社会のマナーとしくみがわかるおとな事典

  • 講談社
3.44
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175388

作品紹介・あらすじ

ひと目でわかるイラスト図解。ビジネスマナーの達人が教える、いまさら人に聞けない社会のマナーとルールの基礎の基礎。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新人社会人向けに書かれた本で、やさしい言葉でわかりやすく説明されています。
    ためになることがいろいろと書かれていました。

    "マナーというと、堅苦しいものと思いがちでしょうが、マナーは「自分を大切にするように人も大切にする心」です。"と書かれた一文に、なるほどと納得します。

    選挙演説や国会答弁の政治家の話し方は、一般的には簡潔なのでしょうけれど、私個人としてはわかりづらく舌を噛みそうだと以前より思っていました。
    それは、敬語使いが変だからだと、この本の指摘でわかりました。
    政治家は、言葉の中に「を」が多すぎで、「させていただく」を使いすぎ、つまり敬語がめちゃくちゃだと著者は問題視しています。
    それだけではなく、テレビのアナウンサーも間違った敬語を使う人が多いため、日本人は敬語の使い方がおかしくなってしまったと危惧しています。
    社会的影響力のある人は、正しい言葉づかいをするのが義務ではないかと思います。

    セクハラの境界線は、主観に左右されるため、かなり曖昧なところではありますが、聞いてもいない女性遍歴を自慢するのもセクハラだそうです。
    つまりは、相手に生理的に不快な思いをさせないことが大事なのでしょう。

    やはり人は、仕事においてもプライベートにおいても、その人間力がものをいうものだと思っているだけに、多くの人の力が借りられるのは頭の良さではなく人格の力だ、という一文に強くうなずきました。

    なんとなくマナーとして覚えてきたことも、言葉で説明されることで、その意味と必要性を再認識でき、新鮮な気持ちになれた一冊でした。

  • 新入社員は手元にあってもいいかもしれない。
    社内外の文章の書き方など色々のっている。

  • 「いまさら人に聞けない、社会のマナーとルールの基礎の基礎」(カバー返しの紹介文より)
    明文化されることの少ない暗黙のルールについて学べると思い借りてみた。確かに微妙な問題に関する記述も含まれているが、大半はビジネスマナーとして会社の研修や秘書検定講座で学べる内容だった。
    本の内容自体は良いものだと思うが、今の自分にとってはわざわざ読むほどの価値がなかったため星2つ。

  • 読みやすく、わかりやすかった。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、3階開架 請求記号:336.47//I96

  • 336.47 イ 登録番号9320

  • 基本の基本といった内容。それだけに蔑ろにできないと思った。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

話題の女性を写真集クオリティとボリュームで特集するバズガールマガジン、WHITEgraph。008号のテーマはPURE。

「2021年 『WHITE graph 008』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×