世の中への扉 災害救助犬レイラ

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175081

作品紹介・あらすじ

2011年3月11日、東日本大震災が発生すると、災害救助犬レイラは、いちはやく被災地にかけつけました。災害救助犬の役割は、すぐれた嗅覚をいかして生存者をさがしだすこと。岩手県大船渡市から宮城県気仙沼市まで、一週間におよぶ捜査活動がはじまりました。小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東日本大震災発生直後の現場で活躍していたレイラの話。
    生存者を信じ、健気に探すレイラが印象的でした。

  • 東日本大震災で救助活動をしたレイラの話。

    記憶に新しい出来事なだけに、涙をこらえつつ読んだ。

    災害救助犬という存在について少し勉強になった。

  • 資料番号:020244851
    請求記号:369/イ  

  • レイラが、命を助ける物語。

  • 災害救助犬の育成についてもある程度はわかるが、時系列が一定でないのは読み慣れた子向きかも。手段を考えると仕方ないが。
    しかし、震災での経験が犬にも大きなショックを与えていたのだ。記録DVDを見た犬が怯えて身を寄せてくるという描写には泣かされた。

  • 東日本大震災の被災地で捜索活動をおこなった災害救助犬レイラが紹介されています。
    請求記号: 369 イ
    資料番号:020244851

  • 東北で起きた大震災直後、被災地岩手に入って救助活動にあたった災害救助犬レイラと飼い主の村田忍さんの活躍を描く。
    なかなか生きた人を発見できず落ち込むレイラを、一緒に救助活動をする自衛隊員が、あることをして励ましてくれるエピソードに涙。
    災害救助犬が広く認知され、飼い犬たちにもその訓練が行き届けば、災害国日本ではとくに役立つに違いない。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

動物ノンフィクション作家。人と動物のふれあいがテーマの作品を多く手がけている。現在、新聞で動物エッセイ連載中。

主著:『ディロン~運命の犬』『犬の消えた日』(幻冬舎文庫)『動物看護師になるには』(ぺりかん社)など多数。

「2018年 『獣医師になるには』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世の中への扉 災害救助犬レイラのその他の作品

井上こみちの作品

ツイートする