戯史三國志 我が土は何を育む

著者 :
  • 講談社
4.18
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175524

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このシリーズの第1作(陳宮が主人公)のレビューで、私は三国志の熱さが足りないと書いたけれど、この第3作で遂にその熱さが備わった!

    本作は、第2作の程普の巻に登場した廖惇(廖化)を主人公として、蜀の興亡を描く。

    3作が、見事に連環して完結する。
    1、2作だけ読んでは、このシリーズの真価は分からない。
    ぜひ、この第3作もお薦めである。

    素人のくせに生意気を言ってしまうが、作者の筆力の成長ぶりが、如実に
    わかる作品である。

    劉備、関羽、張飛、孔明ら名だたる名将に、新しいキャラクターを与えて、国のあり方、人のあり方を描いている。

    関羽が廖惇に遺した言葉には、不覚にも眼がうるんでしまった。

  • 廖化の話。
    魏呉蜀は元は漢から生まれ、兄弟のようなもの。土はつながっていて、憎しみあってはいけない。

    今の世の中も同じではないか。お互いに正義があり、それがぶつかり合うのは仕方がないが、それを超えて融和していくことが大切。同じ地球に住んでいるんだから。

  • 今回の主人公は蜀の廖淳(後の廖化)
    蜀漢の滅亡を目前に廖化は北伐中の姜維に自分の半生を語る形。
    波乱万丈な人生。その中で出会う人々。
    大事な人が魏・呉・蜀の3国其々にいる廖化。
    ちょいちょい登場する夏侯覇との絡みはもっと読みたかった。
    3冊の内1番地味かもしれないけれど、程普・戯葉の言葉に出てくる「土」という言葉の意味を知るに1番重要であり基本中の基本の事を語ってる様に思えた。
    その意味を悟った廖化が劉禅に言った言葉。
    劉禅はその言葉の意味を知ってあの有名な言葉を言う。
    「国」ってなんだろう?人が息づく「土地」・「大地」って?
    この本の劉禅は案外暗君ではない書き方をしていた。
    (しかし黄皓の感じの悪さ・悪役はこの本でも変わらない。不変ですなー。)

  • 昔語風なので、その都度、時間が途切れてしまうのが残念。
    しかし、他ではなかなか主役にならない人物(廖化)の視点から、語られる多くの人々に魅了させられる。
    劉備後の、孔明と廖化のやり取りをもっとみて見たかった。
    オチにはヤラレタ…。こんな彼は見た事ないかも。

  • 三部作最終巻という事で。
    主人公のマイナーっぷりもさすが!!
    おかげさまでたっぷり楽しませていただきました。
    ただちょっと、導入が昔語りなのが微妙ですが。
    どうせなら、三部作と言わず、もっと続けてくれればいいのに、と思います。
    マイナー部将ならまだまだいますしね。
    きっと、このシリーズなら頗る面白いハズ!!

  • こ、こんな視点からの蜀もありか……!相変わらず個性的な人物たちが良い。

  • 廖化が最後の北伐中の姜維に劉備らの思い出を語る形式。諸葛亮が上から目線すぎる軍師で変な笑いが。

  • 授業とかで触れる三國志はなんだか堅い印象があったけれど、これは本当に読みやすかった。
    私を含め初心者さんにおすすめ。

    国の興亡が激しい中国の歴史のなかで、主人公の考える国とは一体何か、が興味深かった。
    よいお話です。

    あと孔明さんもかっこよかった。笑

    装丁もカバー下まで凝っていて素敵。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1968年東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。2010年「我が糸は誰を操る」で第5回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞。同作は、『戯史三國志 我が糸は誰を操る』と改題し、翌年に刊行。12年『戯史三國志 我が槍は覇道の翼』、15年『誉れの赤』でそれぞれ第33回、第36回吉川英治文学新人賞候補となる。16年『闘鬼 斎藤一』で第4回野村胡堂賞受賞。7人の作家による“競作長篇”『決戦! 関ヶ原』『決戦! 関ヶ原2』『決戦! 三國志』『決戦! 川中島』『決戦! 賤ヶ岳』にも参加している。他に、『関羽を斬った男』『治部の礎』『裏関ヶ原』『孟徳と本初 三國志官渡決戦録』『老侍』『雷雲の龍 会津に吼える』『憂き夜に花を』『ぜにざむらい』などがある。

「2021年 『新風記 日本創生録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉川永青の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×