくなる/いい仕草は「流体のカラダ」から生まれる/「一口食べる」感覚で力を抜く/強い人は動作が見えない/耳で見ろ!/軸は取ったほうが勝つ/カラダが消しゴムになって、いい動きを消してしまう/底力を引き出すカラダの整理術<実践編>等々……

    カラダが整えば心も整う。柔軟なカラダに強さが宿る。
    <本書の内容>
    第一章 技術を越えた“カラダづかい”
    第二章 底力を引き出すカラダの整理術
    第三章 本当に強いカラダとは何か?
    第四章 きびしさがホンモノの動きを生む
    第五章 “自然のカラダ”の秘密

  • 動きや体の使い方を中心にした生き方指南書。
    もっとも桜井さんは指南なんてつもりなく、
    語っておられるのだろうが。
    全体に(写真が多数)男性向きだったみたい。
    だけど、真髄は男女問わず、通じる。
    私には、桜井さんは現代の野口晴哉さんのよう。
    今の時代にこれだけ身体重視、本能重視を説く人は
    めずらしい。忘れないように時々、桜井さんの本読みたい。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1943年東京・下北沢生まれ。昭和30年代から、麻雀の裏プロの世界で勝負師としての才能を発揮。“代打ち”として20年間無敗の伝説を築き、“雀鬼”と呼ばれる。現役引退後は、「雀鬼流漢道麻雀道場 牌の音」を開き、麻雀を通して人間形成を目的とする「雀鬼会」を始める。
主な著書に『決断なんて「1秒あればいい』(ソフトバンク文庫)、『感情を整える』(PHP文庫)、『努力しない生き方』(集英社新書)、『体を整える』(講談社)、『「実践」で身につけた本物の教養』(クロスメディア・パブリッシング)、『超絶』『金メダリストの条件』(以上、竹書房)などがある。

「2021年 『瞬間は勘と愛なり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜井章一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・ギレボー
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×