バイバイ・フォギーデイ

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (13)
  • (21)
  • (16)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :98
  • レビュー :27
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176125

作品紹介・あらすじ

憲法改正についての国民投票実施が決まった春、函館H高校女子生徒会長の杉本岬は、全国の高校生による模擬国民投票に向けて動き出す。メディアに取り上げられ有名人になった岬だが、掲示板サイトに彼女を批判する書き込みがされ苦境に陥る。岬の同級生の田中亮輔は地元パンクバンドのギタリストだが、憎からず思っている岬を助けたいと願いながらもなすすべがない。国民投票の結果は?そして、二人の恋と未来はどうなるのか?政治オタ女子高生とイマドキパンク青年が、もやもやした日々をぶっ壊す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーむ、これは新しいジャンル「政治ラブコメ」物語である。
    いままでに無かった類の小説だと思うっす。

    まあ、熊谷さんの作品だから、バンドとギター弾きが出てくるのはヨシとして、杉本岬という、そこだけ読むとぜったいに男の子の名前でしかない女子高生によって演出される物語はかぁなり面白い。そして、ちょと政治のお勉強にもなるんだなん。

    と、ふんとにめづらしく本の中身に触れて書いているわたしが居たりする。
    これわ結構ホントめづらしい。

    まあ、それだけ面白い本だった、ということにしておこう。今のところは。

  • 憲法第9条改正の是非を問う国民投票が行われることになり、対象である高校3年の岬と亮輔の奮闘を書いた青春小説。成績抜群で将来は総理大臣を公言する岬はとにかくパーフェクトすぎた…ソツなく大人に根回ししたり、自分の学校だけでなく、全国の高校を巻き込んだり、大掛かりな文化祭もほぼ1人で取りまとめたり、障害が発生してもサラッと解決。そんな岬に違和感しか感じられず、正直、あまり楽しむ事が出来なかった。ただ、憲法第9条について考えるキッカケとするにはとても良い作品だとは思いました。

  • 4年前に書かれた本だが、今の状況を予見したような内容だった。

  • イラストの可愛さ、タイトルからは想像もできない、憲法9条の改正問題に、国民投票の権利を持った高校3年生たちが真剣に考え、向き合い、世論を動かしていく。田舎のいち高校生の岬の自己プロデュース能力、演説能力は凄い。今の日本にもこれくらいカリスマ性のある政治家が必要なんだろうな。無理に恋愛を絡める必要はなかった気もするけど。この本の前に読んでいた豊島ミホの『純情エレジー』の装画と本作の装画が似てるなーと思ったら同じ方だった。さやかさんというようだ。多分辻村深月の『本日は大安なり』とも一緒。2012/477

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    憲法改正についての国民投票実施が決まった春、函館H高校女子生徒会長の杉本岬は、全国の高校生による模擬国民投票に向けて動き出す。
    メディアに取り上げられ有名人になった岬だが、掲示板サイトに彼女を批判する書き込みがされ苦境に陥る。
    岬の同級生の田中亮輔は地元パンクバンドのギタリストだが、憎からず思っている岬を助けたいと願いながらもなすすべがない。
    国民投票の結果は?そして、二人の恋と未来はどうなるのか?
    政治オタ女子高生とイマドキパンク青年が、もやもやした日々をぶっ壊す。

    【キーワード】
    単行本・政治・恋愛・青春・北海道・高校生

  • 2013/6/22
    すごく読みやすかった。

    憲法9条についてを学ぶと考えれば読みやすくて良い本だった。ただ、ストーリーやキャラは好きになれなかった。

  • 文化祭を題材にした小説が好きです。
    高校や大学の良いところや、楽しいところをギュッと詰め込むのに、最も適した題材だと思っています。

    本作は高校の文化祭のお話。
    ご多分に漏れず、楽しいお話なのですが、そこに憲法9条改正の話が絡むところが、普通の小説とは違うところです。

    お話としては冒頭から憲法9条の改正が国会で審議されるところから始まります。
    政治オタクで、主人公(男)の幼馴染の女の子が、それを高校の文化祭に盛り込んでいくってお話です。
    堅苦しい話を、文化祭というオブラートに包むことで、すんなり憲法のことを考えることが出来ます。

    本としては、改正すべきなのか、すべきではないのかについて、一応の答えを出してはいますが、それを押し付けるのではなくちゃんと考えようよっていう主張で好感が持てました。


    まぁ、何よりも幼馴染の女の子が可愛すぎます。
    スーパーマンなんですが、主人公にだけ甘えるという……
    ツンデレはアニメでも、マンガでも、文芸作品でも魅力的だということを改めて実感しました。

    ただ、面白く読めたのですが、主人公(男)がもう少し活躍しても良かったかなぁと思ったり何だり。
    主人公に自分を投影しちゃうからだとは思うんですけどね……

  • 憲法改正国民投票を前に高校生がプレイベントをするという、実に現代的(?)な内容。ネットとメデイアを逆利用するスーパー高校生杉本岬の活躍が清々しく、しかも参考になる。

    熊谷達也は本来はマタギ小説などの冒険小説を得意分野にしていて、政治小説なんて書く人じゃない。でも、ものすごく真面目に書いている。しかも、結果的にこれからの未来を予感させるような小説になった。連載は2011年2月号から2012年1月号まで。彼は仙台在住の作家である。偶然にも大震災の大変な時に被っている。原発のゲの字も出てこない。けれども、問題意識は変わったのかもしれない。

    内容(「BOOK」データベースより)
    憲法改正についての国民投票実施が決まった春、函館H高校女子生徒会長の杉本岬は、全国の高校生による模擬国民投票に向けて動き出す。メディアに取り上げられ有名人になった岬だが、掲示板サイトに彼女を批判する書き込みがされ苦境に陥る。岬の同級生の田中亮輔は地元パンクバンドのギタリストだが、憎からず思っている岬を助けたいと願いながらもなすすべがない。国民投票の結果は?そして、二人の恋と未来はどうなるのか?政治オタ女子高生とイマドキパンク青年が、もやもやした日々をぶっ壊す。

    という内容です。題名は「さよなら、霧の日々」という様な意味。彼らのイベントのテーマであり、ミュージカルのテーマ曲です。

    私は今の高校生、このぐらいやってもおかしくないと思う。ずっと前に私のブログにコメントくれていた中学生の女の子は驚くほどしっかりしていた。この本に関して云えば、高校が理解があり過ぎるとか、杉本岬がうまいこと有名になり過ぎるとかはあるけど、よく出来た政治ラブコメ小説になっていた。

    ご存知のように実際の国民投票法も対象者は18歳以上になっている(ただし、法改正が必要)。まだ社会のしがらみに汚されていない高校生たちは、現実でもそろそろ動き出してもいいんじゃないかな。高校生だけのデモを企画して「僕たちにも投票権を」と主張してもいいんだよ。

    大人もふにゃふにゃしてはいられない。

    最後のページに主要参考文献が載っているが、(一応護憲派の本ばかりだったが)参考にしたのはこの12冊のみだったはずがない。例えば内田樹の「9条どうでしょう」の内容は所々に出て来た気がする。
    2013年4月19日読了

  • 霧だらけの毎日に、さようなら

    恋愛小説としては、とても普通な物語(笑)
    ただ、憲法改正の話が絡んできておもしかった!
    高校生があんなに真剣に政治と向き合う世界はいいですねー

    最後のデレデレヒロインもかわいかったなー


    タイトルが気に入ったので☆3つ!

  • 女の子が絵に描いたような子で、そこだけちょっとなんだか…だったけど、おもしろかったかな。
    結論も無理がなかった。

全27件中 1 - 10件を表示

バイバイ・フォギーデイのその他の作品

バイバイ・フォギーデイ Kindle版 バイバイ・フォギーデイ 熊谷達也

熊谷達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする