河合敦の、一気にわかる! 平清盛と平家四代

著者 :
  • 講談社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 来年の大河ドラマに備えて、勉強したいと思い
    選んだ1冊。
    さすがは河合先生、図表や相関図などもふんだんに入れ、わかりやすくしてくれている。
    しかしこの河合先生の本を読んでも、一瞬「ん?」となるくらい、ややこしいのがこの平安・鎌倉の動乱である………(私の理解力が乏しいだけか…)
    大河までにもう1冊くらい読んで、理解を深めたいな…。

  • 河合先生の無難な一冊
    平家物語の経過でエピソードが流れ、多くの資料根拠が満載で読みやすい割にはスンバらしい本です
    人物・流れがあっての歴史です
    早く読んでいたら理解が進んだのに(40年前の受験生)

  • 家系図とかは、要点ごとにまとめてあって非常にわかりやすかった。

    実際に、今平家物語を読むのと並行して読んでいるので、登場人物が分かるが、登場人物が多いのにエピソードが少なくて、これだけを読むと歴史の授業と似た感じで、心には訴えてこないので、記憶に残りにくいかもしれない。

    かつ、面白くはないので、平家物語を読んでみようという興味は起こさないかもしれない。

  • 平家一門の栄枯盛衰がわかる一冊。
    時代背景や権力の構図がわかりにくいだけに、ポイントを絞ってまとめてあるので良かったです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

河合 敦(かわい あつし)
歴史研究家・歴史作家・多摩大学客員教授、早稲田大学非常勤講師。一九六五年、東京都生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業。
早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学。歴史書籍の執筆、監修のほか、講演やテレビ出演も精力的にこなす。
近著に、『逆転した日本史』『禁断の江戸史』『教科書に載せたい日本史、載らない日本史』(扶桑社新書)、『渋沢栄一と岩崎弥太郎』(幻冬舎新書)、『絵画と写真で掘り起こす「オトナの日本史講座」』 (祥伝社) 、『最強の教訓! 日本史』(PHP文庫)、『最新の日本史』(青春新書)など多数。 初の小説『窮鼠の一矢』(新泉社)を二〇一七年に上梓。

「2021年 『偉人しくじり図鑑 25の英傑たちに学ぶ 「死ぬほど痛い」かすり傷』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河合敦の作品

ツイートする
×