旅する女

著者 :
  • 講談社
3.04
  • (1)
  • (5)
  • (13)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みながら映像が浮かぶようで、とてもいい一冊だった。ななかでも、ポルトガルのファドについての話は心にしみた。
    そういえば、歌手のちあきなおみが「ファド」に魅せられて、これを取り入れたアルバムを発表していることを思い出した。
    集子、という今はこの世にいない一人の女性が、この本に登場する4人の女性たち以外にも、世界の女性を緩やかにつないでいるようで、読後感がさわやか。
    他に気になったのがほおづきのチョコレート、そしてインドの刺繍が施された美しい布。
    心に留めておけば、いつか私の元にやって来るかも知れない。

  • 個人旅行のコーディネイトを手がけていた集子(あつこ)が死んだ。数日後、旅行を依頼していた4人の女が彼女の部屋に集まる。彼女たちは、生前の集子が書き残した「最後の旅」のことを知って心を動かされる。集子は世界中を旅しながら「私のための樹」を探していたという。4人はキューバ、ポルトガル、南フランス、インドと、集子がそれぞれの旅の為に残した資料を受け取り、各々の生活に戻ってゆく。しかし集子の死、無くなってしまった旅、集子の最後の旅が、4人を新しい人生へと導いていく。

    展開が少々無理矢理な感は否めないが、気付かされることが多い本だった。私は見知らぬ土地を歩くのが好きで、連休があればどこへ行こうか妄想ばかりしている。集子も旅行好きが高じて個人旅行のコーディネーターになったわけだが、この物語を読んで“旅”とは何かを改めて考えさせられた。

    集子の死により彼女にコーディネートを依頼していた女性達の旅は無くなってしまう訳だが、集子が各々の為に用意していた旅へ思いをはせるうちに、女性達は今の自分、これからの自分と向き合い始める。一般的に“旅”というものは、どこか遠い土地へ出かけて、日常生活とは異なる体験をして、気分転換や新たな気付きを得るものであると思う。しかし遠い土地、言語の異なる国にまで出向かなければ旅の効用は得られないのだろうか。否、とこの物語は伝えている。偶然見つけたレストランへ入ってみる。いつも購入するようなエレガントな靴ではなく、歩くためのズックを買ってみる。日常生活から少しだけ外れて、いつもとは違う風景を見てみる―そこに今までの自分とは違う自分がいれば、その行為はすでに日常から離れた“旅”と言えるのではないか、と感じた。

    私は旅に憧れ、「旅がしたい、どこかへ行きたい」とよく思っているが、いつも遠くを見てばかりだった。大切なのは距離や旅行にかけた金額ではなくて、旅の結果自分がどれだけ変われるか、である。その効果が得られさえすれば、自分が住む街であっても“旅”になり得る。そう思うと、日常生活のすぐ近くに楽しいことが隠れているような気がして、わくわくしてくる。“旅”のきっかけを探しながら日々を過ごすと、いつもの景色も少し違ってくるような気がした。

  • さわやかさを感じました。
    自分は自由だと感じていた女性、夫に尽くしていたと思う女性、からっぽだけど人に優しくしたいと思う女性・・・・
    集子さんの死という風がふいて、自分を見つめ直し歩き始める女たち。4人に共通点はないけれど、集子さんのあたたかな彼女たちを見つめる目を感じました。

  • FRauの連載小説だったと知って納得。人物造形に深みを感じられぬまま読了。セクシーな料理!と50代の主人公が連発するのには、「なんだそりゃ?」と引く。語られる料理がどれもそれほど魅力的でもないので一層引いた。

  • frauに載っていたので読んでみました。
    人生は旅の連続、短期間でガラリと何かが変わることは、意外とあるのだ。
    でもその何かに気づくかどうか、その波に乗れるかどうかは別物ですよね。

    これはあくまで小説の領域の、エンタメだけど、そんなことを考えたら意外と楽しい。

  • 人生、一寸先は闇のきらめき

    色んな生き方がありますよね
    それぞれの旅もあります。
    4人の女と集子の生き方…


    草太みたいな恋人がほしい!
    美味しい料理と美味しいワインを選んでくれる恋人!



    『小娘』と『ギャランティ』が気になってしょうがなかった
    ケイが小娘みたいって自嘲するのはわかるけど
    風が、風の年代の子が自分を小娘っていうかのな?
    自分が若いのは当たり前で、
    若くない自分は自分じゃないってくらいの年代だと思うけど
    空っぽだって自覚してる風だったら、
    余計に「若さ」はアイデンティティのひとつだと思うんだけどな
    ケイの若さと風の若さについて対比があってもよかったのでは?
    なんだか、風のパートはケイの視点から言ってるような印象
    それこそ、空っぽ
    ケイのところはとてもよかった!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1948年、東京生まれ。成城大学卒業後、スタジオミュージシャン’(ヴァイオリン)を経て、脚本家となる。テレビドラマ「響子」「小石川の家」で向田邦子賞を受賞。映画も多数手がけ、「それから」でキネマ旬報脚本賞、「失楽園」で日本アカデミー賞優秀脚本賞、「阿修羅のごとく」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。映画「食べる女」では、脚本のほかにプロデュースもつとめる。著書に『食べる女 決定版』(新潮文庫)ほか。

「2018年 『いとしい人と、おいしい食卓 「食べる女」のレシピ46』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筒井ともみの作品

ツイートする
×