比較で読み解く 中国人とインド人

  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (10)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175760

作品紹介・あらすじ

尖閣諸島など領土問題、原発建設ラッシュ、変化する「日本観」…世界人口の約4割を占める二大国家の本音を、私たちはあまりにも知らなすぎた-。日本人は彼らとどう付き合うべきか?-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インドと中国への日本人の感覚のズレが、分かる本。個人的にはインド分野に関心があったが、インド人も日本人も悩みは同じで、日本で失われたものをインドに求めるのはやめるべき。インドに行くと、インドは深いみたいなことを言う感覚。
    一方でもはやひとつの世界になってきているという提言がなされた対談も面白かった。

  • 最近インド人と仕事をすることが多く、考え方を知るために違う切り口で探した一冊。

    ご存じの方も多いのかもしれないが、個人的に「目からウロコ」な内容だった。中国人とインド人が同じトピックに対してそれぞれどのように考えているのか?を中国とインドにそれぞれ詳しい方がコメントしており、日本人目線でとても興味深く、歴史の重要性を再認識できた。

    中国とインドを全体感で表記しているので、個人レベルではいろいりと違うのであろうと推測できるが、根本的な思想を知ったことで尊敬すべき点と譲歩してはいけない点を識別できたような気がした。

    この2国と関わりがある方にはお勧めしたい一冊。

  • 確かに日本から見た他国という考えに縛られていました、他国同士の関係というのも大切ですね。
    示唆に富みます。
    それぞれの国への理解を深めることもできました。世の中まだまだ知らないことがいっぱいです。

  • 日本が60年かかった発展の過程を中国は20年で実現させようとしている。そのスピードが明らかに速すぎるため、高齢化による衰退の道も
    予想以上のスピードでやってくる。

    いずれにしても、今後10~20年は、この2つの大国との関わりが重要なポイントになることは間違いない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。台湾で中国語を学んだ後、北京語言学院を経て、北京大学中文系に進む。1988年に北京大学を中退後、『週刊ポスト』、『週刊文春』の記者として取材にあたる。2002年、フリージャーナリストとして独立し、中国情勢、中国問題を中心にインサイドレポートを発表している。
1994年、『龍の伝人たち』(小学館)で21世紀国際ノンフィクション大賞(現・小学館ノンフィクション大賞)優秀賞受賞。
さまざまなメディアへの執筆活動のほか、テレビ番組のコメンテーターも務める。2014年に拓殖大学海外事情研究所教授に就任。

「2018年 『感情的になる前に知らないと恥ずかしい中国・韓国・北朝鮮Q&A』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富坂聰の作品

ツイートする