君に友だちはいらない

著者 :
  • 講談社
3.94
  • (146)
  • (239)
  • (137)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 1978
レビュー : 229
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キャッチーなタイトルで哲学的内容なのかと思ったら、ビジネス書でした。
    著者は投資家だそうなので、成功に導く(投資をしたくなる)チーム作りのヒントとして読めます。

  • ありがとう。ただひたむきに頑張るだけでなく、たまには自分を俯瞰する。

  • 201605/
    大きな世の中のパラダイム・シフトというのは、「世代交代が引き起こす」ということである。古いパラダイムを信じている前の世代を説得して意見を変えさせるのは、不可能であるし、それに労力を注ぐのは時間の無駄だということだ。/
    これもクーンが言っていることだが、世の中を変えるのは、いつの時代も、世界のどこであっても、古いパラダイムや価値観に囚われていない新人(ニューカマー)である。新しいパラダイムが必要になっているというのは、これまでの価値観が役に立たない状況となっているからにほかならない。まったく前例が通用しない状況のなかで、新たな環境にいち早く適応し、生き残っていくのは、常に若い世代なのである。/

    カッツェンバックらは、さまざまなプロジェクトのケーススタディを通じて、「まあまあ」よい成果ではなく、「抜きん出た」成果をあげたチームには、共通の特徴があることを発見した。「よいチーム」はたいていの場合、
    1 少人数である
    2 メンバーが互いに補完的なスキルを有する
    3 共通の目的とその達成に責任を持つ
    4 問題解決のためのアプローチの方法を共有している
    5 メンバーの相互責任がある
    という5つの大きな共通点を持つことを見出した。/

    教養の持つ大切な機能の一つが、「自分と違う世界に生きている人と会話できるようになること」だ。/

    ヒーローズジャーニー
    1 Calling(天命)
    2 Commitment(旅の始まり)
    3 Threshold(境界線)
    4 Guardians(メンター)
    5 Demon(悪魔)
    6 Transformation(変容)
    7 Complete the task(課題完了)
    8 Return home(故郷へ帰る)
    「スターウォーズ」のシナリオがこの理論をそのまま使って書かれたのは有名な話である。/

    主人公が最初に掲げるチームのミッションやビジョンは、現状の自分たちからすると、いったいどうすればいいのか、どこに行けばいいのか検討がつかないぐらい「大き過ぎる」ものでちょうどよい。ふつうに考えれば実現不可能だが、もしかするとやれるかもしれない・・・ぎりぎりメンバー全員がそう思えるほど大きな目標が望ましいのだ。/
    むしろ人は「でかすぎるビジョン」を掲げる、「穴だらけの人物」に注目する。/
    最初に掲げるビジョンは大きければ大きいほど良い。と同時に、それは多くの人が共感できる普遍的なものでなければならない。そのビジョンを常にチームの全員が念頭に置いて行動しなければならないし、簡単に変えるのはもってのほかだ。/
    達成したい最終目標は決まっているとしても、途中の目標はがんがん変えて構わない。むしろそうしてさまざまな「寄り道」を経ることによって、外部や協力者からのフィードバックを得ることができる。その途上で「当初の目的」からより深化した「真の目的」が発見されて、最終的なビジョンに近づいていくことができるのである。/

    自分のラベリングにおいてのストーリー性
    1 間違っていることをしている過去
    2 イベントがおこる
    3 心境の変化
    4 行動
    5 結果

    ストーリーを人に話すときに大切なのは、その話に「ロマンとソロバン」があるかどうかだ。/

    私は自分が投資する企業で人を採用するとき、必ず次のような質問をする。「いままであなたがやってきた仕事で、もっとも会社を儲けさせたのは何でしょうか。チームでの仕事の場合、あなたがそこで果たした主導的な役割は何ですか」/

    グーグルはエンジニアを採用するにあたり、最先端のイメージからすると驚くほど古いメディアを使った。シリコンバレーを走る高速道路に「看板」を出したのである。ふつうでないのはその中身だ。グーグルはその看板に、企業名も説明もなく、「eの連続した桁で見つかる最初の10桁の素数.com」とだけ書いた。それを見たシリコンバレーのエンジニアたちは、「これは自分への挑戦だ」と捉えた。数学に興味のない世の中の大多数の人にとっては意味不明な文言だが、その「クイズ」は優秀なエンジニアたちの知的好奇心を大いに刺激した。頭をひねってこの難しい数式を解き明かしたエンジニアたちは、答えである「7427466391.com」をパソコンのブラウザに打ち込み、指定されたサイトにとんだ。するとそこには、さらに難しい数学の問題が書かれている。それをといて分かった数字をログイン画面のパスワードに打ち込むと、グーグルの採用ページが現れるという仕掛けだ。グーグルはこのたった一行の採用広告によって、「われわれが探しているのは世界最高のエンジニアであり、あなたこそがその人だ」というメッセージを送ったのである。/

    これからの時代に求められるのは、「ひとりのカリスマ」ではなく、「群雄」だ。絶対的権力を持つたったひとりのリーダーが、組織の全てを掌握し、トップダウンで指令を与えるのではなく、分散したいくつものチームがそれぞれの場で、最適な戦略をとって生き延びていくことだ。
    この分散型チームの強さについて、「ヒトデはクモよりなぜ強い 21世紀はリーダーなき組織が勝つ」という本では、「クモは8本の足があるが頭をつぶされれば死んでしまう。だがヒトデは2つに切られても、それぞれがまた一匹のヒトデとして再生し生き延びる」という比喩で説明する。/

    かつて黒船が襲来したとき、「このままでは日本は滅びる」と危機感を覚え、文字通り東奔西走して仲間を集めて言ったのは、20代の若者だった。彼らのなかには「郷士」「下士」と呼ばれる、サムライのなかでも虐げられていた下層階級の人々が少なくなかった。出身や身分は関係なく、日本を守るという一つの目的のために、彼らは集い、言論を戦わせ、ときには剣をとり、250年以上続いていた江戸幕府を倒すという偉業を成し遂げた。なかにはきっと、周囲の訳知り顔の大人たちから、「夢見たいなこと言ってないで身の程に従って生きろ」と説教されたものもいることだろう。だが現在を生きる私たちは、彼らが抱いた壮大なビジョンがきっかけとなり、どれだけ大きなことが成し遂げられたか知っている。/

  • -

  • 変わりゆく日本でどのように生きていくのかを、考える上では、示唆に富む内容。
    学生時代に読めばより腹落ちするか。

  • 馴れ合いではなく、同じ目的に向かって進める仲間をみつけろ!という話。
    内容については非常に共感もできしっくりきた。
    良書。

  • 友だちでなくて、共に戦う仲間を作れ
    目的を共有したゲゼルシャフト的団体(反対はゲマインシャフト)
    人の物語を生きるのなく、自分の脚本を生きろ

    具体的なエピソードが多くてとても読みやすかった
    七人の侍、日本交通、パナソニック

    押井守の友だちはいらない、と同じ主張

  • これからの世の中で生きていくにはこの本のような考え方を理解しておく方がいろいろと行き詰らなくてよいと思います。
    これから就職を迎える学生の方は、一度自分の生き方を考えるうえでも参考になるのではないでしょうか。

  • ・よいチームとは
    少人数である
    メンバーが互いに補完的なスキルを有する
    共通の目的とその達成に責任を持つ
    問題解決のためのアプローチ方法を共有している
    メンバーの相互責任がある

  • 後半、イマイチ

    理想は高く、多様性のあるチームを持て!

全229件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

瀧本哲史(たきもと てつふみ)
?(生年月日不明) ~ 2019年8月10日
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授、経営コンサルタント。東京大学法学部で民法を専攻し、卒業と同時に同大学大学院法学政治学研究科助手に。アカデミズムで大変評価されていたが、マッキンゼー&カンパニーに入社を経て、投資家として独立。若い起業家を支援するエンジェル投資家として活動しながら京都大学で教鞭をとり、多くの著名人に影響を与えてきた。著書に、『僕は君たちに武器を配りたい』(ビジネス書大賞2012受賞)、『君に友だちはいらない』『ミライの授業』(以上、講談社)『武器としての決断思考』(星海社)など。2019年8月10日、47歳で逝去したことが16日に報じられた。

君に友だちはいらないのその他の作品

君に友だちはいらない Kindle版 君に友だちはいらない 瀧本哲史

瀧本哲史の作品

ツイートする