海賊とよばれた男 上

著者 :
  • 講談社
4.25
  • (1793)
  • (1470)
  • (570)
  • (88)
  • (23)
本棚登録 : 10345
レビュー : 1156
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175647

作品紹介・あらすじ

1945年8月15日、異端の石油会社『国岡商店』を率いる国岡鐵造は、海外資産はもちろんなにもかもを失い、残ったのは借金のみ。そのうえ石油会社大手から排斥され売る油もない。しかし『国岡商店』は、社員ひとりたりと馘首せず、旧海軍の残油集めなどで糊口をしのぎながらも、たくましく再生していく。
20世紀の産業を興し、国を誤らせ、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とは何者なのか――
『永遠の0』の百田尚樹が初めて挑んだ、実在の人物をモデルにした本格ノンフィクションノベル!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後まで読めずに返却。

  • 想像以上におもしろい本。
    主人公、国岡鐡造の企業家精神にはただただ感服するだけ。
    出光創業家がシェルとの統合をあれだけ拒むのも納得。
    とにかく下巻が楽しみ。

  • 序章
    第一章 朱夏 昭和二十年~昭和二十二年
    第二章 青春 明治十八年~昭和二十年
    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
    映画を先に見てから読んでる。でも、面白い。
    映画では前妻のユキさんをヒロイン扱いで描かれていたので後妻の多津子さんって方がよく分からなかったんだけど、ユキさんに負けず劣らずな良い女性だったんですね。

  • 13/7/6
    東京国際ブックフェア

  • 1900/1/0 0:00

  • 前半が特にアツい。後半は下巻の溜めかな?楽しみです

  • おもしろい!!
    こんな日本人がいたとは!!
    誇りに思います!!

  • 1

  • 映画では語り尽くされてないからやっぱり本だな、と。

  • 2016/10/08 追記
     URLはこちら http://kaizoku-movie.jp/ 『海賊とよばれた男』 :  URLはこちら http://cinema.pia.co.jp/title/169039/ 『2016年12月10日(土)公開』 : 
     百田尚樹のベストセラー小説を映画化。圧倒的なVFX映像も見どころ。 

    2014/09/14 追記
    「宗像大社国宝展」が出光美術館で行われることを知り、芋づる的に出光佐三氏につながりました。
    ⇒ URLはこちら http://sea.ap.teacup.com/pasobo/1837.html 『「宗像大社国宝展」に行こう!』 :  〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
    本書上巻には、宗像大社との関わりはふれられていません。下巻が楽しみです。

    2014/8/18 記
    明治から大正、昭和の激動の時代、大きな志をもって石油の販売をした国岡鐡造の話に、グイグイ引きこまれます。
    国岡鐡造の人となりに惹かれて、事業を支える人々。
    彼が育て上げ、どんな苦難も厭わず誠心誠意働く店員たち。
    本当にこんなすごい人がいたのかと 驚きと尊敬の念でいっぱいです。
    早く後半を読みたい!

    本を読んだ後で、出光興産創業者の出光佐三がモデルと知りました。 『海賊とよばれた男 』 


    予約して1年。ようやく順番が回ってきました。
    次も待ってるので、ささっと読まなくては!

    2013/06/27  予約  2014/7/29 借りる。8/3 読み始める。 8/18 読み終わる。

    内容と著者は

    内容 :
    敗戦の夏、国岡鐡造は借金以外なにもかも失っていた-。
    20世紀の産業を興し、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。
    その石油を武器に変えて世界と闘った男とはいったい何者か。
    実在の人物をモデルにした歴史経済小説。
    本屋大賞 第10回

    著者 :
    1956年大阪生まれ。同志社大学中退。関西の人気番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家を経て、「永遠の0」で小説家デビュー。
    ほかの著書に「ボックス!」「風の中のマリア」など。

全1156件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

百田 尚樹(ひゃくた なおき)
1956年生まれ、大阪府出身の放送作家・小説家。『探偵!ナイトスクープ』の放送作家として活躍。
50歳の時にはじめて執筆した『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。ヒット作となり、映画化されている。
ボクシング青春小説『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。『海賊とよばれた男』で2013年本屋大賞大賞受賞。コミック化、映画化された。

海賊とよばれた男 上のその他の作品

百田尚樹の作品

海賊とよばれた男 上に関連する談話室の質問

この作品に関連するサイト

海賊とよばれた男 上を本棚に登録しているひと

ツイートする