0点主義 新しい知的生産の技術57

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (18)
  • (33)
  • (34)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 331
感想 : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175838

作品紹介・あらすじ

競争なしで一人勝ちできる。人生が逆転する秘密の勉強法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夫に勧められて読んだ。読む前はなんだかよく分からないタイトルに怯んでいたけど、「はじめに」から面白くとても引き込まれた。
    これは大雑把に言えば、自分が納得できる人生を送るにはどうしたら良いかということが書いてある本。そのための勉強法が、具体例などとともに説得力を持って載っている。

    世間に惑わされず自分の興味をとことん掘り下げ、謙虚に生き、不利と思う状況でもプラスに変換する、人生を長い目で捉えるという様なこと。
    個人事業を行う上でもとても参考になることが多かったし、何より読みやすかった。著者のことをあまり知らないので、他の著作も是非読みたい。

  • すごい面白かった!
    一見矛盾しそうなことを、さらっと肚落ちする言葉で書いている。荒俣さん自身のことがオープンに書かれていて、とても親近感がわいた。

    失敗してもいい、好きなことにのめり込めば良い、苦手なことや嫌なこともとりあえず面白がってやってみたら良い。
    今までに自分が何となく思っていたこと、感じていたことをしっくりくる言葉で表現してくれている!

    「嫌われる勇気」にも通じる考え方が、あると感じた。

  • 勉強の理想の流れとは
    1.勉強することがとても楽しく、脳も喜び、幸せになる
    2.幸せを感じたおかげで勉強により得たもの全てが血肉となる
    3.学んだことが身についた実感、勉強の楽しさを感じて、さらに興味を追求してみたくなる

    ・宝探しをするつもりで色々な対象に触れてみる

    ・インプットに関しては、大きな網を広く張るような感じで大雑把にどんどん入れていく感覚が良い。インプットの段階で「整理しながら」と考えていると苦痛になる。アウトプットする機会が出てきたら整理すれば良い

    ・自分の持ち時間に制約をかける

    ・日本画に出てくる魚は水中にいる
    ・西洋絵画に出てくる魚は陸上にいる
    →刺身で食べる習慣があるかどうかの違い
    →西洋には海女がいない、透明な海や川もない

    ・自分を低い評価にとどめると、学べるものが多くなる

    ・短所を克服すると掛け算で伸びる

    ・自分の最強の勉強空間を探す

    ・良い本を第一印象で見抜くコツ
    ①タイトルに惹かれたり、はじめの2~3ページを読む
    ②小難しくなく、読みやすいと感じた本の方が深読みできる
    ④目次を読んで興味を引く項目が多ければ、買って損することはない。

  • 気負わずとも、これぞ我が座右ノ書、と云える。
    0点主義が文学部学生としてのレゾンデートルを補完する。

  • さすがアラマタ先生、単なるHow to本じゃない楽しさがにじみ出てます。さらっと読めるのに気になるフレーズが沢山でいつのまにか本は付箋だらけ。再読必至。

  • 好きでもない事を好きな事にする。そんな能力を身につければ、人生は楽しくなる。0点を恐れない。バカと思われても自分がしたいと思う事をやっていれば役に立つ事だってある。人生を前向きに生きていけば向こうから運がやってくる場合だってあるという事だ。

  • ラジオ版学問のススメ

  • 図書館

  •  「0点主義」とは、「点数という束縛から離れて、さまざまな知的関心を楽しく広げていくこと」だそうだ。
     いわく、「0点の成績をとりつづけることでたくわえられる『知の力』というものがあるのだ」と……。

     要は、“「テストでいい点を取る」などというつまらぬ目的で勉強をせず、自分が面白いと感ずることをどんどん勉強していけ。それを突きつめていけば、やがてひとかどの仕事ができる力が身につく”ということだろう(私なりに意訳)。

     なるほど、荒俣宏自身は、そうした知的探求をつづけて独自の地位を築いた人に違いない。
     本書はそのような、“好きな勉強を楽しみながらつづけ、大きな「知の力」をつける方法”を、さまざまな角度から説いたもの。

     以前、荒俣が会社員時代の昼休みの過ごし方を綴ったエッセイを読んで、強い印象を受けた。
     副業で翻訳の仕事をしていた彼は、1回の昼休みで1ページを訳すノルマを自らに課していたという。昼食もとらず、昼休みに一心に翻訳作業をする知的貪欲さに、感服したものだ。

     そういう人が書いた「知的生産の技術」なら、ためになりそうではないか。

     ただ、本書はかなり期待はずれ。
     「新しい知的生産の技術」と副題にはあるのに、書いてあることはどれも、技術以前の抽象的な「心構え」ばかり。そして、心構えとしても凡庸なアドバイスが多い。

     本書のメイン・メッセージともいうべき、「恐怖や強制のもとでする勉強は楽しくないし、身につかない。ごはんを食べることも忘れて熱中することが、勉強の王道なのだ」という主張は、そのとおりだと思う。
     言いかえれば、「フロー体験」に結びつく勉強こそが真の勉強だということだろう。

     だが、それはまあ、あたりまえの話だ。問題は、我々が日々要求される「勉強」が、夢中になれるものばかりではないということなのである。
     本書には“苦手な分野も心構え一つで楽しく勉強できる”というようなことも書いてあるが、あまり説得力がない。

     要するに、目先の利益に結びつかない分野でも一心不乱に勉強できること自体、荒俣に与えられた特異な才能なのだろう。したがって、本書は我々凡人にはあまり参考にならない。

  • 「批判的に本を読む」ことに利益はあるのか?など示唆に富む指摘多数。荒俣宏なので、その説得力は抜群。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年東京都生まれ。博物学者、小説家、翻訳家、妖怪研究家、タレント。慶應義塾大学法学部卒業。大学卒業後は日魯漁業に入社し、コンピュータ・プログラマーとして働きながら、団精二のペンネームで英米の怪奇幻想文学の翻訳・評論活動を始める。80年代に入り『月刊小説王』(角川書店)で連載した、もてるオカルトの叡智を結集した初の小説『帝都物語』が350万部を超え、映画化もされる大ベストセラーとなった。『アラマタヒロシの妖怪にされちゃったモノ事典』(弊社)、『世界大博物図鑑』(平凡社)、『荒俣宏コレクション』(集英社)など博物学、図像学関係の本も含めて著書、共著、訳書多数。

「2021年 『アラマタヒロシの日本全国妖怪マップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ヴィクトール・E...
落合博満
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×