たべもの だーれ? (講談社の幼児えほん)

  • 講談社
3.85
  • (9)
  • (6)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 179
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (18ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175579

作品紹介・あらすじ

右にも、左にも、同じたべものがあります。でも、ページをめくると……さあ、だれがかくれているのかな? 本書は、シンプルなしかけのなかに驚きがいっぱいで、親子で「あてっこ遊び」をしながら楽しめるしかけ絵本です。作者は、海外でいちはやく才能を見出され、次々と欧米で作品が出版されている新進絵本作家・よねづゆうすけ氏。デザイン性に優れたクオリティの高い幼児絵本を次々に生み出しています。好評既刊の『のりものつみき』『にじいろカメレオン』につづく、日本語版作品の最新刊は、本書と『くだものだーれ?』の2冊同時発売。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10ヶ月。自分から本を開いて仕掛けを見つけて楽しそう

  • たべものに動物たちがかくれんぼ。めくってたのしいしかけえほん。
    問いかけながら(ヒントもOK)めくっていきます。
    ボードブックなので丈夫で安心。
    絵も温かみがあります。
    赤ちゃんから、少し大きい子まで楽しめます。
    もちろん大人も^ - ^

  • 1y0m

  • めくると野菜の絵から隠れている動物が現れる。
    何回か読むと覚えて「だーれ?」と問いかける前に動物を言うように。
    子供にめくらせても安心なボードブック。
    1歳10ヵ月ごろ

  • 1歳4ヶ月
    野菜かと思うと、動物が現れる。うまく描かれているなと思った。ボードブック。

  • 10か月

    自分でページをめくりたがる。
    つながりまではわかっているのかどうか。
    喜んでは見ている。

  • 5ヶ月の息子に。図書館。たべものかと思ったら動物がかくれんぼ。面白い仕掛けで息子も虜。

  • 食べ物が描かれているページを開くと、隠れていた動物があらわれます。
    大人もたのしくあてっこ遊びができますよ。

  • おはなしかい。1~5歳くらいまでの子が参加していたけど、どの子も楽しんでたみたい。カボチャとトウガラシが難しすぎ。でも、子供たちは答えられたりするんだよなー。

  • 食べ物が 仕掛けをめくると思いもしない動物に変わる。そんな仕掛けが子供たちにはたまらんらしい。笑
    いつも嬉しそうに自分たちでめくってきゃっきゃしています。
    動物や食べ物の言葉を教えるにも役立ちそうですね♪

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1982年東京生まれ。東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程卒業。2005年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展への入選をきっかけに絵本作家として活動を始める。2007年に初の絵本『Bye-Bye Binky』(minedition)を出版。以後、多くの絵本を創作し、ヨーロッパ各国、ロシア、アジア、アメリカなど、世界中で出版されている。日本では『のりものつみき』『にじいろカメレオン』『たべもの だーれ?』『くだもの だーれ?』『おかし だーれ?』『おはな だーれ?』『りんごはいくつ?』『もぐ もぐ もぐ』『えーん えん!』『ぴたっ!』『おやすみ のらちゃん』『まる まる まんまる』『さん さん さんかく』『かく かく しかく』『だーれのおしり?』『だれかな だれかな?』『かずのえほん』(すべて講談社)など、しかけ絵本がつぎつぎと出版され、そのデザイン性、クオリティの高さで人気を博している。文字の絵本『あいうえお』『アイウエオ』(ともに講談社)ではクレヨン画のタッチが好評を得ている。また様々なステーショナリーグッズ、ファブリックを展開するなど、イラストレーターとしても活躍の場を広げている。

「2021年 『はんぶんこ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よねづゆうすけの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
A.トルストイ
なかがわ りえこ
馬場 のぼる
かがくい ひろし
三浦 太郎
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×