97歳の幸福論。ひとりで楽しく暮らす、5つの秘訣

著者 :
  • 講談社
3.92
  • (20)
  • (21)
  • (13)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 169
感想 : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062174558

作品紹介・あらすじ

「え、97歳!?なぜそんなにお若いの?」に答える、衣食住アイデアBOOK。話題の現役カメラマン、笹本恒子流「わたし、快適」「暮らし快適」の極意。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 数か月前にこの本を本屋さんで見かけた時は「へぇぇ」とパラパラと
    めくって棚に戻した
    少し前にNHKに出演されていた笹本さんを見て、あの本買わなきゃと思い立った

    番組に出演されていた笹本さんはとても97歳とは思えない溌剌ぶり
    歩き方も姿勢も話し方も、失礼ながらそんな高齢とは思えない
    どう生きたらこんな年齢の重ね方ができるのか、とっても知りたくなった(笑)
    私の目標「生涯現役」のスーパーモデルだ!

    本は大きな字なので、急ぎ足で読めば1時間もあれば余裕で読めてしまいます
    写真も豊富に掲載されているから目でも楽しめる

    「97歳、すごい!」
    と一言で言ってしまえばそれで終わりだけど、今日まで積み重ねてきた「一日」があるから
    97歳になったわけで・・・
    今日は過去からの積み重ねで、未来は今日からの積み重ね
    そんな特別なことじゃない
    ある日、びっくりするような大ホームランなんて全ての人にあるわけじゃない
    「今」をいかに積み重ねるかにかかってくると思う・・・
    何気なく過ぎ去っていっていると思う「毎日」がとても大事なんだよねぇ~
    そんなことに気付かせてくれた笹本さんの本です

    「自分を甘やかさない」と語る笹本さん、素敵です!

  • こんな人が近くにいたらいっぱい教わることがあるなあ。
    なかなかこんな素敵な先輩はいなくなってしまいましたね。
    人前で平気で携帯電話で話す人、
    顎をあげてペットボトルを飲む人、
    レストランで大声で話す人、
    スーパーの商品の前で立ち話する人…等々

    自分は一つ一つしないように心を配ろう。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      97歳かぁ~凄いなぁ~
      笹本恒子って女性報道写真家第一号なんですってね、パイオニアだから色々と苦労して道を切り開いて来られた方だと思います。...
      97歳かぁ~凄いなぁ~
      笹本恒子って女性報道写真家第一号なんですってね、パイオニアだから色々と苦労して道を切り開いて来られた方だと思います。だから芯がシッカリされているのでしょうね。
      しかし個人的にはタイトルが、、、「ひとりで楽しく暮らす」。人は一人では生きていけないし、生きてると思うのは間違いでしょ(タイトルは編集者が決めていると思いますが)。
      2012/08/01
    • sobakasuさん
      この本を母はとても気に入って、一人暮らしの姉(伯母)にプレゼントするそうです。
      ただ、私は80歳近い人がこの本を読んで真似て
      生活習慣などを...
      この本を母はとても気に入って、一人暮らしの姉(伯母)にプレゼントするそうです。
      ただ、私は80歳近い人がこの本を読んで真似て
      生活習慣などを替えることは無理だしそんな
      必要はないとおもいます。
      2012/08/01
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「必要はないとおもいます」
      でも、気持ちの問題だから、思い出した時にシャンとなれば、それだけでも素敵です(こんな風に書くと、普段が宜しくない...
      「必要はないとおもいます」
      でも、気持ちの問題だから、思い出した時にシャンとなれば、それだけでも素敵です(こんな風に書くと、普段が宜しくないように聞こえるから、、、ダメですね)。
      2012/08/02
  • 97歳の現役写真家(!!)の日常を公開。「老前整理」なんてなんのその、アジアやアフリカの民芸品がかわいくたくさん飾られた自宅(マンションの高層階ですって)、エスニックな布をたっぷり使って自分で仕立てたワンピースにZoffのカラフルな眼鏡を合わせて。
    1914年、大正時代に生まれて戦争も乗り越え、いろんな苦労をしたはずですが、柔和な笑顔。
    ほんとに楽しく読みました。明るい気持ちになります。

  • アイロン掛けの前、アイロンが熱くなるのを待つほんの少しの間、目次だけ目を通すつもりで本を開きました。なのに、そこはまるで、笹本さんのお部屋で彼女と親しくおしゃべりしている気持ちになるほど自然で心弾む空間。アイロンのことなどすっかり忘れて、あっという間に読み終えてしまいました。
    読み初めから読み終わりまで、ずっと心は浮き浮き、ポカポカです。丁寧で自分らしい衣食住を楽しむ笹本さんの毎日に、たくさんの勇気さえもらえました。本人の心持や努力、潔さ、好きなものへの愛情で、人生って本当にバラ色になるのですね。
    「たくさん勉強はするわ。でも、ひけらかさない」…積極的に自分をアピールするのが良しとされる風潮の中、“自分”を出さない謙虚さが必要とのお言葉が、なぜかとても爽やかで印象的でした。

  • 「バラ色の人生」
    とても素敵な言葉!
    「いくつになっても輝ける」
    そう思わせてくれる一冊。

  • お手本にして、私なりのバラ色人生にしていきたい。

  • スキンケアはドクターシーラボのゲル!

  • 笹本さんならではの考え方ですが、すごくこれからの生活を豊かにする上で参考になることが多かった気がします。

    人生バラ色にするために、遅いということは何もないから始めてみようかな、色々と。

    そう背中を押してくれる一冊でした。

  • 高齢者向けで字が大きいのですぐ読めました。本日の徹子の部屋出演。しかし若い。

  • 2018年1月23日読了。図書館で借りた。

    笹本さんの本は初めて読んだ。
    沢村貞子のエッセイで知り、興味がわいた。
    1〜2時間ほどで読めた。字が大きめ、行間もとってあるから読みやすかった。
    冗長なところがなく、次々とページをめくってしまった。
    まだ数冊、著者の本を借りているので、読むのが楽しみ。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日本初女性報道写真家

「2017年 『103歳。どこを向いても年下ばかり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笹本恒子の作品

ツイートする
×